芸能・アイドル

秀山祭九月大歌舞伎



九月の歌舞伎座は初代吉右衛門を顕彰し、その芸を継承し讃える秀山祭。吉右衛門の俳号、秀山からの命名。二代目吉右衛門を堪能できる舞台でもあります。今回は夜の部を観てきました。

夜の部最初の演目は寿ぎ目出度い、松寿操り三番叟。 まつのことぶきあやつりさんばそう。
まだ染五郎の頃に観たことがあります。その幸四郎が糸操りの人形になって目出度い三番叟を舞います。途中で糸が絡まり、切れて人形が動けなくなります。後見の吉之丞が絡まった糸をほぐし、切れた糸を繋ぐと人形が無事に動き始め、五穀豊穣を願って舞い収めます。幸四郎の身体能力が高いので人形になりきっていて、しかも踊りの妙味が加わっていつ観ても楽しい演目のひとつです。

次の演目は絶海の孤島に流された俊寛僧都の孤独と悲哀を描いた近松門左衛門の名作 俊寛 しゅんかん 。名前は知っているけれど初めて観るし、吉右衛門の当たり役と言われているので楽しみです。
もちろん吉右衛門が俊寛。一緒に流罪になった平判官康頼を中村錦之助。丹波少将成経を菊之助。
流人生活に憔悴していた俊寛を成経と康頼が表敬。島に住む海女の千草(雀右衛門)と成経が夫婦になりたいので仲人を頼まれます。成経と夫婦の盃を交わした千鳥は俊寛を父、康頼を兄と思い、ここに家族となることを願います。このシーンの雀右衛門が可愛いらしい。日頃の憂さを忘れて祝杯を交わし皆で祝っているところへ都からの御赦免船が。
上使の瀬尾太郎兼康が康頼と成経の二人が赦免されたと伝えます。赦免状に自分の名前がないことを知り悲嘆にくれる俊寛。[罪も同じ、所も同じ配所なるに] という俊寛の悲歌が有名。瀬尾は赤面に白髪の敵役で嘆く俊寛を意地悪く見下している。
なんとそこにもう一人の上使、丹左衛門将が平重盛の仁心によって俊寛を九州まで戻すという赦免状を持って現れる。いよいよ出発という時、成経が千鳥を連れて乗船しようとすると、瀬尾がそれを拒否する。
嘆く千鳥を見て父の心情、家族の成立を果たした俊寛は一家の家長として身を引き千鳥を乗船させようとする。ところが瀬尾は意地悪くそれを拒む。千鳥は[鬼界ヶ島に鬼はなく、鬼は都にありけるぞ] と言って自殺しようとする。俊寛は瀬尾を殺し、千鳥を船に乗せ一人島に残ると言う。上使を殺した罪により[鬼界ヶ島の流人となれば] と歌いはっきりと島に残る決意を表す見得が涙を誘う。この髭をしごく見得は関羽見得と言うそうです。船が出て行くと舞台が回り岩の位置が変わり、波布が舞台に広がって絶海の孤島になる場面転換が素晴らしい。ここで岩の上から船に向かい絶叫する俊寛の有名なシーン。なるほどこういう芝居だったのだと納得。自分の名前がないことを知り、ない、ない、なぁーいィと叫ぶセリフが印象的でした。俊寛が着ている着物はボロボロに見えるが、錦を剥ぎ合わせて作った衣装でこういうディテールにこだわるのが歌舞伎の美学だそうです。確かにいい材質のものはたとえボロになっていても存在感がありますね。

さて最後の演目 幽玄 は玉三郎と花柳壽輔が演出、振り付けをした、能楽を題材にした新作歌舞伎舞踊。鼓童のメンバーが歌舞伎座の舞台デビュー。
羽衣、石橋、道成寺は元々は能楽から歌舞伎舞踊でも踊られるようになった素晴らしい演目。今回はこの三作を鼓童の音楽と歌舞伎役者の身体で能楽風に演じるという興味深い演出。
薄暗い舞台に二十人の鼓童のメンバー。それぞれが小さな台の上で太鼓を叩いていて、場面に応じてフォーメーションが変えられるようになっています。力強い響きと場面転換が美しく皆身を乗り出して聴きいっています。
羽衣では十人の白竜(漁師)が綺麗なフォーメーションを整えて天女(玉三郎)と対峙。うっとり夢のよう。玉三郎の舞を期待していた方達には少し物足りない。あくまで鼓童を中心にした演出に玉三郎の鼓童への期待が感じられました。
石橋では親獅子と二頭の子獅子。牡丹の花と戯れお約束の毛振り。鼓童のメンバーが謡ったのでびっくり。
道成寺では白拍子花子(玉三郎) が道行を踊って最後の見得は鐘の上。蛇の胴体が続きます。今回の舞台は鼓童 オン ザ 歌舞伎座。玉三郎が脇役?楽しかったけれど歌舞伎座に来ていたことを忘れていた時間でした。
この演目が秀山祭に相応しいか疑問に思う方達が多いと思うけれど、改革する姿勢は評価されると思います。許可した松竹の懐の深さ。






八月納涼歌舞伎



猛暑が続き、不要不急の外出を控えて家の中で死んだふりして過ごしている毎日。ちょっと涼しくなったので歌舞伎座までお出かけ。八月の歌舞伎座は朝、昼、夜の三回公演です。大御所は避暑にお出かけ。中堅どころと若手の役者が頑張ります。今回観る夜の部は鶴屋南北原作盟三五大切 かみかけてさんごたいせつ。
有名な話なので題名は知っているけれど、なにやら複雑なお話らしい。久しぶりに歌舞伎を観たいというので姉を誘って、劇場前で待ち合わせ。


あの四谷怪談は初代鶴屋南北原作だそうです。ちなみにこの話は4世南北によって 東海道四谷怪談 の続編として書かれたもので忠臣蔵をベースに、五大力という歌舞伎の演目のパロディの形をしています。
塩治家の家来、不破数右衛門(幸四郎)は御用金百両を紛失したため義士のメンバーから外され、薩摩源五兵衛と名前を変えて長屋に蟄居しています。そんな身分ながら深川芸者の小萬(七之助)に入れあげているため、付き人六七八衛門(橋之助)を悩ませています。今日も今日とて古道具屋を呼び家財一切売り払って畳すらない有様。
小萬はというと実は笹野屋三五郎(獅童)いう夫がいます。この三五郎は親から勘当されていますが、親の旧主の危機を救う為に百両の金が必要になり、なんとか用立てて勘当を解いてもらいたい立場です。奇しくも百両をなんとかしたい二人。
源五兵衛の長屋にやって来たのは伯父の富森助右衛門。甥の為に百両を届けてくれた。これで義士の仲間入りできると喜ぶ源五兵衛と六七八衛門。そこへやって来た三五郎が小萬が見受けされると知らせて来る。二人で料亭へ行くと客と小萬の会話が聞こえてくる。小萬は腕の刺青 五大力を見せて源五兵衛以外の男にはなびかないとたんかをきる。ここで女を助けなければ男ではないと煽る三五郎。逡巡の末に百両を差し出す源五兵衛。
ところがなんとこの見受け話、三五郎と小萬が仲間達と一緒に企んだ偽芝居。まんまと百両をせしめ、挙句小萬は俺の女房だと大笑いする三五郎。
源五兵衛の報復を恐れ皆で仲間の家に避難した三五郎達。しかしその夜、皆が寝静まった頃現れた源五兵衛。察知した三五郎夫婦だけは難を逃れますが、源五兵衛はその場に居合わせた五人をメッタ殺しに。


難を逃れた夫婦は一年後、生まれたばかりの赤児を連れて四谷の長屋に転居。この家がなんと四谷怪談の舞台、お岩さんの住処。業突く張りの大家(中車)は店子が入ると偽幽霊で脅して追い出し店賃をかすめています。つい今し方も六七八衛門が偽幽霊に脅されて出ていったところ。そんないいタイミングでやって来た夫婦、なんと大家と小萬が兄妹だと判明。こういうところがザ-カブキ。そこへやって来た源五兵衛、今までの事は水に流そうと酒を携えている。またまたやって来たのは五人殺しの犯人を捕まえに来た捕物連。源五兵衛がお縄になる寸前、六七八衛門が罪を被りお縄に。酒を置いて立ち去る源五兵衛。
兄のくせにやはり夜になると店子を脅す大家。そこへ天井から落ちてきた絵図面。なんと義士達の仇討ちの相手、高師直の屋敷図。図面を譲ってもらおうと大家に酒を勧めるが、なんと酒瓶から毒蝮が。怒った大家と何としても図面の欲しい三五郎。すったもんだの挙句大家を殺してしまう三五郎。またまたそこへ三五郎の父で僧侶になった了心(松之助)が現れて百両と絵図面を預け、三五郎自身も父の元で匿われることになる。赤児と乳母と小萬が残された家に戻って来たのは源五兵衛。
小萬の腕の刺青が 五大力から三五大切に書き直されているのを見て逆上。か弱い女子供を虐殺、小萬の首を切り大切に自分のアジトに持ち帰ります。
アジトである古い寺。小萬の首を飾ってお供物を捧げる源五兵衛。ここに了心がやって来て源五兵衛に百両の金と絵図面を差し出します。
最後の大どんでん返しは、了心の旧主とは源五兵衛、すなわち不破数右衛門の父。三五郎夫婦は源五兵衛の為に百両を得る為に、等の源五兵から騙し取ったのです。数右衛門が源五兵衛と名乗っていたために旧主とわからずに起った悲劇。悲劇も度が過ぎると喜劇になってしまう。全てを知った三五郎は自刃。
生き残った源五兵衛、もとい不破数右衛門は百両と絵図面を手に迎えに来た義士達といざ討ち入りに。
なんとも怖くて滑稽な間違い話。哀れなのは忠義一筋の三五郎夫婦。
八月は納涼歌舞伎なのでこういう話で涼みましょうという魂胆なのね。

秀山歌舞伎



9月の歌舞伎座は恒例の秀山祭。初代中村吉右衛門の功績を讃えて生誕120年を記念して2006年に始まったそうです。今年は12年目の10回目。という訳で二代吉右衛門が大活躍。久しぶりの歌舞伎座が嬉しい。😃 私はこの劇場が好きなのだな。

第一部は 彦山権現誓助劔 ひこやまごんげんちかいのすけだち 毛谷村。昨年の春に仁左衛門、孝太朗のコンビで見た演目。主人公六助は剣の達人でちょっとお人好し。今回は染五郎と菊之助コンビ。
小倉藩では六助と試合で勝った者を召し抱えるというお触れを出しています。六助は母親孝行の為に士官したいという浪人微塵弾正から頼まれ試合で負けてあげると約束をします。
この芝居では冒頭から試合のシーン。約束どおり負けてあげた六助に弾正は肉肉しげに、文句を言うなよと彼の額を扇で打ち付けて召されて行く。六助の人の良さと弾正の嫌味な性格がはっきり現れるシーン。ここで弾正の本質に気がつかなくちゃ、頑張れ六助。
そこへ幼い少年が戻ってくる。この少年、先日瀕死の侍から預かって面倒を見ているところで、彼の着物が旗👘のように物干し竿にぶら下げられている。少年を寝かせたところへいわくありげな旅の老女が宿を借りに。しばらくすると虚無僧が現れ、干された着物を見て六助に襲いかかる。六助がかわしながら、虚無僧の振りをしているが女だと見破る。二人が闘っているところへ少年が目を覚まして女におば様と呼びかけます。ここからは荒唐無稽な歌舞伎のお約束。先ほどの老女は女の母で少年の祖母。しかも六助の師匠の未亡人。お園というその女は父からいずれ六助と夫婦になるよう言われていたという。行動的な二人の女があっという間に六助とお園の祝言を取り計らい、晴れて夫婦に。
そしてあの弾正こそが師匠の仇と判り、六助は三人に仇を打たせてやるべく弾正の元へ。
今回同じ演目を違う役者、演出で見て、なるほどこれが歌舞伎の楽しみの一つだと実感しました。六助という男の人の良さは仁左衛門が演じると本当に自然で、可愛らしい。染五郎も頑張って可愛いらしくしているけれど、なんとも言えないユーモアを感じたのは仁左衛門と孝太朗コンビ。お園は怪力の持主で、六助が自分の許嫁だと解るや恥じらって思わず手元にあった石臼を持ち上げて、また恥じらう。このシーンが印象的。
日舞のお師匠さんをしている友人は何十年にも渡って歌舞伎座はもちろん国立劇場、南座、演舞場など毎月の公演を隈なく観劇。素晴らしい記憶力の上、役者によっての型の違いや、演出、長唄、清元、衣装などにも詳しくて、その面白い歌舞伎裏話を聞くのが楽しみです。
以前は同じ演目を見て飽きないのかなと思っていたけれど、歌舞伎は見れば見るほど面白いのだとちょっと判り始めてきたところです。
どのジャンルも、素晴らしい芸は見れば見るほどまた見たくなりますね。

次の演目は 道行旅路の嫁入 みちゆきたびじのよめいり 仮名手本忠臣蔵から大星由良之助の嫡子力弥の許嫁小浪。お家断絶となり浪人となってしまった大星親子。小浪は力弥を慕い、義母となる戸無瀬と共に大星の蟄居する山科へと旅する道行道中。
坂田藤十郎の戸無瀬と孫にあたる壱太朗がこの親子を演じています。藤十郎さんはちょっと動くと座っての繰り返し。観客の方がドキドキします。壱太郎と奴役の中村隼人が若々しい踊りで奮闘。藤十郎さんのピークを見てきたファンは何思うのか?

最後の演目は吉右衛門の幡髄長兵衛 ばんずいちょうべい。 この作品も人気があるのか私ですら三回も見ています。昨年の中村芝翫の襲名披露で、その前に海老蔵で見ています。色気があって哀れを覚えたのは海老蔵でしたね。劇中劇、江戸村山座では芝居が佳境に入ったところで邪魔者が。旗本水野の家臣が酔っ払い乱入。見兼ねて止めに入ったのが長兵衛。客席から登場するヒーローに観客も劇中劇の出演者達も大喜び。鮮やかに不埒な輩を成敗する姿は吉右衛門に軍配。
その姿を苦々しく思い見ていた旗本水野。染五郎が演じています。不吉な予感がしてきます。
二幕目は長兵衛の家。村山座の一件以来小競り合いの絶えない両者。そこへツツジが見頃なので一献差し上げたいとの水野からの誘い。この誘いが企みだと知りながら支度をする長兵衛。無事を願う家人。
水野の屋敷でもてなされるうちに、わざと酒をこぼされて風呂に入る羽目に。
丸腰、浴衣姿で浴場で襲われ、大乱闘。このシーンが一番短かったのが今回のような気がします。その分、大見得切っていかにもお芝居としていて流石、吉右衛門は貫禄勝ちか?



今日の席は二階の前列中央でとても見やすい。

今日のお弁当。関西風の卵焼きが大きくて薄味で美味しい。満足な観劇。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓