« おさらい会 | トップページ | インドへ〜 »

十二月大歌舞伎



十二月大歌舞伎の話題は夜の部の阿古屋でしょう。玉三郎と若手の役者二人がトリプルキャスト。あの女形の大役を仰せつかった児太郎と梅枝、手本となる玉三郎。どの舞台も観てみたいが、手に入ったのは昼の部のチケット。観劇した後にゆっくりお茶を飲む時間があるからこれもまた楽しみ

昼の部最初の演目は幸助餅。松也演じる幸助は餅米問屋の若旦那。贔屓の力士雷 いかづち (中車) に入れあげて店を潰して侘しい長屋住まい。妹のお袖が花街に身を売った30両で店を再興させようとします。花街の女将はお袖をしばらく店には出さないから早く再興させて迎えに来い、そして決して相撲を見ないようにと諭して金を渡します。
ところが金を受け取って帰る途中に江戸で活躍して大関になった雷にバッタリ。幸助に礼を言うために江戸から大阪まで長い道のりをやって来たという雷に感激した幸助は大事な金を祝儀として渡してしまいます。
そこへ女房のおきみと叔父が迎えに来て、大金を祝儀にしてしまった話を聞きます。二人は幸助に雷から金を返してもらうように説得します。その様子を見ていた雷。三人が雷に金を返してくださいと頼むと快く返してくれるどころか、人気商売は頭を下げてもらった祝儀はどんなことがあっても返せない。と冷たく突っ放します。
幸助は雷の仕打ちに発奮。その後花街の女将から金を借りて一念発起して商売に精を出し評判の餅屋になります。お袖も無事買い戻し、店も立派になり大店からの注文ももらえた日。店に現れたのは雷。餅を食べてさすが評判の餅だという雷。金はいらないからと追い返す幸助。あの辛い仕打ちにあった日、雷に立ち向かい弾みで雷の羽織の紐を引き抜いた幸助はその紐を自分への戒めとして額に入れて飾っていました。雷が去った後に餅代が置いてあるのに気がついた幸助は羽織の紐と金を持って雷を追いかけます。
たどり着いた花街で幸助を待っていたのは女将。雷への悪態をつく幸助に女将から衝撃の真実が明かされます。
あの日幸助に辛辣な言葉を吐いた雷は女将に金を渡しそれを幸助に貸すよう頼んだそうです。幸助の性格を知った雷はあの時自分を芯から憎ませて幸助に発奮させたのです。そして幸助餅を色々な場で贔屓にしてくれるように宣伝していたのです。
誤解が解けた幸助は雷にどちらが早く横綱になれるか、大店を持てるか競争しようと抱き合います。
松也と中車の掛け合いが人情味溢れていて年末にぴったり。


次の演目は女形が魅せろ早替りを楽しむ お染の七役。壱太郎が難役に挑みます。心中物で有名なお染久松。主な登場人物は質屋油屋の娘お染。武家の息子だが紛失した家の財宝(午王吉光の刀と折紙)を探すために油屋の丁稚になった久松。久松は田舎にお光という許婚がいるがお染と恋仲。お光は一途に久松を愛している。お染の兄の遊び人多三郎は芸者小糸といい仲。お染と多三郎の義母、後家の貞昌は晋代が傾いて来た店を再興する為にもお染と山家屋清兵衛との縁談を進めています。
久松の姉、奥女中竹川は油屋にある刀を買い戻す為に昔の召使い土手のお六に百両の金の工面を頼みます。お六は亭主の悪党、鬼門の喜兵衛と企んで油屋へ強請りに行って失敗。
今出てきた登場人物の中のお染、久松、お光、貞昌、竹川、小糸、お六の七役を早変わりするという。いったい誰がこんな観客を喜ばす事を考えたのでしょうね。
冒頭、神社に詣でるお染が上手に消えると次は下手からあっという間にお光が登場。引っ込んだと思ったら花道から久松。その早変わりの早さに観客は大喜び。お染と久松。お染と貞昌などお約束の二役の時は必ず身代わりが後ろ向きで演じているが、ふとした瞬間にまた入れ替わっているので全く目が離せません。(^^)
歌舞伎は演目の場面がそれぞれ独立して演じられるので通しで観ていると、以前観た場面があり、しかも役者が違うのでまた趣きも違い、何度観ても面白い。これが歌舞伎にハマる一つの理由かしら?
壱太郎は玉三郎から随分と手ほどきを受けたそうで、ふとした仕草が綺麗。

お染と久松が心中した後の後日談。心中翌の噂 しんじゅうあしたのうわさ。浄瑠璃の舞踊劇。心中するが助けられた二人が猿回しの男女から、再び心中しないように諭される舞踊劇。実際にはこの後二人は死ぬことになるのがこの話。今日の演出は二人が死んだ後に、哀れ気の触れたお光が彷徨うシーン。この場の壱太郎がとても儚げで可愛い💕
歌舞伎座を出るとまだ明るい。友達と美味しい珈琲を飲みに和光裏へ行って芝居の余韻を楽しみます。

« おさらい会 | トップページ | インドへ〜 »

芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十二月大歌舞伎:

« おさらい会 | トップページ | インドへ〜 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓