« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 友を送る »

秀山祭九月大歌舞伎



九月の歌舞伎座は初代吉右衛門を顕彰し、その芸を継承し讃える秀山祭。吉右衛門の俳号、秀山からの命名。二代目吉右衛門を堪能できる舞台でもあります。今回は夜の部を観てきました。

夜の部最初の演目は寿ぎ目出度い、松寿操り三番叟。 まつのことぶきあやつりさんばそう。
まだ染五郎の頃に観たことがあります。その幸四郎が糸操りの人形になって目出度い三番叟を舞います。途中で糸が絡まり、切れて人形が動けなくなります。後見の吉之丞が絡まった糸をほぐし、切れた糸を繋ぐと人形が無事に動き始め、五穀豊穣を願って舞い収めます。幸四郎の身体能力が高いので人形になりきっていて、しかも踊りの妙味が加わっていつ観ても楽しい演目のひとつです。

次の演目は絶海の孤島に流された俊寛僧都の孤独と悲哀を描いた近松門左衛門の名作 俊寛 しゅんかん 。名前は知っているけれど初めて観るし、吉右衛門の当たり役と言われているので楽しみです。
もちろん吉右衛門が俊寛。一緒に流罪になった平判官康頼を中村錦之助。丹波少将成経を菊之助。
流人生活に憔悴していた俊寛を成経と康頼が表敬。島に住む海女の千草(雀右衛門)と成経が夫婦になりたいので仲人を頼まれます。成経と夫婦の盃を交わした千鳥は俊寛を父、康頼を兄と思い、ここに家族となることを願います。このシーンの雀右衛門が可愛いらしい。日頃の憂さを忘れて祝杯を交わし皆で祝っているところへ都からの御赦免船が。
上使の瀬尾太郎兼康が康頼と成経の二人が赦免されたと伝えます。赦免状に自分の名前がないことを知り悲嘆にくれる俊寛。[罪も同じ、所も同じ配所なるに] という俊寛の悲歌が有名。瀬尾は赤面に白髪の敵役で嘆く俊寛を意地悪く見下している。
なんとそこにもう一人の上使、丹左衛門将が平重盛の仁心によって俊寛を九州まで戻すという赦免状を持って現れる。いよいよ出発という時、成経が千鳥を連れて乗船しようとすると、瀬尾がそれを拒否する。
嘆く千鳥を見て父の心情、家族の成立を果たした俊寛は一家の家長として身を引き千鳥を乗船させようとする。ところが瀬尾は意地悪くそれを拒む。千鳥は[鬼界ヶ島に鬼はなく、鬼は都にありけるぞ] と言って自殺しようとする。俊寛は瀬尾を殺し、千鳥を船に乗せ一人島に残ると言う。上使を殺した罪により[鬼界ヶ島の流人となれば] と歌いはっきりと島に残る決意を表す見得が涙を誘う。この髭をしごく見得は関羽見得と言うそうです。船が出て行くと舞台が回り岩の位置が変わり、波布が舞台に広がって絶海の孤島になる場面転換が素晴らしい。ここで岩の上から船に向かい絶叫する俊寛の有名なシーン。なるほどこういう芝居だったのだと納得。自分の名前がないことを知り、ない、ない、なぁーいィと叫ぶセリフが印象的でした。俊寛が着ている着物はボロボロに見えるが、錦を剥ぎ合わせて作った衣装でこういうディテールにこだわるのが歌舞伎の美学だそうです。確かにいい材質のものはたとえボロになっていても存在感がありますね。

さて最後の演目 幽玄 は玉三郎と花柳壽輔が演出、振り付けをした、能楽を題材にした新作歌舞伎舞踊。鼓童のメンバーが歌舞伎座の舞台デビュー。
羽衣、石橋、道成寺は元々は能楽から歌舞伎舞踊でも踊られるようになった素晴らしい演目。今回はこの三作を鼓童の音楽と歌舞伎役者の身体で能楽風に演じるという興味深い演出。
薄暗い舞台に二十人の鼓童のメンバー。それぞれが小さな台の上で太鼓を叩いていて、場面に応じてフォーメーションが変えられるようになっています。力強い響きと場面転換が美しく皆身を乗り出して聴きいっています。
羽衣では十人の白竜(漁師)が綺麗なフォーメーションを整えて天女(玉三郎)と対峙。うっとり夢のよう。玉三郎の舞を期待していた方達には少し物足りない。あくまで鼓童を中心にした演出に玉三郎の鼓童への期待が感じられました。
石橋では親獅子と二頭の子獅子。牡丹の花と戯れお約束の毛振り。鼓童のメンバーが謡ったのでびっくり。
道成寺では白拍子花子(玉三郎) が道行を踊って最後の見得は鐘の上。蛇の胴体が続きます。今回の舞台は鼓童 オン ザ 歌舞伎座。玉三郎が脇役?楽しかったけれど歌舞伎座に来ていたことを忘れていた時間でした。
この演目が秀山祭に相応しいか疑問に思う方達が多いと思うけれど、改革する姿勢は評価されると思います。許可した松竹の懐の深さ。






« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 友を送る »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭九月大歌舞伎:

« 八月納涼歌舞伎 | トップページ | 友を送る »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓