« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

六月大歌舞伎



六月の歌舞伎座。梅雨の合間のお楽しみ。

昼の部は菊五郎、夜の部は吉右衛門が活躍。私が楽しんだのは夜の部。

最初の演目は夏祭浪花鑑 なつまつりなにわかがみ。吉右衛門が演じる団七九郎兵衛は喧嘩で相手に怪我を負わせて死罪になるところを浜田家家臣、玉島兵太夫の執り成しで死罪を免れ放免されます。序幕は放免された団七を迎えに来た女房お梶(菊之助) 息子市松(菊之助の息子和史) 釣船三婦(歌六)が住吉神社の⛩の前で今か今かと待っています。女房と息子は住吉神社へお礼参りに。三婦の前に籠が止まり若侍が降りる。籠代を巡って駕籠かき人足と若侍が揉めているのを三婦が治める。するとこの若侍は伝七の恩人、玉島兵太郎の息子磯之氶(種之助)だとわかる。そこで三婦が磯之氶を待ち合わせの料理屋へ先に行って待つように勧める。ようやく御赦免になった伝七が現れるが、髭ボウボウのなんともむさ苦しい成り立ち。そこで床屋で身仕舞を直して男前で現れる。次に現れたのは磯之氶の恋人、花魁の琴浦(米太郎)。しつこい客に付きまとわれていたのを伝七に助けられて、磯之氶の待つ料理屋へ。またまた現れたのが一寸徳兵衛。喧嘩を仕掛けてくるがそこへ止めに入ったのが女房お梶。なんと両人ともに主筋が同じだと判り義兄弟の契りを結びます。舞台の上には吉右衛門、菊之助、和史と三代並んでいい雰囲気。賑やかで楽しい序幕。
第二幕は釣船三婦の家。誤って人を殺めた磯之氶を故郷に帰す算段をしていた三婦と女房おつぎ(東蔵)。ちょうど挨拶に来た徳兵衞の女房お辰(雀右衛門)。おつぎがお辰に磯之氶の後見を頼み、受けてもらう。しかし、三婦がお辰は若くて色気があるので何かあるとまずいとおつぎの申し出を却下。それを聞いたお辰は部屋の隅に置いてあった今で言うアイロン用の焼きごてを自分の頬に当てて顔を醜くする。どうぞこの顔なら御心配無用と。驚いた2人に家の亭主が惚れているのはここ(顔)ではなく、ここ(心)でござんす。と粋なことば。流石、任侠の女房。前からずっと気になって観たかったこのシーン。雀右衛門のセリフ回しが上手くなっていい雰囲気。
気にいらないのは上方侍の磯之氶のなんとも言えない頼りなさ。恩人の息子とはいえこんな男のために皆が奔走しなければならないの?種之助は凛々しい役も上手だということで、この役がこんな男なのです。きっとこの坊ちゃんぽいところが浪花の男衆には堪らんのでしょう。
さて磯之氶はお辰が面倒を見ることになりましたが、恋人の琴浦は伝七の舅、義平次(嵐橘三郎)が金に目がくらんで騙して連れ去ります。それを知った伝七が義平次を追いかけて悲劇の場面に。賑やかな祭囃子が聞こえる長町裏。川辺まで義平次を追いかけて来た団七に、義平次は悪態をつき、穏やかに事を治めようとしている団七をけしかけます。弾みで刀が抜かれてあとは悲劇へと一直線。髪振り乱し、着物ははだけ、川に落ちて泥まみれ。勘三郎と笹野高史が演じた同じシーンの写真が雑誌に掲載されていたので拝借しました。この殺戮場面の裏では祭りのピーク。塀の向こうに神輿の頭が見え、お囃子と掛け声が聞こえてきます。が、一瞬なんの音も聞こえず、まるで白日夢かのように義平次を殺める団七。死体を川に落し、血塗られた刀と足を洗い身仕舞を直して花道へ這うようにやって来た伝七。[ どんな悪人だろうが、舅は舅。] 絞り出すように発した言葉の重み。
親殺しの大罪を犯してしまった団七、たとえ逃げおおせたところで、重い罪が消えることはなく、絶望の淵に立っている男の悲哀が迫ってくる吉右衛門の演技でした。

今は亡き勘三郎。義平次は笹野高史。迫力あるシーン。



次の演目は 巷談宵宮雨 こうだんよみやのあめ 。前の演目が舅殺し、なんとこちらは伯父殺し。宇野信夫原作です。
芝翫演じる龍達は妙蓮寺の住職に収まっていたが生来の女好きで寺の前にある花屋の娘との間に女児をもうけます。花屋の娘は産後の肥立ちが悪く亡くなり、産まれた娘、おとら(児太郎)は甥の遊び人虎鰒の太十(松緑)に引き取られる育てられていましたが、太十の借金のカタに年老いた医者の家に妾奉公に出されるてしまいました。
その龍達は女犯の罪で寺を追われて、日本橋で晒し者になりましたが、龍達が金を持っているに違いないと見込んだ太十が引き取ります。女房おいち(雀右衛門)との貧乏長屋に転がりこんだ龍達と太十の間の腹の探り合いがコミカル。
ついに龍達が、身内しか信用できない。頼りになるのはお前だけだと太十に百両の大金を寺の縁の下に埋めてあると打ち明けた。早速夜中に寺へ忍び込み、ほうほうの手で百両を見つけて来た太十。
百両の大金を胸に抱いて安心して寝ている龍達の側でいくらもらえるか皮算用をする夫婦。こんな大変な目にあって手に入れたのだから30両は固いと言う太十。おいちと2人ああしてこうしてと話が弾みますが、目を覚ました龍達が2人に与えたのはたったの一両。
これはないと激昂する太十。険悪な家の中。そんな時いつも何かと世話になっている隣の夫婦が喧嘩をして飛び出した女房を追いかけて亭主も家を留守に。居合わせた太十は仕方なく留守を守っていると、昔の賭博仲間がヨイヨイになって鼠取りの薬売りになって通りかかる。茶菓子のお返しにと置いていった鼠取り。橘太郎演じる薬売りもいい味。
思いがけず手に入れた劇薬がこの後の悲劇を生み出します。太十が龍達に悪口を吐いて悪かったと謝り釣ってきた鯰を食べてくれと差し出す。鯰鍋を美味しそうに平らげる龍達。食べ終えた途端に苦しみだし、蚊帳の中で寝ていたが死んでしまう。
実は薬を盛ったとおいちに打ち明け2人で死体の始末を算段。葛籠の中に死体を入れ台車に乗せて太十が川に捨てに行く。
早く帰ってきてと怖がるおいち。部屋の明かりが消えて悲鳴をあげるおいちの体がスッーと蚊帳の中に引き込まれる。帰って来た太十がおいちを探し蚊帳の中で死んでいるおいちを見つけた時、隣人の声が。妾奉公に出されていたおとらの遺体が吾妻橋から上がったという。そこは先程龍達の死体を投げ捨てた場所。慌てて橋に到着した太十。欄干から何かに引き込まれて行くように川へと落下していきます。
芸達者な役者達の丁々発止のやり取りを楽しんでいる間についに誰もいなくなった。怖いお話でした。

えりこと楽しい仲間達



蓮田の市民ホール、ハストピア。今日はここで開催される [今泉えりこと仲間たち] コンサートに友情出演します。


おー!入り口には大きな写真が飾らせています。なんでもチラシの写真を撮ってくれた写真屋さんの店頭にこのサイズのチラシが飾られていたそうで、えりこさんがホール用にもとお願いしたそうです。写真屋さんも応援してますね。


広い音楽ホール!


踊りにはなかなか難しそうです。


今日の楽屋。


本日のプログラム。日本歌曲からドイツリート、ヴァイオリンとピアノのデュオ。舞踊とのコラボと盛りだくさんです。お客様に楽しんでもらいたいと思うえりこさんの気持ちがよく現れています。


準備完了。


第一部の中盤。歌、ヴァイオリン、ピアノ、日舞、インド舞踊のコラボレーション。春の海 2018。

スペシャル ゲストのヴァイオリ二スト、平澤仁氏。日舞の田中ケイ子女史と春の海を演じた後で。


後半のえりこさんのオペラ、ラクメの中の鐘の歌。私は西インドの不可触民の娘。旅人の姿をしたヴィシュヌ神を猛獣から救い、神の元へ誘われる役。えりこさんの美しいソプラノに誘われました❗️


出演者全員でのご挨拶。素敵な時間を共有できて幸せでした!

恒例 地区総会イベント



恒例の栃木市地区総会、今年はちょっと遅い。いつもは桜満開の駅前もすっかり初夏の陽気。


今日の会場は和室です。


メンバーは関内さんと順子さん。もちろん音響の大芦さんが朝からセッティングに余念がありませんでした、

今日のプログラムはプシュパンジャリ、ナッタナ セイユン、シャニムガ カウットワム、サラスィジャナーヴァ ソーダリ、ティラナ、インボケーション シュローカ。





役員の方達と記念撮影。またお元気な顔でお会いしましょう!

いつも暖かいおもてなしありがとうございます。カップにも可愛いイラストがあってホッコリします。

美味しいお弁当、ご馳走様でした。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓