« 2017 おさらい会 | トップページ | 12月大歌舞伎 »

象の容 かたちのいれもの



私が密かに布の魔術師と敬愛する知人の作品展に行って来ました。センスが良くて、発想がユニークだけれど、普通に使えます。何の変哲もないセーターやワンピースが彼女の作品を付けると素敵に変身します。しかも、彼女はすべてマジックハンドでの手縫いです❣️

フィルムセンターの裏手にある素敵な画廊、アートスペース繭。大きな窓から中の作品や雰囲気が伝わって、つい入ってみたくなる画廊です。訪れた時もたくさんの人で賑わっていました。

今回私が確保したスカーフは柔らかなイタリア製の布を接いで(もちろん手縫い) 作った作品。ターバンにしてもずり落ちません。ベルトにしてもドゥパタのように使えます。今年の冬はこれが活躍しそう。

これは同じ布の色違い。作家からのクリスマスプレゼント❣️

« 2017 おさらい会 | トップページ | 12月大歌舞伎 »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 象の容 かたちのいれもの:

« 2017 おさらい会 | トップページ | 12月大歌舞伎 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓