« 夜明けの祈り | トップページ | 劇団新感線 »

オンザミルキーロード



以前見たアンダーグラウンド。あのエネルギッシユで不思議な世界を描いたエミール-クストリッツァ監督の最新作と聞き、これは何を置いても見なくては。
先日銀座に友人の個展を見た帰りに日比谷シャンテに行ってきました。
今回は監督自ら主役の牛乳配達人コスタを演じ、イタリアの宝と称されているモニカ-ベルッチがヒロイン。とある国のとある村。戦争に巻き込まれ多国籍軍との銃撃戦が繰り広げられれている中、ロバにまたがり毎日軍営にミルクを運んでいるコスタ。音楽家だったが戦争で過去も自分自身も封印。大きな農場の娘に愛されているが、執着心なし。この娘の兄は戦争で活躍した村一番の英雄。兄のために娘は難民キャンプから美女を買い取る。イタリアから父を探しに来て戦争に巻き込まれたこの美女。彼女に横恋慕した多国籍軍の将軍が妻を殺害。裁判で将軍に不利な証言をしたためこの難民キャンプに匿われていたのです。曰く付きのこの美女の登場で村が大変なことに。
コスタを愛している娘は兄と同じ日に結婚式を挙げるのが幼い時からの夢。コスタに迫ります。ところが無気力な毎日を過ごしていたコスタは美女に一目惚れ。美女もコスタの中に自分と同じ魂を見いだします。
そこに戦地から英雄の兄が戻り二組の結婚式が挙げられることに。
その結婚式の最中、例の将軍の部下達が停戦中の村を襲い村人達を皆殺しに。偶然コスタと美女だけがこっそり逢引していて助かります。
ここから2人の命懸けの逃避行が始まります。
愛すべき動物達や、寓話的なエピソード。ユーモアが散りばめられた美しい映像。観客は次々と繰り広がる絵画のようなシーンの中に一緒に飛び込んで体感したような気になります。中年のカップルだということを忘れてしまう童話のようなラブストーリー。

« 夜明けの祈り | トップページ | 劇団新感線 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/71849957

この記事へのトラックバック一覧です: オンザミルキーロード:

« 夜明けの祈り | トップページ | 劇団新感線 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓