« 秀山歌舞伎 | トップページ | オンザミルキーロード »

夜明けの祈り



戦時中にはナチス、戦後は旧ソ連の統治下にあったポーランド。悲惨な話を沢山聞いていますが、この映画も信じられない話です。石の建物と曇り空。民間の人が被る戦禍。信仰、性暴力、静かな画面、突破口となる人間の勇気。以前見た『イーダ』というポーランド映画を思い出しました。暗い話ですが、主人公が前を向いて歩いていく姿に希望が見えます。
戦争の終結した1945年12月、ポーランドの赤十字で働いているフランス人の女医の元を若い修道女が病人を診てと頼みに来ます。規定外なのでいったんは断わりますが、窓の外で祈る姿に心を打たれ一緒に修道院へ向かいます。そこで彼女が目にした悲惨な現実。
なんと若い修道女が臨月、しかも逆子。何も設備のない修道院で帝王切開を行い無事出産させます。ほっとしたのもつかの間。まだ数名の修道女が臨月を迎えようとしています。修道院長は何も語ろうとしません。副院長が重い口を開いて、修道院に駐留したソ連兵の蛮行を語りました。修道女達は神に仕える自分が汚されたことを自分の罪として恥、また修道院長はこんなスキャンダルが世間に知られたら修道院が閉鎖されることを恐れて訴えません。院の中で処理しようとしています。
女医は修道女達の健康の為に極秘で修道院に通うことを了解させます。
通ううちにだんだんと修道女達と心が触れ合い、特に副院長とは深い繋がりが芽生えてきます。修道女達が1日のお務めを終えてオルガンの回りで歌ったり、刺繍をして過ごすシーンが美しい。
そんな中二人の妊婦が同時期に出産を迎えることになり、女医は自分に好意を寄せている上司に相談して修道院に同行してもらい無事出産を促すことができました。生まれた子供は院長が里子に出したと説明していたが、ある日最初に出産した修道女が院長が子供を籠に入れて森に入って行くのを見かけて追いかけます。途中で見失い、院長が1人で戻る姿を目にして全てを悟り、重い罪である自死を選びます。
女医が属す赤十字が解散されることになり、パリに戻らなければなリません。どうしたら生まれた子供達を無事に育てられるのだろう?
今ではソ連兵にうつされた梅毒の為に死の床についている院長にここに孤児院を併設することを提案します。
院長は自分は隠すことだけを考えていたと涙します。
町にたくさんいる孤児達と生まれ子供達を皆で一緒に育てることになり、ようやく修道院に春が巡って来ました。
重いテーマだけれど、それぞれのキャラクターが丁寧にえがかれ、雪の下でジッと耐えている草花の息吹が感じられるいい映画でした。






« 秀山歌舞伎 | トップページ | オンザミルキーロード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/71762896

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けの祈り:

« 秀山歌舞伎 | トップページ | オンザミルキーロード »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓