« 二カ月前 | トップページ | ハロルドとリリアン »

ザ-ダンサー



1900年初頭、パリのフォリー-ベルジェールの観客を熱狂させたロイ-フラー。モダン-ダンスの祖と言われたロイは白いシルクのドレスをまとい照明の効果を活かしてまるで暗闇の中から光の花が浮かび上がるような舞台を創造したそうです。
女性によるダンスが卑しいものとされていた時代に自分の信念、情熱、美意識に忠実にひたむきに踊った女性。この映画はそのロイの舞台芸術に捧げる熱い思いを描いています。
イサドラ-ダンカンの名前は知っていたけれど、ロイ-フラーの名前は知らなかった。実はイサドラを見出したのはロイだったそうです。
ロイは踊っただけではなく、カラーフィルターを使った照明や舞台衣装などの開発もして、現代の舞台芸術や振り付け師達にも大きな影響を与えているそうです。
この映画では歌手のソーコがロイを熱演。自分の羽を抜いて反物を織るおつうのようなひたむきさとエキセントリックな姿が胸に迫ります。
実在したロイは芸術や化学や上流階級の人々との親交があり、色々な分野に貢献できた充実した人生を送ったようです。
残されたロイの写真や絵をもとにこの映画のために振り付けられたダンスシーンは圧巻です。

« 二カ月前 | トップページ | ハロルドとリリアン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/70929266

この記事へのトラックバック一覧です: ザ-ダンサー:

« 二カ月前 | トップページ | ハロルドとリリアン »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓