« 板倉鼎-須美子展 | トップページ | 二カ月前 »

長沢節



二カ月ぶりに会津の芳賀さんと散歩を楽しみました。芳賀さんが日曜美術館で見た長沢節展を見ようと提案。長沢節といえば、子供の頃からファッション雑誌に必ず彼のお洒落なイラストが掲載されているのを楽しみに見ていました。細いモデルが大好きで、踝がクッキリ見えるところに彼の美学がありました。
以外なことに反骨精神旺盛な会津出身だそうです。会場は根津の弥生美術学校。一度訪ねたかった美術館なので一も二もなく賛成。根津から言問通りを東大に向かって歩き、三叉路を左に。

明治、大正にかけて、本郷界隈に菊富士ホテルという絵描きや文士が長逗留していた有名な下宿屋のようなホテルがあったそうです。この弥生美術館の塔はその菊富士ホテルを模しているそうです。小説を読むと昔の人達はよく歩いてますね。この界隈も文士達の散歩道だったのでしょうね。そういえば、昔友人が本郷荘という木造三階建ての下宿屋に部屋を借りていたことがありました。趣のあるあの建物はまだあるのでしょうか?このあたりを歩いているとタイムスリップしそうです。

ここが美術館の入り口。横にカフェがあります。

節さんの看板。

戦後の日本をお洒落に彩ってくれた沢山のイラスト。創立した学校、節モードセミナーの内部の写真。愛用していたバッグや靴なども展示してあり、一貫した彼の美意識を感じられます。芳賀さんの同級生が節さんの生家を守っているそうです。日本人離れした粋な感性はパリジャンのよう。戦後の日本人が憧れたパリの空気が漂います。時代に求められた一人ですね。

弥生式土器も発見され、水戸藩の御屋敷もあったそうです。

動きのある綺麗なイラスト。

本人と同じ172センチ。50キロ。が理想のモデルだったそうです。

墨で一気に描きます。

« 板倉鼎-須美子展 | トップページ | 二カ月前 »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/70794386

この記事へのトラックバック一覧です: 長沢節 :

« 板倉鼎-須美子展 | トップページ | 二カ月前 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓