« ラスコーの壁画 | トップページ | 東京シヴァラートリィ »

ショコラ 君がいて僕がいた



封切られてすぐに観た友人から、とてもよかったからぜひ観るようにと、おすすめの手紙を頂いた映画。友人はこの時世に何か伝えたい時にすぐハガキや手紙をくれます。そうすると受けた私もすぐに観たくなる。うっかりしていると見逃してしまうので、ちゃんとチェックして観てきました。

19世紀から20世紀初頭のパリで活躍した実在の白人と黒人の道化師コンビ。まだ人種差別が激しく、植民地博覧会なるものが堂々と開催されていた時代。そんな時代に人気者になった二人の栄光と苦悩と挫折。
かって一世を風靡したにもかかわらず現在落ち目のフティットはあるサーカスで野蛮人役の黒人に出会いコンビを組もうと誘い二人でパリに出て行く。
白塗りしたフティットはツッコミで黒人ショコラをからかったり殴ったり。ボケ役のショコラは殴られながらもうまくタイミングを外したりして、その間の良さでたちまちコンビは人気者になる。二人の身体能力、特にフティットのそれは素晴らしい。このフティットを演じているのが実はあのチャップリンの孫だそうです。両親が経営しているサーカスで育ち四歳でデヴュー。パフォーマーとしてヨーロッパで活躍しているジェームス・ティエレ。さすがの動きはおじいちゃまのDNA。
性格の違うふたり。禁欲的で芸にこだわるフティット。人気者になってサーカス時代の恋人を忘れ酒やギャンブル、女に浸るショコラ。そこにはなぜ自分が殴られ役なのか、自分が殴られのを楽しむ人種差別的なものを常に感じている苦悩があるからだろう。そして証明書がないことを密告されて刑務所に召喚され拷問を受ける。そこで出会ったインテリハイチ人。彼に芸術は風穴を開けることだ。黒人のお前だからこそオセロを演じろと鼓舞される。ショコラをよく理解してくれる美しい看護師は医者の夫に先立たれ息子と暮らしている。彼女の勤めている小児病院に慰問に出かけ、そこで知り合った劇場主。彼らの応援でオセロに挑戦するショコラ。アクロバティックな動きや軽妙なコントは得意だが、シェークスピアの台詞回しに苦労してくじけそうになる彼を励ます二人。ついに初日を迎えたオセロ。素晴らしい舞台だったにもかかわらず、黒人が芝居をやるなとブーイングの嵐。傷ついた彼に追い打ちをかけるようにギャンブルの借金の追い立て屋に襲われ身も心もボロボロ。結局その後コンビは解消。数年後に亡くなってしまいます。
実際のコンビも10年で解散、ショコラは1917年に亡くなったそうです。この映画の最後に映画を発明したリュミエール兄弟が撮影した実際のコンビの映像が流れます。コミカルでオーラに溢れた絶頂期の二人のなんとも軽妙な動き。ヨーロッパでのコメディアンは日本の狂言師のようなポジションではないかしら? 深い厚みを感じます。


« ラスコーの壁画 | トップページ | 東京シヴァラートリィ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昔、宮廷があった頃、フール(日本では道化師とか、クラウンとか)はお馬鹿を演じているだけではなく、王様にも直言をしたそうですね。それができる役割がフール(=fool)。でも、ホントのお馬鹿じゃ、できない。ある意味命がけ。なんかそんなことをふっと思い出しました。大衆にとってのフールの役割。あまりにも時代を早く生まれた。本当は、確かにオセロって、黒人でしたよね。あぁ、それなのに大衆は、黒人が演ずるのを嫌がるって、お馬鹿さんは一体どちら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/69445990

この記事へのトラックバック一覧です: ショコラ 君がいて僕がいた:

« ラスコーの壁画 | トップページ | 東京シヴァラートリィ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓