« 二人の桃太郎 | トップページ | ショコラ 君がいて僕がいた »

ラスコーの壁画



小学生の時、外国に行くとしたらどこに行きたいと聞かれてハワイと答えた私。クラスメイトのまりちゃんがいつかラスコーに行きたいと言うのを聞いてなんてロマンチックな人なんだろうと子供心に感心したのをおぼえています。そのラスコー展が科学博物館で開催。これは行かなくてはと思いながら、ズルズルと。終了まじかになって慌てて行ってきました。科学博物館を訪ねること自体がひょっとして小学校以来かも。
洞窟壁画の最高傑作と言われているこの壁画は今から二万年前にクロマニヨン人に依って描かれました。
ラスコーの洞穴は発見されてからたくさんの人が訪れたために人間の排出する二酸化炭素でバクテリアやかびが生じたために完全封鎖されて、近くに全く同寸の洞窟を作り、観光客を呼び寄せているそうです。今回のこの展覧会も壁画はもちろんレプリカです。今までここが最古と思われていたけれど近くに3万年前の洞窟壁画が発見されました。その記録映画をみたことがあります。絵自体はもちろんラスコーの方が写実性に富んでいますが、人間のコツコツと描き続け伝えようとする能力にどちらも圧倒されます。


お出迎えしてくれたのは壁画を描いたクロマニヨン人。皆さん 美形。

クロマニヨンは今と同じ形の縫針を使っておしゃれな服やビーズの帽子を楽しんでいたようです。



芸大が協力して制作した洞窟模型。同寸で描かれた壁画は暗闇の中でミステリアス。


平日の午前中にもかかわらずとても混んでいます。皆、洞窟好き?





上の壁画の説明。人間のような姿も。何?とり人間。

オイルランプを灯して鉱物などで作った顔料で描かれた沢山の動物たち。天井あたりにも描かれており、皆で協力して気の遠くなるような作業を行ったのでしょう。連綿と続くこの描くと言う行為は喜びであり、祈りだったのだなと思えます。



動物たちの姿はどれも躍動的。

これは槍の取手。こんなところもおしゃれ。

クロマニヨン人の観察 力、 描写力に脱帽。面白い展覧会だけれど、もう少し壁画が見たい。どうしても科学という枠でとらえるので学術的な展示が多くなるのでしょう。美術的な壁画中心の展覧会を期待していたので少し肩透かしな気分。 まりちゃんはこの展覧会見にきたかしら?

« 二人の桃太郎 | トップページ | ショコラ 君がいて僕がいた »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/69509392

この記事へのトラックバック一覧です: ラスコーの壁画:

« 二人の桃太郎 | トップページ | ショコラ 君がいて僕がいた »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓