« 玉三郎 舞踊三昧 | トップページ | コンサートあれこれ その二 »

コンサートあれこれ



数年前まで12月から1月にかけてのチェンナイは毎晩素晴らしいコンサートが開催されて、一種異様な熱気に包まれて興奮状態の日々を過ごしていたものです。私自身が滞在できる期間が短くなったこともあるけれど、最近はコンサートの開催が少なくなってきたような気がします。ピークの頃は見たいダンサー達のコンサートが同じ日に重なって悩ましい思いをしたことが幾度も。
この数年は悩むこともなく、コンサートのない夜も。
でも今夜はウルミラさんのコンサートがナーラーダ・ガーナ・サバで行われて相変わらずのキュートなダンスを楽しみました。


翌日はバラティヤ・ヴィジャ.ババンでインドを代表する各ダンスのコラボレーションをみにいきました。マハバーラタをテーマにカタック、オリッシー 、チョウ、バラタナティアム、クチプディ、モヒニヤッタムのダンサー達が熱演。

もう少しテーマを絞った方がと思わせるほど、同じようなシーンの連続。ダンサー達はよく訓練されて体のキレのいい人も多い。

カーテンコールはごちゃ混ぜ感タップリ。

翌日はクリシュナ・ガーナ・サバでまたまたサラスヴァティ女史のグループダンス。アルダナーリシュワラ(半身女神、半身シヴァ神) のダンスドラマ。

この方がサラスヴァティ女史。

アルダナーリシュワラそのものが出現してビックリ‼️ シュリカンタが演じました。

衣装と鬘と化粧。そして男性と女性を踊り分けられる技術。この人しかいません。

翌日はオーソドックスなバラタナティアムのコンサートが見たいのでナーラーダ・ガーナ ・サバでシュリニダ・チダンバラムさんのコンサート。若い頃のシュリニダさんは清楚でエレガントでおじ様達に大人気。私にはあっさりしすぎていて物足りない印象が。しばらく見ることがなく数年後にある会場で見た時にあまりの様変わりにショックを覚えました。清楚な面影は何処へ。こんなに太っちゃってどうしたの。
その後10年以上見ることも、興味もなくほとんど忘れていました。それが数年前にある会場で前のコンサートから引き続き見てみようと軽い気持ちで見たコンサートで金縛にあったような不思議な体験をしたのです。その時のムリダンガムが素晴らしく、嵐をテーマにした音楽が会場にうねり、雷鳴が轟いていたのです。その時撮った写真を見るとオーヴが降り注いでいました。


残念ながら、今日はあの時の衝撃はありませんでした。30年以上も毎年この広いナーラーダ・ガーナ・サバで踊り続けていることに敬意を表します。
なんと最前列であの頃からの追っかけおじ様が熱心に写真を撮っていました。

« 玉三郎 舞踊三昧 | トップページ | コンサートあれこれ その二 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/69209591

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートあれこれ:

« 玉三郎 舞踊三昧 | トップページ | コンサートあれこれ その二 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓