« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

宇都宮教室20周年記念コンサート その2



ゲネも終わり、ダンサーがメイクアップに余念がない頃。開場時間も迫り受付嬢達も緊張の面持ちでスタンバイ。

にこやかにお迎え。いらっしゃいませ。


開演前を待つ楽しい時間。


一曲目はプシュパンジャリ。



ガネーシャ神を讃えるアーナンダ・ナッタナ・ガナパティ。



花が開くという意味を持つアラリプー。



皆が違う方向を向いて踊ります。

全員で踊るヴィシュヌ・カウットワム。







井上さんのソロでシヴァ神を讃えるシュローカ(詩)

シュローカからインスパイアされたヴァルナム。カリヤニ。

宇都宮教室20周年記念コンサート その1



いよいよ宇都宮教室の20周年記念コンサートの当日になりました。48倍の難関を突破して予約できた会場。私達が思いっきりはじけて楽しい時間を過ごさなければ、抽選に外れたたくさんのグループに申し訳ありません。


まずは舞台の背景に飾るサリーを吊るします。佐藤さんが私のサリーを持ち帰って、細工をしてきてくれました。吊るすのに使ったバーは園芸用の物。


挨拶をして、これから2時間で場当たりを行わなければなりません。ノンビリしていられない。


その頃ロビーでは受付設定に余念がありません。


ゲネはプシュパンジャリから。


陽気なアーナンダ・ナッタナ・ガナパティ。


花が開くという意味のアラリプー。


カウットワム。


井上さんがソロでシュローカに挑戦。


私の踊るヴァルナムはカリヤニ。シヴァ神を讃える曲。シュローカからの繋がりがあります


楽しいグループダンス。


関内さんは女神のパダム。


渡辺さんはクリシュナとラーダの可愛いいラブソング。


パラスティラナ。


ダシャアヴァターラ、クールモ、亀の化身。


ナラシンハ登場。大好きなシーン。

カルキ登場。ここも大好きなシーン。


マンガラム。


誕生日でした。



今日はコンサートのための最後の合同練習日。宇都宮から初めて乗る烏山線。ちょっと嬉しくなるレトロな車両。


扇風機がカラコロと回っています。

今日は本番のステージと同じ広さの会場なので、思いっきりフォーメーションの練習ができます。

何しろ全員が揃って練習する機会がなかったので、当日のゲネをスムーズにするためにも各自の意識が大切。

まだまだ先のことと思っていたら、8月の声を聞いたらあっという間です。

30周年記念コンサートもいけるぞ、と思っている私達。

実は今日8月21日は私の誕生日でした。暑い時に親は大変だったでしょう。井上さんお手製のガトーショコラ。そして奥様お手製の抹茶ケーキで祝ってもらいます。祝ってもらうには気恥ずかしいお年頃だけれど、ありがとう。

ケーキを切り分けてくれるのを子供のように待っている私達。

八月納涼歌舞伎



日本中がヒートアップしている毎日。夏バテ気味の友人を誘って八月納涼歌舞伎を見てきました。その昔、大物俳優達が避暑に出かけたあと、留守を守る若手俳優達が始めた納涼歌舞伎。朝、昼、夜の三部公演を行って一時の涼を求める観客を楽しませたのが言われだそうです。
涼しい劇場で浮世離れしたお芝居を見れば、身も心も癒されます。

私達が見たのは朝の部。最初の演目は『こもち山姥』関白兼冬の館では息女、沢瀉姫が許嫁の源頼光が行方知れずになったために心が晴れません。侍女たちが慰めるために煙草屋源七(中村橋之助)を連れてきて歌わせる。その時偶然外を通りかかったのが大阪の傾城、荻野八重桐(中村扇雀)。今は粗末な黒と紫の文反古の着物を着て恋文の代筆をして歩いている女です。館の中から聞こえてきた歌は、自分と昔の恋人坂田蔵人行綱が作ったもの。誰が歌っているのか確かめたいと思い、侍女の手引きで館に入ります。果たして源七は蔵人でした。
ここから扇雀の一人舞台。自分を捨てた男への恨みつらみ。その男をめぐって遊女仲間と争ったいきさつ、男との愛憎などを姫に語って聞かせます。この恋模様を語って聞かせるのを『しゃべり』というそうです。
浄瑠璃に合わせたこのしゃべりが面白い。捨てられた男への面あて、恋敵の女の様子がこれでもかというくらい踊られ、たまらず蔵人はその場を逃げる。扇雀がこんなに踊る芝居を見たことがなかったので感動。
姫が部屋を去った後、戻ってきた蔵人を責める。実は蔵人は父の仇を討つために八重桐を捨てて仇討ちの旅をしているという。しかし、その仇討ちは蔵人の妹がすでに果たしていたのです。それを八重桐が蔵人に告げると妹に仇討ちをされた面目なさに、その場で自害します。その時に蔵人の身体から離れた魂が八重桐の胎内に入って坂田金時を宿す。八重桐自身は怪力無双の子供を孕んだ山姥になるのです。ここでこの演目の名前に納得。
そこへやってきたのは澤瀉姫に懸想している清原高藤の家来太田十郎(己之助) 。姫を手に入れようと力づくで押し入ってきた。山姥になった八重桐は顔の隈取りも荒々しく大立ち回りをやってのけます。扇雀がいい気持ちで大熱演。己之助も荒くれ者を楽しそうに演じていて面白い演目でした。この荒唐無稽を説明しようと思うと一苦労。何故?⁉️ ⁇ そのナンセンスを実際に見てストンと納得すればもう虜。
ここで30分休憩。お弁当を食べてお茶して忙しい。
二つ目の演目は『権三と助十』江戸の裏長屋に住む駕籠かきの権三(中村獅童)と相方の助十(染五郎)。権三は女房おかん(七之助)と、助十は弟助八(己之助)と暮らしています。皆仲が良いのに、何かと言うとすぐけんかになる賑やかな人達。年に一度の井戸替えの日。のらりくらりとサボっている権三。それを咎める助十、助八。応戦するおかんと井戸替えの綱絵を引いてゾロゾロ連なって来る長屋連中。賑やかで楽しい光景。
そこへ大家の六郎兵衛(彌十郎) を訪ねて来た若者が。この若者は去年の冬、和泉屋の隠居を殺した罪で投獄され先日牢死した小間物屋彦兵衛の息子彦三郎です。父に限ってそんな恐ろしいことをする筈が無いと事実を確かめるために母と妹を大阪に残してやって来たのです。彦兵衛の人柄を知る大家始め長屋の連中も彦兵衛がそんなことをしたとは考えられない。
実は権三と助十は関わり合いを恐れて黙っていたが、その殺人があった夜、近くの天水桶で着物の裾と何かキラっと光るものを洗っている左官の勘太郎を見たのです。今更申し上げて申し上げてかえって咎められると渋る二人。大家の六郎兵衛が一計を案じ, 彦三郎、権三、そして助十を縛り奉行所へ。三人が喧嘩をしたのでお縄にしたと奉行所へ訴えて名奉行の大岡越前に再吟味を求めることに。
数日後、長屋預かりになり家でゴロゴロしている権三と助十を訪ねて来たのは、なんと左官の勘太郎(亀蔵)。賭博好きの暴れ者という評判の勘太郎が奉行所から疑いが晴れて放免になりお礼にやって来たのです。晴れて放免になったので二人にお礼を言いたいという勘太郎。そのネチネチとした口調に怒った助ハが、啖呵を切って勘太郎を責めると本領発揮した勘太郎。凄んだところを皆で縛り上げる。そこへやって来たのはなんと奉行所の役人。名奉行大岡越前は口を割らない勘太郎を泳がして様子を伺っていたのです。自由になってすぐに家へ戻った勘太郎は天井裏に隠していた証拠の品を焼くところを目撃されていたのです。
一件落着した長屋連中をさらに驚かせたのは、なんと死んだと思われていた彦兵衛が実はお奉行の計らいで生きていたのです。というわけで大大円。楽しい長屋の様子、江戸の暮らし振り、市井の人々の様子がイキイキと描かれて笑いっぱなし。七之助演じる女房が絶妙。高貴な姫、蓮っ葉な女郎、冷たい美剣士何をやっても上手くて、本当に天性の役者振。


今日のお弁当は手直なところ、木挽町ホールで購入。

Frida is



資生堂ギャラリーで開催中の Frida is 写真家の石内都さんが撮影したフリーダ・カーロの遺品の写真展。
フリーダが愛しんだ品々を写真家の慈しむ眼差しがとらえた美しい写真。
フリーダが亡くなってから50年の間、バスルームに封印されていた遺品。彼女の生家である青い家と呼ばれる博物館の依頼で石内都さんが彼女ならではの視点で撮影したフリーダの生きた証。
石内都さんが撮影している状況を撮影したドキュメント映画が公開されました。好評だったそうで、13日からアップリンクで再公開されます。

ギャラリーの壁も赤と青と黄色。優しいピンクとカラフルで綺麗。フリーダが愛した美しい品々をより美しく見せてくれます。


美しい愛用品の中には痛む身体を締め付けるコルセットや、足を切断した後の義足。左右のサイズが違う靴などがあって、画家の誇り高い、情熱的な生き様とともにいつも同居していた痛みを思い起こさせます。




余りにもサイズの違う靴。

彼女の日記帳。


コルセットなしでは身体を支えられなかった。

写真家の眼差しが優しいので痛みを止めるモルヒネまでも美しい。遺品の写真を通してそこにその持ち主の存在と、撮影した人の思いが絡まっているようです。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓