« 甥の結婚式 | トップページ | 栃木市探訪 »

四月大歌舞伎



雨に煙る歌舞伎座。楽しい時間を前に期待大。


早めに着いたので歌舞伎座の裏側を通ったら楽屋口には仕込みの車が。中は今ごろてんやわんや。

今日の演目は肩の凝らない楽しそうなものばかり。

最初の演目は染五郎と松也の『松寿操り三番叟 まつことぶきあやつりさんばそう』後見役の松也が箱から糸操りの三番叟の人形を取り出し、糸を捌くと人形の手足が動き始め軽やかに踊り始めます。糸が切れたリもつれたり、人形はその度にがくっと止まります。後見が糸をつなぐと再び踊り始め五穀豊穣を祈念して舞納めます。染五郎の軽やかな人形振りに惚れ惚れ。楽しい一幕。20年ほど前にミャンマーの人形振りを踊る方と横浜の舞台でご一緒したことがあります。人形になって踊るという発想は万国共通。


今日のお芝居は『沖津波闇不知火 不知火検校 おきつなみやみのしらぬい しらぬいけんぎょう』 幸四郎が悪役を演じます。いい人を演じると正義感が前に出すぎる感があるけので、幸四郎にはこういう悪役が面白い。
親の因果が子に報い…。魚売り富五郎は身体の弱い臨月の女房に栄養のあるものを食べさせたいと偶然出会ったあんまに金を借りようとしたが、行き掛かり上、殺してしまう。死体を隠し金を奪って逃げ出したところに、子供が生まれたことを知らせに来た長屋連中に会う。驚いちゃいいけないよ。子供は元気だが、目が開かないんだよ…。この一幕だけで生まれた子供の暗い星を想像させられます。
成長した子供は富之助と呼ばれ、盲人の中でも最上位の階級にいる不知火検校の元に弟子入りしている。しかし頭はいいのだが、手癖が悪い。周りを騙すのはお手の物。忠実な弟子を装いながら、数々の悪事を働いています。いい人を装いながら、ちょっととぼけた事を言いながら悪いことをしれっとやってのけるところが怖い。
悪者同士は引き合う。成人して富市と呼ばれ、仲間になった生首の次郎(染五郎)鳥羽屋丹治(彌十郎)玉太郎(松也)兄弟の手を借り数々の悪事を働く。悪知恵のある富市がアイデアを出し、実行するのはこの三人 。
ついには師匠夫婦を手に掛け、大金と二代目不知火検校の名を手に入れます。次々と悪事を働き、力を強くして行く様がすごい。悪役はとことんやってこそ面白くて怖い。以前見た菊之助の天一坊も、ちょっとしたきっかけでどんどん悪にはまっていく様子が強くて魅力的でした。最後は余りの残虐さに耐えられなくなった鳥羽屋兄弟が逃げ出して、お上に悪事が露見してお縄になる不知火検校と生首の次郎。引かれて行く道中でも同じ人生なら俺のように好きに生きていく方がいいと呵呵大笑。魅力的な幸四郎。

本日最後の演目は常磐津、長唄掛け合いの舞踊劇『身替座禅 みがわりざぜん』狂言の代表作でもあります。大名、山陰右京(仁左衛門)は愛人花子(はなご)に会いに行きたいが奥方玉の井(左団次)が怖くて出かけられない。なんとか出かけたいと知恵を絞り邸内の持仏堂で一晩座禅を組むので誰も近づいてはならぬという。そして家来の太郎冠者(又五郎)に衾(ふすま 被り物)を被せて身替をさせます。
一方玉の井は夫の殊勝な心がけに感心してこっそり夫を見舞いに行き太郎冠者が見つかってしまいます。怒り心頭の玉の井は夫を懲らしめるために太郎冠者の代わりに衾をかぶって夫を待ちます。
そうとは知らぬ右京はご機嫌で帰ってきます。前半は常磐津で後半、ほろ酔いの右京がご機嫌で花道に出てくるところから舞台正面の羽目板が飛んで長唄連中のひな壇が現れます。其の趣向にびっくり。この右京の出が色気があってふーっと酒の香りが漂ってくるよう。おぼつかない足元。今別れてきた花子の様子を思い出しての艶っぽい笑い。登場しない花子の存在が生き生きと感じられます。
持仏堂に戻った右京は玉の井を太郎冠者だと思い込み、花子ののろけや山の神玉の井の悪口を散々言います。そして太郎冠者に衾を取れと言いますが玉の井はなかなか衾を取りません。ここに玉の井の可愛い女心も見られました。さんざん悪口を言われた後ではいくら恐妻でも顔を見せにくい。夫への愛情も感じられます。夫婦の機微が根底にあっての恐妻物語。
米吉と児太郎が演じた侍女二人がちょっとコミカルで可愛い。最後は衾をとった玉の井の凄まじい形相を見て逃げる右京。追いかける玉の井。狂言のお約束の退場。楽しい演目。

« 甥の結婚式 | トップページ | 栃木市探訪 »

芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/64829746

この記事へのトラックバック一覧です: 四月大歌舞伎:

« 甥の結婚式 | トップページ | 栃木市探訪 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓