« 春めく日 | トップページ | 小学校で »

新書太閤記

二月大歌舞伎の昼の部は通し狂言『新書太閤記』。 ご存じ吉川英治の原作を基に舞台化した作品。サルと呼ばれた男が駆け抜けた戦国乱世。子供の頃家にあった美しい日本画の挿絵の太閤記を思い出します。今回は通し狂言ということで天下を取る前、信長に仕えていた木下藤吉郎から出世して木下藤吉郎秀吉と名乗っていた頃の逸話が語られます。
藤吉郎役は菊五郎。粋で頓智のきいた若い藤吉郎役はこの人にぴったり。
 
長短、どちらの槍が戦場で役立つか? 城攻めの槍は御前試合のように礼儀にかなってではなくいかに敵を倒せるかが重要と、長い槍で短い槍を蹴散らして信長の覚えめでたくなった「長短槍試合」 
正妻寧々との結婚までのいきさつ。祝言の場面はほのぼのとして楽しい。清州城壁の普請のエピソードを扱った「三日普請」。 隠居していた竹中軍師竹中半兵衛を信長に仕えさせるため説得するまでの「竹中閑居」 前半は一休さん頓智話のように若い藤吉郎が知恵を絞り、数々の難題をクリアしてたどる出世街道まっしぐら。


後半は信長(梅玉)の延暦寺焼き討ちを扱った「叡山焼討」 信長をいさめる明智光秀役を吉右衛門が演じている。出番は少ないけれど思いが伝わらないもどかしさ、悔しさがほんの一瞬の姿に見られるのでさすが。
そして信長、濃姫(菊之助)の滞在している本能寺が襲われる「本能寺
信長の死を知り悲しむ秀吉に竹中半兵衛があなたこそ信長様の後を継ぐべきと励ます「中国大返し」 ここで光秀を討ちに馬で出陣。ハイライトなシーンが少なかったので馬の登場で観客も大喜び。
最後の幕は映画にもなった「清須会議」。跡目を誰に継がせるかと家臣たちが会議をしている中、次男の信孝(錦之助)が有力になる。そこへ長男信忠の息子を抱いて登場した秀吉。この方こそが正しい跡目と皆を一蹴。暗黙の了解で後見役を自分の任にするしたたかさ。
どの場面も歌舞伎とは思えないわかりやすいせりふ回し。どこかで一度は見たり、聞いたことがあるエピソードとコンパクトにまとまった通し狂言です。ただ、次々と場面展開するためにダイジェスト版という雰囲気は否めない。わかりやすい大衆演劇の感あり。
あっぱれ菊五郎が楽しそう。


途中コーヒーブレイクで頭をすっきりさせてまた鑑賞。

« 春めく日 | トップページ | 小学校で »

芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/64174736

この記事へのトラックバック一覧です: 新書太閤記:

« 春めく日 | トップページ | 小学校で »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓