« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

新書太閤記

二月大歌舞伎の昼の部は通し狂言『新書太閤記』。 ご存じ吉川英治の原作を基に舞台化した作品。サルと呼ばれた男が駆け抜けた戦国乱世。子供の頃家にあった美しい日本画の挿絵の太閤記を思い出します。今回は通し狂言ということで天下を取る前、信長に仕えていた木下藤吉郎から出世して木下藤吉郎秀吉と名乗っていた頃の逸話が語られます。
藤吉郎役は菊五郎。粋で頓智のきいた若い藤吉郎役はこの人にぴったり。
 
長短、どちらの槍が戦場で役立つか? 城攻めの槍は御前試合のように礼儀にかなってではなくいかに敵を倒せるかが重要と、長い槍で短い槍を蹴散らして信長の覚えめでたくなった「長短槍試合」 
正妻寧々との結婚までのいきさつ。祝言の場面はほのぼのとして楽しい。清州城壁の普請のエピソードを扱った「三日普請」。 隠居していた竹中軍師竹中半兵衛を信長に仕えさせるため説得するまでの「竹中閑居」 前半は一休さん頓智話のように若い藤吉郎が知恵を絞り、数々の難題をクリアしてたどる出世街道まっしぐら。


後半は信長(梅玉)の延暦寺焼き討ちを扱った「叡山焼討」 信長をいさめる明智光秀役を吉右衛門が演じている。出番は少ないけれど思いが伝わらないもどかしさ、悔しさがほんの一瞬の姿に見られるのでさすが。
そして信長、濃姫(菊之助)の滞在している本能寺が襲われる「本能寺
信長の死を知り悲しむ秀吉に竹中半兵衛があなたこそ信長様の後を継ぐべきと励ます「中国大返し」 ここで光秀を討ちに馬で出陣。ハイライトなシーンが少なかったので馬の登場で観客も大喜び。
最後の幕は映画にもなった「清須会議」。跡目を誰に継がせるかと家臣たちが会議をしている中、次男の信孝(錦之助)が有力になる。そこへ長男信忠の息子を抱いて登場した秀吉。この方こそが正しい跡目と皆を一蹴。暗黙の了解で後見役を自分の任にするしたたかさ。
どの場面も歌舞伎とは思えないわかりやすいせりふ回し。どこかで一度は見たり、聞いたことがあるエピソードとコンパクトにまとまった通し狂言です。ただ、次々と場面展開するためにダイジェスト版という雰囲気は否めない。わかりやすい大衆演劇の感あり。
あっぱれ菊五郎が楽しそう。


途中コーヒーブレイクで頭をすっきりさせてまた鑑賞。

春めく日





今日はセブから一時帰国中のMちゃんがレッスンに参加。WさんにもSさんにも驚かせようと内緒にしていました。





二人は大喜び。ハードなレッスンもおかげで楽しく踊りまくりました。








今日のおやつはイチゴ大福。お茶の時間は話も弾んで。楽しい時間はあっという間・・・。

二月大歌舞伎

二月大歌舞伎の夜の部。仕事が忙しく、雑務に追われている友人。こんな時だからこそ浮世離れの歌舞伎を楽しもうと強引に誘いました。

新年の寿ぎ感じる一月fuji、吹く風が春めく華やかな三月cherryblossomの狭間。ちょっと地味な二月です。

第一部は『ひらかな盛衰記  源太勘當』鎌倉の梶原平三景時の館。景時と長男源太景季(中村梅玉)は平家討伐のために出陣中。次男平次景高(錦之助)は兄の恋人腰元の千鳥(孝太郎)に横恋慕して病気と偽り出陣しない。
そこへ父から母延寿(秀太郎)の元に手紙が届く。それは宇治川の先陣争いで佐々木高綱に敗れた源太を切腹させよという内容。そこへ源太が帰還する。実は佐々木が父の命を救ってくれた旧恩に報いるために先陣を譲ったのである。それを知った母は源太に頼朝から拝領した産衣の鎧を与え、勘当し 千鳥と共に逃がしてあげる。
これは厳格な父、優しい母。出来のいい色男の長男。憎まれ者の次男。美しい腰元。というどこにでもありそうな家庭悲劇と言われています
それぞれのキャラクターを強調して様式的な場面が展開されます。どちらかというといつも二枚目役の錦之助が傍若無人な次男坊を楽しそうに演じているのが新鮮。

二部は『籠釣瓶花街酔醒 かごつるべさとのえいざ め』講談の吉原百人斬りを基に脚色された世話物。一度見たかった作品です。佐野の次郎左衛門(吉右衛門)はあばた面だが真面目な絹商人。下男と一緒に江戸みやげにと吉原を訪れる。田舎者の二人にとって吉原は夢のテーマパーク。 丁度花魁道中に出くわしそのあまりの美しさに仰天。最初の道中は花魁九重(梅枝)。そして次に出くわした運命の花魁八つ橋(菊之助)の道中。花道に差し掛かってふと振り返る八つ橋と次郎左衛門の目が合ってしまう。素朴な田舎者の男が恋に落ちた瞬間。ちょうど私たちの席は二階の花道寄りで、まさに振り返り、微笑む菊之助の顔が開いた花のように見える場所。これはたまらないだろう。「宿へ帰るがいやになった」という次郎左衛門の言葉がすべてを物語る。ここで一幕切れ。
田舎者ながら羽振りのいい次郎左衛門は足しげく八つ橋のもとに通うようになります。そんなときに八つ橋の所属する店立花屋から身請けの話が次郎左衛門に。その話を聞いた八つ橋の保証人釣鐘権八(なんでこんなやくざのような男が保証人?)が立花屋に借金の申し込み。それをきっぱり断る立花屋。怒った権八は八つ橋の情人繁山栄之丞(菊五郎)をそそのかして「俺を取るか次郎左衛門を取るか」と迫らせる。この実際の親子が恋人役で演じる色恋の悶着のやりとりもなかなか・・。
八つ橋は思い余りいざ身請けの祝言の場でまさかの愛想づかし。満座の中で恥をかかされた次郎左衛門。「花魁、それはないぜ・・・」が次郎左衛門の幕切れの言葉。
それから数か月。ぱったり音沙汰がなかった次郎左衛門が久しぶりに立花屋の座敷に。
喜んだ店の者が八つ橋を座敷に呼ぶ。その節はと詫びを入れる八つ橋の着物の裾を踏んで取り出したのは籠釣瓶と呼ばれる村正の妖刀。この男の心の闇はすさまじく深く、八つ橋を切り殺し、やってきた女中も殺す。メラメラ燃えている憎悪の炎が不気味な幕切れを象徴している。享保年間に実際に起こった事件をもとに成立した講談からできた歌舞伎の名場面。吉原百人斬りと言われているのだから、きっと大殺戮を行ったのでしょう。いつの世も人の抱える葛藤、嫉妬、憎悪、コンプレックス。こういうどうしようもできない心の隙間に根付く思いが事件や名作を生み出すわけだから人間て大変。吉右衛門の次郎左衛門、この男の持つその時々の思いがよく伝わって改めていい役者なんだなと堪能しました。
 
最後の演目は謡曲「松風」を素材にした舞踊劇 「浜松風恋歌」 須磨に流されていた在原行平には汐組の恋人松風がいました。その後、都に帰ってしまった行平を恋い焦がれて死んでしまった松風。その松風の霊が乗り移った小ふじ(時蔵)は正気を失い行平が残した烏帽子と狩衣を身にまとい、彼をしのんで舞います。そんな小ふじに思いを寄せる船頭此兵衛(松緑)が彼女に付きまといますが、自分の思いがかなわないことを知るや襲い掛かります。今は霊が乗り移っている小ふじは軽々と身をかわし、散々に彼を翻弄します。
おどろおどろしい演目の後、目が喜ぶ華やかな舞を堪能できる一幕。
仕事で疲れていた友人もこういう時間が大切だった。今日は来てよかったと一言。誘ってよかった。

美味しいお店、可愛いお店



帰国当日。桂子さんとランチに。ここはアーユルヴェーダのサロンもある美味しいミールスを食べさせてくれるお店。オイルなども買えます。

食べる順番が決まっている。

どれも美味しい。

お腹が満たされたので少し歩くことに。

二人で喋って笑ってあちこち歩いて…。

ちょっとお店も覗いて。

桂子さんは2月の末に舞台を控えています。元気で頑張ってね。帰国したらまた遊びましょう。


これは先日桂子さんと一緒に行ったサンダルのお店。

パーツを選んでオリジナルのサンダルを作って貰えます。

私が選んだ色。この夏は日本で活躍しそう。

桂子さんと別れたあと部屋に戻ってパッキング。時間があったので美容院でペディキュアをしてもらいました。これで足も綺麗になって日本に帰ります。

最後のディナーは仕事帰りの大野さんとおなじみのケララレストラン。海と川の交わるところで採れた魚の蒸し焼き。スペシャルディナー。

スペシャルドリンクはココナッツジュースにハニーとミント。9日間という今までで一番短い滞在でしたが色々なことができて充実していました。これからもっと時間が取れなくなるかもしれないけれど、短いなりに楽しむことができそうですね。

今日もお買い物日和



短い滞在もそろそろ終わり。明日は日曜日でお休みの店も多いので今日中に色々な仕事を片付けないと。衣装の仕立てを頼みに来ました。


採寸です。


採寸しながらデザインを考えます


一仕事終わってゲストハウスの近くのケララレストランでランチ。私のレッスンは2時から。大野さん達のグループレッスンは夕方から。二人で私の部屋に戻って私はサリーに着替えてレッスンへ。大野さんはそのまま私の部屋でお昼寝。マイラプールでピックアップする物がたくさんあるので夕方お店で待ち合わせることに。

今年は4月と7月におめでたい結婚式があります。というわけでサリーを買いました。4月に着るサリーはあるので夏に着るサリーを探しに数日前にスンダルシルクへ。目移りするのでブルーと決めて一本買い。10分で終了。タッスルを作ってもらっている間にペチコートやフォールを買いに他の階へ。戻ってきたらタッスルは出来上がっていました。

サリーを買ったらブラウスを作らなくては。サリーのフォールも頼みました。果たして出来上がっているかなとドキドキしながらお店を覗くと…。どうだといわんばかりの得意満面な顔でした。綺麗に全部出来ていました。ありがとうとカメラを向けるとちょっと緊張。この差が可愛い。

次に出かけたのはアクセサリー屋さん。古くなったアクセサリーを磨いて石を嵌め、紐も替えて貰います。夕方には出来ているはずでしたが…。私の顔を見た途端に慌てるおじさん。8時までには出来上がるから待ってね。ということに。まだ大野さんも来ないしアクセサリーを見ながら待つことに。隣に可愛いお客様が。ママ達が一生懸命あーだ、こーだアクセサリーを選んでいます。可愛いので一枚とらせてもらいました。

大野さんも到着。おじさんは私を待たせているので気を遣っているのか、私達の見たがる物を次々に出してくれました。そんなこんなで大野さんの買い物魂にも火がつきました。シルバーのアクセサリーは直して使えば一生物だからと私も煽ってお買い上げ。

時々私がまだかしら?と聞くので、おじさんは私を飽きさせないように楽しませてもくれました。


ふと店の一隅をみると、ここで直しているのは私のアクセサリーでは? 一心不乱に修理してくださり、無事アクセサリーも回収できました。


今夜のディナーはVipで。

チェンナイにある他国籍レストラン その1



最近はチェンナイにも本格的な他国籍レストランができたそうです。というわけで今夜はタイレストランへ。


この建物は隣にフレンチ・カフェがあり、そして二階には寿司バーがもうすぐ開店するらしい。

店内はいいムード。

トムヤムクン、生春巻き。グリーンカレー。そしてパイナップルジュースが美味しかった。私が最初にチェンナイに来た頃は他国籍レストランというとチャイニーズレストランしか目にしませんでした。贅沢をする時はアンナサライにあった小さな気楽な店に行きました。そこは冷房もあったのでそれが最高のご馳走。素朴な時代でしたね。

素敵なデュオ



今夜のダンサーはシュリカンタと奧様。


デュオで踊った曲はどの曲も複雑な振り付けで、さすがに息のあった見応えありのステップです。

デュオは少し凝りすぎの部分もあったのでかえってそれぞれのソロは肩の力が抜けていて楽しい。





シュリカンタの師匠だったパドマ・スブラマニアムがお祝いに。私は20年ほど前にパドマのナットワンガムで女装したシュリカンタが踊ったとてもレアなコンサートを見たことがあります。女装したシュリカンタは雰囲気がパドマにそっくりで、不思議な感覚でした。

最後まで気持ちのいい緊張感がありました。

美しい母と娘達



他のプログラムが終わってから遅れて入場した会場。5組の著名なダンサーとその弟子である愛娘のコンサートという情報。バルコニーに座ったけれど、ナットワンガムを見たらラーマ・ヴァイジャナッタンだったので慌てて下の席に移ったけれど混んでいて結局後ろの席で見ました。


10年くらい前、シャニムガ先生が アワードを受賞した時に、同じく受賞したのがラーマでした。授賞式の会場で私の前に座って居たのがラーマとそのお嬢さん。まだ子供だったので飽きちゃって後ろの席の私に興味を持ち振り返っておしゃべりしたことがありました。あの時の小さな女の子がこんな素敵なダンサーになって…。と親戚の叔母さんになったような感慨。

母達には金色のショール。娘達には華やかな色合いのショールがそれぞれ贈られました。

面白い企画。負けず嫌いの母達の猛特訓があったことでしょうね‼️

いつもクール・ビューティーなラーマも今日は母親の顔を見せていました。


シンガーのプリティ。とても素敵な声をしています。ムリダンガムのスキと。

4日目です。



4日目もシヴァカミ・ペタッチオ・オーディトリウムでのコンサート。最初のプログラム。古い知り合いのカンナンがバイオリンでした。





不思議な雰囲気のダンサー。

もっと不思議な雰囲気のダンサー。いや会場の雰囲気もなんだか不思議になってきた⁈。






忘れられないコンサート。

朝のひと時



先日のマハバリプラムでのラムリ先生の記事が掲載された新聞。


朝の練習の後、先生のバイクでラムリ先生の宿泊先のウッドランドへ。ご一緒に朝ごはん。素顔のラムリ先生は物静かで素敵な方。シャニムカ先生がお茶目に見えます。

二人ともやはり写真が好き。

2日目のコンサート


2日目も昨日と同じ会場で無料のコンサートを楽しみました。自分で選んで見に行くコンサートではないので、かえって色々なタイプのダンサーを楽しめます。

落ち着いた雰囲気のダンサー。


二人目のダンサー。小柄で、エネルギッシュなところが私の知り合いを彷彿させます。

この方のアビナヤはとても綺麗ではっきりしています。私の大好きなチャルケシというヴァルナムだったので勉強になりました。


ムリダンガムはご主人。こういうカップルも素敵ですね。後で聞いた話ですがご自宅のスタジオは水没して大切な楽器が水浸しになってしまったそうです。そんなことを微塵も感じさせない力強い音色とフットワークでした。

練習風景



週末はグループレッスンの日。今回の私のクラスは昨日で終わったけれど皆に会いたくて訪問。





グングルプージャを控えている少女。厳しく指導されていました。他の子達も神妙に聞いています。


2月のサラサ先生の追悼コンサートで踊ることになったので、ますます練習厳しく、盛り上がってください。


練習の後は和やかに。





2011年に初めて会った時は本当にベィビーでした。お姉さん達の膝くらいで踏まれないか心配しました。一言も喋らないで、歯を食いしばっている姿が印象的。今では可愛い声でおしゃべりします。

マハバリプラム、ダンスフェスティバル その3



7時からラムリ先生とお弟子さんのデュオ。


二人の息のあった迫力あるダンス。

大きな蛇に飲み込まれていくという神話。
マレーシアというお国柄、インド舞踊はステップやフォーメーションを工夫した振り付けが多く、神様を心情的に讃えるというよりも英雄譚的表現になるようです。


次に登場した のがシャニムカ先生。


シヴァシャンボー。


スイスから2月のコンサートのために来ているスミトラさん。お父さんがインド舞踊の先生、お母さんがスイス人だそうで、スイスでお父さんの教室のアシスタントをしているそうです。そういえば私の昔の生徒さんでスイス人と結婚したなつみちゃんも赤ちゃんが生まれるまでスイスのラクシュミー先生の教室に通っていました。そこに短期で教えに行っていたのがシャニムカ先生です。インド舞踊は世界を席巻するか!


ガネーシャ神の ヴァルナム。とってもキュート。


終演後の記念撮影。お疲れ様。






マハバリプラム、ダンスフェスティバル その2



人が途切れた野原で出会った若者達。彼らから一緒に写真を撮って下さいと言われてご機嫌な私達。


完全に自分の世界を楽しんでます。


駐車場へ戻る途中でインコ 占いに遭遇。ネパールからの観光客らしい方達が熱心に占ってもらっていました。


50ルピーだというので我々もやってもらうことに。これが大野さんのカード。守り神はラクシュミーだそうです。


この子がカードを選んでくれます。なんてお利口なの❗️


私の守り神はシヴァ神とガネーシャ神だそうで、これがお札のようなもの。


今度はウォーターメロンジュースで一息入れていよいよフェスティバルの会場へ。


ようやく、見つけた会場前の看板。なんと会場でドイツから毎年踊りを楽し むために来ているローズとご主人に会いました。彼らは12月チェンナイに居てダンスを見たそうです。例年よりはもちろん少なかったけれど私達のお気に入りのいく人かは見ることができたと早速報告してくれました。毎年何処かのコンサート会場で会ってその年に見たお気に入りを報告し合う、そんなシンプルな友人です。

マハバリプラム、ダンスフェスティバル その1



リパブリックディで仕事がお休みの大野さんとマハバリプラムへ遠出しました。20日から始まったダンスフェスティバルにシャニムカ先生と、マレーシアでオリッシーの舞踊団を主宰しているラムリ先生が出演するのでその応援という建前。でも気分はすっかりハイキング。おやつを沢山持っていざ出発。


途中のどかな風景を楽しみながら、予定より早く到着しました。


我々の最近のブーム、フレッシュライム、スィート&ソルト を楽しんでます。いざ観光。


大きな象のレリーフ。


アルジュナの苦行の前で写真を撮りあって仲良くなったインドの若者たち。皆、ノリがいい。



クリシュナのバターボール。


さあ、動かしてみよう‼️


ベトナムからの観光客。ここへ来ると誰でも挑戦したくなる。

般若心経



私も心を落ち着かせて般若心経に取り組みました。〜以前、高野山詣でをしている横浜のKさんに般若心経の写経用紙をいただいて写したことがあります。久しぶりに取り組むとやはり心が落ち着きます。約1時間、真剣に写すことだけに専念していると雑念は起こらないし、気持ちが晴れわたるよう。
気持ちよくなったところでインド舞踊の練習をしていたら、今度はそのKさんから、早速写経して成田さんに郵送しましたというカードを頂く。気持ちが繋がっていて ますますいい気持ちの1日でした。

東日本大震災慰霊復興祈願の写経



浦和の成田咲子さんからの復興祈願に参加できるお誘いをうけました。ちょうどインドへ行く前日にお知らせが届いたので皆さんにお知らするのが遅くなってしまいました。何人かの友人には帰国後直ぐに資料を郵送しました。会津のHさんからは祈りに参加できるいい機会をあたえてくれてありがとうとメッセージが届きました。
そうなんですね。この写経をするという行為は祈りと同じです。あの震災に対して無力な自分。無力だけれど何かしたいという我々のためにこういう祈りの機会を考えてくれたのではないでしょうか。

昨年は唐招提寺の石田智圓長老の読経の中、タイザンボクの木の葉の船に縫い付けた写経を海に流して祈ったそうです。成田さんは一人でも多くの人から写経をいただくためにがんばっています。この写経のおかげで多くの人に般若心経が広まっていますとよろこんでいます。もし参加したい方がいたらご連絡ください。写経のお手本あります。写経用紙はどんなタイプのものでもいいそうです。私のところにもありますから差し上げられます。2月25日までに成田さんの元に届けば相馬の海に流すことができますので連絡ください。


全国から集まった写経は折りたたまれて木の葉の船に縫い付られます。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓