« 吉井歌声の会 | トップページ | 今日も歌舞伎日和 »

海の賑わい 陸(おか)の静寂ーめぐり

Photo 世田谷パブリックホールで上演中の山海塾の新作を見てきました。2年に一度の新作発表です。チケットを購入した段階でまだ今回のタイトルが決まっていませんでした。改めてタイトルは「海の賑わい 陸(おか)の静寂 ー めぐり」 今回のテーマは回る。水の回流。時の移り変わり。四季の循環。そして揺らぐ身体。自身の踊りを振動と定義づけている主催の天児牛大さんにとってこのテーマは普遍的なものですね。実際、人が作品で訴えたいテーマと言うのはそんなに幅広くはないと思う。そのテーマを伝えるための手段はいろいろ模索してあれこれ試すだろうけれど。

カギ字型に2枚の長方形の板が置かれた舞台。堤防に囲まれた海のようだと思いました。上手手前に透明の天秤が吊るされています。この天秤が上下して下に丸いスポットが当たります。壁には古生代のウミユリの化石のモチーフが。ライトを浴びるたびに不思議な様相を示します。この壁が一瞬横に動いたときは舞台が動いたような躍動感がありました。山海塾の舞台はいつもうっとりするくらいシンプルで綺麗ですね。照明の色で舞台が海になったり砂漠に変化したりと目を楽しませてくれます。

自分が振りを付けるのだから自分が出来る動きをやります。若いメンバーにハードな動きを振りますとおっしゃっていました。私は天児さんの美しい身体の動きを見ていると、昔持っていたのに今は無くしてしまった何かを思い出させるような切なさをいつも一瞬感じます。これは何なんでしょうね?年配の方から若者まで幅広い観客が陶酔した密度の濃い1時間半でした。

« 吉井歌声の会 | トップページ | 今日も歌舞伎日和 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/60086829

この記事へのトラックバック一覧です: 海の賑わい 陸(おか)の静寂ーめぐり:

« 吉井歌声の会 | トップページ | 今日も歌舞伎日和 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓