« 南米からの絵ハガキ | トップページ | 片岡球子展 »

踊れる幸せ

久しぶりに練習に来たYさん。去年の暮れにお母様が倒れてから入院や自宅治療などで目の回るような忙しい毎日を過ごしていました。入院治療が済んで自宅療養になった時にもう自分の事は何もできないと思ったそうです。いつもエネルギッシュなYさんも凄く落ち込んだそうです。でも病院の先生の的確なアドバイスでディ・ケア・センターを紹介してもらえ、職場の仲間の応援で一番大変な時を乗り越えることができたと言っていました。いい仲間がいるということは本当に励みになりますね。

今まで頭では解っていたことが実際に自分で経験してその大変さがよくわかったそうです。それと同時に人の優しさも。今はお母様も安定していて、ライブの時にはショート・スティもできるようになったそうです。おかげで四か月ぶりに練習に来ました。note 久しぶりに踊るのでリハビリを兼ねたお稽古の後、沢山話ができてよかった。仕事や、ライブもやっていけるめどが立ったそうです。よかった。周りの方に本当に助けられたと言っています。今の日本の高齢社会でこういう問題はいつでも誰にでもかかわる事態です。親の介護をしながら自分の仕事や、息抜きになる趣味の時間を少しでも持てるように、皆で住み心地のいい社会を回していきたいですね。

Yさん、しばらくはリフレの教室には通えないけれど、スタジオなら車で1時間くらいで来れるそうです。今日も明るい笑顔で黄色いカブトムシに乗って帰って行きました。happy01

« 南米からの絵ハガキ | トップページ | 片岡球子展 »

レッスン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/59594576

この記事へのトラックバック一覧です: 踊れる幸せ:

« 南米からの絵ハガキ | トップページ | 片岡球子展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓