« 贅沢、歌舞伎見物 | トップページ | 菅原伝授手習鑑 通し狂言 »

般若心経を泰山木の葉の船に乗せて・・・

浦和に住むNさんは昨年の3月11日に「慰霊・復興祈願」の一環で、全国から寄せられた鎮魂の写経を泰山木の葉で作った船に乗せて相馬の海から流しました。多くの人々から寄せられた写経が祈りを込めて流されていく様は悲しくも美しかったと思います。

いつも「心を尽くす」をモットーに様々な活動をなさっているNさん。今年も沢山の写経がNさんのもとに集まりました。どなたに法話をしていただこうかと思案していたNさんに唐招提寺の御長老からお申し出があったそうです。心が通じるってこういうことなんだなとすとんと思いました。私利私欲のない綺麗な心持ちの方達には自然に人が集まるのですね。

3月11日は11時から相馬市の大野台仮設で石田圓唐招提寺長老の法話。14時から長老と多数の僧侶による読経。14時46分に相馬市釜原地区の海岸から太平洋に写経を乗せた木の葉の船を流します。

そして17時からは名取市笠島に愛島笠島仮設煮て竹灯篭点灯式。慰霊復興祈願と可能な限りを尽くして廻られるそうです。4年前のあの日、そしてあの頃の皆で励まし合ってきた心を忘れないように。この祈りの輪を広げていきたいですね。1人1人ができることを少しずつ。私も皆に写経を呼び掛けたいと思います。

Nさんは15日のホームコンサートに来てくださるので是非11日の様子をうかがいたいと思います。

« 贅沢、歌舞伎見物 | トップページ | 菅原伝授手習鑑 通し狂言 »

祈り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/59181159

この記事へのトラックバック一覧です: 般若心経を泰山木の葉の船に乗せて・・・:

« 贅沢、歌舞伎見物 | トップページ | 菅原伝授手習鑑 通し狂言 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓