« | トップページ | 那須のイベントの写真・・・1 »

めぐり逢わせのお弁当

Img2 銀座のシネスイッチでは現在2本のインド映画が上映中。シュリデヴィ主演の「マダム・イン・ニューヨーク」。そしてもう一本は「めぐり逢わせのお弁当」。どちらも派手な歌と踊りのシーン満載のボリウッドではありません。だから嬉しいことに上映時間もそんなに長くない。happy01

先日、友達の展覧会の帰り道ふらっと見てきました。私が見たのはお弁当の話。結構席が埋まっていて私は2階席の一番前列で見ました。この映画館の雰囲気がまるでインドの小さなホールのよう。2階から1階席を眺めているとインドにいるような錯覚がして嬉しい。movie

主演の2人とも私の知らない方達。男性のほうは「ライフ・オブ・パイ」に出た方だそうです。美男美女が出ているわけではなく、派手なアクションや歌や踊りのシーンがあるわけではないのに、評価が高いというのがうれしい。

インドでは自宅で作ったお弁当を届ける仕事がある、と言うのはもうだいぶ前に聞いたことがあります。私が知っている人達は出勤、通学する時にもうお弁当を持って出かけています。この映画では愛情が冷めかけた夫の愛情を取り戻そうと妻が毎日美味しいお弁当を作ってそれを届けてもらっています。確かにこんなに凝ったお弁当は朝の忙しい時間には間に合いませんね。

この配達システムはほとんど間違いがなく、奇跡のように間違えられたお弁当から出あう男女のお話。主演の二人、美男美女ではないけれど、とても感じがいい。大体私はシャイな雰囲気の人が好きなんだけれど、この二人も自分の思いをなかなか素直に言えないところがあります。

夫の所に届いていないと知った妻。でもお弁当が舐めたように綺麗に食べられているのが嬉しく手紙を入れます。それに返事が返ってきて・・・。だんだん2人ともお弁当を通しての文通を心待ちに。顔も知らない相手なら率直に言える本音。女は30代、小学生の女の子の母親。マンションに住んでいる。夫は家のことに無関心。どうやら浮気をしている様子。heart03

男は50代。妻に死なれたやもめ。子供はいない。古い家に1人で住んでいる。経理のエキスパートだが早期退職を考えている。食事は近くのホテル(インドではレストランの事)でのケイタリング。お弁当も実はそこからの契約宅配。そこのお弁当を女の夫は毎日食べていたわけ。これでは愛情も冷めるかも・・・。

街の様子、通勤ラッシュ。会社の様子、不器用な男女、調子のいい男、頑固だけど憎めない女等・・・、インドの都会に住む市井の人達とその暮らしがたっぷり出ている。そしてそれぞれが一生懸命生きている姿がいい。習慣の違いに大笑いしたり、ジーンとしたり、妙に懐かしく思えたり。観終わった後に清々しさを感じます。happy01

さあこの不器用な2人はどうなる?

« | トップページ | 那須のイベントの写真・・・1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/57195678

この記事へのトラックバック一覧です: めぐり逢わせのお弁当:

« | トップページ | 那須のイベントの写真・・・1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓