« お疲れ様会 | トップページ | 那須★インドFestival! »

表情豊かなソプラノ

Img2 姉に誘われてソプラノのコンサートを楽しんできました。板波利加さん。この方は二期会の会員でイタリア在住だそうです。親戚のおばさんが応援している方で二期会のオペラやコンサートがあるたびにチケットを預かって皆に買ってもらっているそうです。歌手を囲んでの懇親会などもしているそうで、姉もイタリアつながりで何度かご一緒したそうです。母の従妹とは思えない社交家で魅力的なおばさん。人を応援するその姿勢は見習いたいものです。happy01

ロビーでおばさんにお会いしたら私も誘われました。子供の時に姉と私がピアノを習っていたおばさんですがお気に入りは優等生の姉。私はピアノへ行くと行って途中下車して遊んでいたのでおばさんの覚えはすごく悪かったようです。coldsweats01 ようやく評価してもらえるようになったのはインド舞踊のコンサートを見てからのようです。人にはそれぞれの天分があるのねと褒めて(いや慰めてかな)くれました。
今日の会場は千駄ヶ谷駅前の津田ホール。能楽堂へ行くときにいつも通るけれど入ったことがなかったので楽しみでした。いい音が響きそうな素敵なホールです。

プログラムには、たぐいまれなドラマティックな歌声。イタリア在住20年となる記念の年に、集大成として臨むリサイタル・・・と記されています。

オープニングに七つのスペイン民謡。これで観客の心をつかんでからオペラのヒロインに変身してぐいぐいと迫ってきます。

さすがの歌声、魅せられます。オペラを歌っているので演技力もすごい。大柄な身体に一部では白地に赤い花の大胆なドレス。二部は黒い大人っぽいドレスで登場。黒い透けるショールと黒いロンググローブで変化を付けて役柄を演じ分けていました。

五人のヒロインの愛を歌い分けた今回のリサイタル。奔放に自由な愛を生きるカルメン。昔恋人への愛に苦しみ狂乱するイモジュネ。貞淑なオテロの妻デズデモナ。プライドと愛を貫くトスカ。愛と野心を夫に注ぐマクベス夫人。登場する瞬間から個々のヒロインになりきって世界を作っています。あのおばさんが応援するはずだと納得。

ピアノの伴奏も秀逸です。ピアノを教えている従妹に聞いたらやはり上手い人らしいです。弾いている姿がチャーミング。なじみが薄いかもと危惧していたのがうそのように楽しいリサイタルでした。

« お疲れ様会 | トップページ | 那須★インドFestival! »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/56926428

この記事へのトラックバック一覧です: 表情豊かなソプラノ:

« お疲れ様会 | トップページ | 那須★インドFestival! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓