« 飲んでしゃべって | トップページ | あなたを南インドの寺院へ誘います~ »

舞台挨拶付き上映

古い友人のHちゃんからメール。彼女は向井理の大ファン。仕事大好き人間で趣味がないと思っていたのでファンだと聞いてちょっとびっくり。友達としては仕事以外に好きな事があって嬉しい。去年芝居を一緒に見に行ったのがきっかけで、そのあと2~3回会うことができました。私は特に好きな俳優がいるわけではないので人に誘われると都合がつけば大体行きます。思いがけない世界が広がることもあるので面白い事が多い。movie

さてメールの内容は、向井君出演映画の舞台挨拶付き上映のチケットがあるのでいかがというもの。ラッキーなことにその日は自分の練習だけの日。即行きますと返信。映画のタイトルは「百瀬こっち向いて」

内容を調べたらどうやらアイドルだった女の子が女優に転身しての第一作の青春初恋物語。初恋という言葉にすでにクラクラ・・・。若者だらけの映画館の中で私達だけが浮いていたらどうしようと顔面蒼白。しかし最近の私のポリシーは食わず嫌いを辞めよう。というわけで待ち合わせの新宿東口へ。

相変わらず新宿は人で一杯。Hちゃんは私ともう一人誘っていたとのこと。見渡すとすでに改札で待っている方が。シンガポール赴任中の仲間のYさん。10年シンガポールで生活されていたそうです。Hちゃん夫婦は5年くらい。その間に私もインド帰りにお世話になりまし。二人も久しぶりにあったそうです。happy01

上映前にお茶しながらいろいろおしゃべり。Yさんは30代をシンガポールに捧げて帰国した時は心身ボロボロだったとか・・・。weep 帰国子女だったお嬢さんの日本の学校での苦労が大変だったそうです。遊びに行くのとそこに住むのとは違うからね。子どもの教育の問題はみな頭を悩ましますね。シンガポールで体験したインドのお祭りが忘れられないと言っていました。

開場するとマスコミ関係のカメラマンが沢山並んでいます。一番大きな会場の前列と後列がカメラマン。ほぼ満席。時々ワイドショーで舞台あいさつの様子を流しているけれど、なるほどこれかと納得。観客はもちろん撮影禁止。向井くんは本当に来るの?とHちゃんに聞くと、朝一番の上映でも数人のキャストと監督の舞台あいさつがあって、そのまま2回目の舞台あいさつになるから大丈夫と言っていました。こういう情報はどうやって調べるのと聞いたらフフと笑っていましたが。

司会の方の誘導でキャストの若者5人と向井君。そして監督の登場。監督もこの作品がデヴューだそうです。コマーシャルはたくさん撮っているとのこと。映画館で必ずみる「ノーモア映画泥棒」は監督の作品だそうです。隣ではHちゃんがオペラグラスで覗いている。さすがファン。20分くらいの舞台あいさつが終わっていざ上映という時にぞろぞろと席を立つ人たちが・・・。えっ!どうしたのと思っていたら、どうやら池袋の映画館で次の舞台挨拶があるので熱狂的ファンは追いかけるそうです。女優さんのファンなのか向井君のファンなのか。ほかの若手キャストのファンなのか・・・。100人くらいは居なくなったようです。ファンってすごい。体力とお金が必要ですね。run

観客も結構いろいろな人たちがいて、私達でもそんなに浮いていないのでほっとしました。透明感のある綺麗な女優さんが主演なので画面が新鮮。主人公に翻弄される男の子も初々しくてよかった。この少年の15年後を向井君が演じていて、作品の語り部をしています。浮いているのを心配していた私達もいつの間にか少年少女達に昔の自分たちを投影して作品の世界に。絶対私だけだったら選ばない作品を見る機会をありがとう。Hちゃんは目がうるるしています。

« 飲んでしゃべって | トップページ | あなたを南インドの寺院へ誘います~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/56170264

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台挨拶付き上映:

« 飲んでしゃべって | トップページ | あなたを南インドの寺院へ誘います~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓