« 成人学級 | トップページ | インド5日目 »

インド4日目

Sさんはタクシーをチャーターして朝早くからマハバリプラムへ。私は練習、雑用を終えて2時からのNGSのコンサートへ。

062 今日のダンサーはAishwaryan Balasubramaniam. 初めて見る方。この企画で踊るダンサー達はやはりある程度のキャリアがある人たちが多いので好き嫌いの好みは別にして安心感があります。身体の動かし方も錬れているので観ていて気持ちがいい。この広いホールの一番前の席で若手のダンサーの熱演を楽しめる昼下がりのひととき。贅沢な時間です。heart04

終演後、友達の家に寄ってみました。友達はフェイスブックのラインで私に連絡していたそうです。アナログな私はインドではモバイルも使わないのでいつも突然訪れて驚かせています。最近映画に出始めた友人は年末にロケに行くとのこと。歌や踊りのシーンが多いボリウッド映画ではない地味なでもヒューマンな映画だそうです。同じ監督の前作では主人公の母親役でバジャンを歌うシーンが印象的でした。若くしてご主人に先立たれ、子供を育て上げ、余生を共にできるいい伴侶に出会い再婚。女優になりたかった夢を今ゆっくりかなえています。イキイキしている女性は美しい。happy01

夜のコンサートはSKGS(Sri Krishna Gana Sabha) で行われるSheela Unnikrishnanの生徒たちによるダンスドラマ「Param」。シヴァ神とシヴァシャクティを讃えるエピソードが通常のコンサートのプログラム形式で踊られます。マハバリプラム観光から戻ったSさんを誘って行って来ました。

068 プシュパンジャリから始まりました。群舞のフォーメーションも綺麗。

073 ミナクシ誕生。

074 少し大きくなったミナクシ。076 もっと大きくなったミナクシ。いよいよヒマラヤへ・・・。

080 シヴァシャクティ。

082 ドゥルガー女神迫力あり。

083 シュリンガーラにうっとり。

084 アルダナーリシュワラ。085 マンガラム。先生の演出がいいのでたくさん出演していてもざわざわした感がない。とてもよく構成されていて解りやすくて楽しいコンサートでした。昔私が初めて生徒を連れてインドで踊った時、フォーメーションが揃っていてびっくりされました。(ほめられたのはそれだけ?・・・)その頃はインド人の生徒は一人ひとり上手なのに群舞だと揃わない。いや揃えようとしない・・・といわれていました。感無量です。

087 迎えの車を待つドゥルガー女神。インドは暑いでしょうとよく言われますが、今の時期チェンナイは朝晩涼しいのです。コンサート会場は冷房がガンガン効いていることが多いのでダウンジャケット大活躍。

« 成人学級 | トップページ | インド5日目 »

インドあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/54695241

この記事へのトラックバック一覧です: インド4日目:

« 成人学級 | トップページ | インド5日目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓