« 撮影風景 | トップページ | グングル・プージャとおさらい会 »

布の魔術師

Img_0001 京橋のアートスペース繭で開催中の渡邊真砂さんの個展。真砂さんは布でなんでも作ってしまう布の魔術師。しかもミシンを使わない。手縫い一本です。アップリケや刺繍を施したバッグや手袋や脚絆。ショールやベスト、ワンピースなんでもインスピレーションがわいたら作ってしまいます。

今回は細密ペン画も展示されています。インドで見た寺院や植物が繊細なタッチで描かれていて一種独特な世界に引き込まれます。1枚の紙を折ったり切ったりして豆本のような装丁になっていて素敵。開くと旗のように立体的になるのも面白い。

Photo ここはギャラリーの入口。

006 細密画で構成された祭壇。

Photo_2 妖精から最近は魔女になった真砂さん。棒を振る代わりに針と糸で魔法を起こします。昔インド祭り in 増上寺のために作ったラクシュミーのアップリケを施した垂れ幕をスタジオに寄贈してくださるそうです。展覧会が終わったらゆっくり梱包して送ってくださるとのこと、楽しみです。happy01

Photo_4 この茶色い肩掛けと似たものを今日は真砂さんが着ていました。黒いチェックのワンピースの上に掛け、両脇はボタン止めで可愛かった。

Photo_3 ポンチョやネックカバーもあります。

Photo_5 実知子さんは私が日本で最初にインド舞踊を教えていただいたO先生に横浜で教えていただいてたそうです。遠い昔、同じように汗を流していたんですね。幼馴染に会ったような気になります。現在は布の絵本作家目指して頑張っています。

021 これなんだと思う。今回私が手に入れた真砂さんお手製のベストです。イタリアのエラスティックという伸縮性のある生地で作った三つ穴ベスト。今度着たところをご披露しますね。

« 撮影風景 | トップページ | グングル・プージャとおさらい会 »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/54043794

この記事へのトラックバック一覧です: 布の魔術師:

« 撮影風景 | トップページ | グングル・プージャとおさらい会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓