« おめでとう! | トップページ | 撮影風景 »

中島みゆきの夜会

Img この20年、見たいなと思いながら見ることができなかったコンサートの一つが中島みゆきの夜会シリーズ。毎年12月に開催されているようです。しかもチケットもプレミアものでなかなか取れないとか。そんなにまめにコンサートに行かない友人がこのコンサートだけは毎年見ていると鼻をふくらませて自慢していたのが何やら口惜しい。(`ε´)

先日ふと新聞にイオン系の映画館で2週間限定上映という記事を発見。2011年に上演された「夜会VOL.17 2/2」の映像化だそうです。これは行くっきゃない。で行って来ました。

幸せをつかみそうになるたびに、何か得体の知れない自分の中の自分がその幸せを壊してしまう莉花。愛する男性を傷つけるのが怖くて彼の前から姿を消してベトナムに旅立つ。旅先でも、もう一人の自分におびえているうちに貴重品を奪われ、怪我をしてベトナム人の母娘に助けられる。姉と妹になりましょうとと誘われ生活を共に・・・。

疑似姉妹となり穏やかに生活するヒロイン。日本に残された恋人は彼女の出生の秘密を探り当てることができ、彼女の心の闇を解き放つためにベトナムに。茉莉と莉花。二人の双子の少女の名前。二人合わされて一つの花の名前。茉莉花。出産時に亡くなった姉の茉莉。自分のせいだと思い込み自分の幸福はもちろん生をも否定して生きてきた莉花。

幼い日に聞いてしまった心ない親戚の叔母の言葉で、自分の幸せを封じ込めてしまった莉花。舞台の中央に置かれた鏡は幼い日の自分や死んでしまった姉茉莉の姿も映し出します。お芝居でもなく、歌のコンサートでもなく、ミュージカルでもない。誰もやっていない舞台。その制作すべて中島みゆき本人がやっているというとんでもないプロジェクトです。きっと素晴らしいスタッフにも恵まれているのでしょうね。note

デヴューしてから40年以上。ずーっと自分のスタンスを守りながらも常に進化し続けていくすごい人ですね。表情が幼女のようにも悪女のようにも聖女のようにも変化して魅力的。歌はもちろん素敵。今年は11月末から夜会が開かれるようです。どんな世界を見せてくれるのか気になります。友人は又行くんだろうな~。

« おめでとう! | トップページ | 撮影風景 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/53917461

この記事へのトラックバック一覧です: 中島みゆきの夜会:

« おめでとう! | トップページ | 撮影風景 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓