« 小野寺の弟・・・ | トップページ | 文字の力・書のチカラ »

小澤陽子先生へのオマージュ

Img2 先日行われた小澤陽子先生の追悼公演にお招き受けました。私がインド舞踊に出会った頃には、すでにインドでデヴュー公演を行っていました。田中裕見子先生、小澤陽子先生という先を歩いてくださる方達のおかげで私もインド舞踊への道をヨチヨチと歩いて来れました。感謝。

小澤先生が急逝されてもう7年。お弟子さんたちが企画した先生とインド舞踊にささげたコンサート。素敵でした。オリッシー、クチプディ、バラタナティアムの三種のインド舞踊を踊った稀有な方でもありました。

この日のコンサートはバラタナティアムとオリッシーを生徒さん(独立した生徒さんも含む)、シタールをゲストの井上さん。オリッシーをゲストの安延佳珠子さん、クチプディを同じくゲストの渡辺桂子さんという豪華なラインナップ。3時間のコンサートも楽しくてあっという間でした。

小澤先生とははるばる屋さんのコンサートで2度共演させていただきました。楽屋が御一緒だったので楽しいお話をしたのが懐かしい思いでです。時々他のコンサートでもお目にかかりましたが、いつもざっくばらんなお人柄で気さくにお声をかけてくださいました。

まだまだ現世でやりたいことがたくさんあったと思うのに、神様に呼ばれてしまったのだなと思います。ちょうどその頃オリッシーの吉田麻子さんも亡くなったのでインド舞踊をやっている我々の間でショックが大きかったことを思い出します。日本という未開の地でインド舞踊を広めてくれた先輩たちがいて、それを引き継ぎ、それを次世代に渡す。

先日、田中裕見子先生ともお話しましたが有望な若い踊り手が増えてきて頼もしいと思います。それもインド舞踊のいろいろな分野で。

Photo ロビーに飾られていた小澤先生の懐かしいお姿。

« 小野寺の弟・・・ | トップページ | 文字の力・書のチカラ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/52769217

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤陽子先生へのオマージュ:

« 小野寺の弟・・・ | トップページ | 文字の力・書のチカラ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓