« ローマでアモーレ・・・大笑い | トップページ | 小野寺の弟・・・ »

毎日書道展

7月の新国立美術館は恒例の毎日書道展。会津のHさん。今年は秀作を受賞しました。おめでとう。厳しい世界なので入選だけだと自分の所属する地区の会場でしか展示されないそうです。受賞した作品は東京でも展示されます。

今日は夜、友達と久しぶりに芝居を見にいく予定なので待ち合わせの前に乃木坂まで出ました。今回は戦後の日本書道界をけん引した巨匠手島右卿(てしまゆうけい)の代表作が展示されているそうで楽しみ。

87年に85歳で亡くなったそうですが厳しい古典学習の基礎の上に、美術としての書を目指し、またビエンナーレや万博にも積極的に出品して日本の書を世界に広めたそうです。

会場には47点展示されているそうですが、どの作品も品がよくてのびやかで華があります。いろいろな作風に挑戦もしていてエネルギーもすごいですね。墨の色も美しく、鮮やかな色を重ねたうえでの墨の色。

Photo 巨匠の紹介。

Photo_2 天戸開人

Photo_3 これを見た時は嬉しかった。一瞬私にも書けそうと思うけれど、もちろん書けません。

Photo_4 象形文字 龍虎 素敵ですね。

Photo_5 悲しみがにじみ出ています。大悲。

Photo_6 代表作の抱牛。巨匠はさすが落款も素敵。いろいろな篆刻作家が掘ったものを使っていました。朱の色も凛としている。

Photo_7 今回のHさんの作品。おおらかさと危うさ・・・。これからの方向を示唆しているような気もします。羽ばたく鳥、、見守る首の長い鳥・・・。造形の面白さ。

« ローマでアモーレ・・・大笑い | トップページ | 小野寺の弟・・・ »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/52523277

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日書道展:

« ローマでアモーレ・・・大笑い | トップページ | 小野寺の弟・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓