« 雨でも歩く? | トップページ | 古民家コンサート・・・その2 »

初夏の古民家コンサート・・・その1

6月30日、日曜日。今日は那須烏山の古民家でKさんのグングル・プージャと先輩たちによるコンサートが行われました。前日の夜雨が降って地固まる。いい幸先です。sun

Photo ここが今日の舞台。里風鈴(りふれ)です。

Photo_2 メンバーは11時集合。まずは舞台の飾りつけ。大きな梁にサリーを掛けるだけで雰囲気が出てきます。heart02

Photo_3 祭壇もしつらえて舞台準備完了。

Photo_4 客席も準備完了。

Photo_5 楽屋は大忙し。Kさん、本格的にアクセサリーを付けるのは初めて。Iさんも眉と目にラインを・・・。

Photo_6 いよいよグングル。プージャの始まり。メンバー全員でナレーションを担当。幕開けの司会はWさん。

Photo_7 グングルを足に着ける瞬間はいつも神聖でピュアな気持ちを味わいます。shine

Photo_8 ピンクキャデラックというバンドのボーカル、愛称ピンクさんことKさん。舞台には慣れているけれど、これはまた別。

Photo_9

Photo_10 グングル・プージャの最後にサプライズで準備したのはシヴァ神にささげるシュローカ(サンスクリット語の詩)。kさんの歌で私が踊りました。

Photo_11 Kさんのよく響く声で踊るベネディクションシュローカは観ている方達の心にも届いたと思います。

Photo_13グングル・プージャーも無事終了。ここから皆でコンサート。司会はSさん。音響は高碕のSさん。同じ名前。

Photo_14 最初の曲はディーヴァンジャリ。Sさんと。部屋の真ん中にある太い柱を寺院の円柱に見立てて踊りました。

Photo_15 Kさんが先輩とジョイント。

Photo_16 先輩女性陣のガナパティ・カウットワム。

Photo_17 先輩達のヴィシュヌ。カウットワム。

Photo_20

Photo_18 マハデーヴァシャンボー。最初のシュローカが好きです。

Photo_21 楽しいグループダンス。シヴァ・シュローカ。

Photo_22 ティラナ。

Photo_23 カメラマンもアングル変えて楽しんでいます。

Photo_24 最後の曲はヴィシュヌ神の10の化身を歌ったダシャアヴァターラ。カルキ(いまだ出現しない救世主)のポーズで鉦が鳴り響きます。混沌とした今の世界。誰の心にもカルキを望む気持ちがあるのでは。

Photo_25 マンガラム。コンサートの無事を感謝して皆で御挨拶。立ち会ってくださった皆様ありがとうございます。

« 雨でも歩く? | トップページ | 古民家コンサート・・・その2 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

セイコー 腕時計 修理

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/52268370

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の古民家コンサート・・・その1:

« 雨でも歩く? | トップページ | 古民家コンサート・・・その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓