« インドの文様・・・象シリーズ1 | トップページ | 素敵な美術館 »

ソプラノの会

Img2 今日はピアニストの友人が伴奏を受け持つソプラノの会へ行って来ました。ソプラノ5人の会。ちなみに友人のご主人は声の専門家で、その人の仕事や表現に対応する正しい発声を教えているそうです。歌手や声優だけでなくプレゼンテーションをする人のための説得力のある声の指導なども教えてくれるそうです。今日の歌姫達はご主人の指導を受けている方達だそうです。note

大輪の花のような5人の歌姫。ほっそりとした百合のような方や、咲き誇って今にも落ちそうな牡丹のような方も・・・。40代位から60代といったところでしょうか。皆さんもちろんいい声をしていて上手。中でも特に発声がよくて身体の中で声が響き渡っている方がおひとり。ゆったりしたお身体が美しく見えます。

友人の伴奏がとても素敵。heart04 一人ひとりの歌をしっかり支えて気持よく歌わせています。出しゃばることなく、だけどここぞと言う時にピアノがしっかり盛り上げています。曲によってはリュートのような音色も響かせていました。

彼女は二期会のオペラの練習伴奏を長くやっていたのでオーケストラすべてのパートを弾けるそうです。よくわからないけれどきっとすごいことなんですね。インド舞踊も鉦や歌、オーケストラがダンサーをしっかり支えてくれるので、安心してステージに立つことができます。歌を聴きながら友人のピアノを弾く表情に魅せられていました。lovely

ここ数日私は昔の曲を掘り起こしています。N先生に最初の頃習ったヴァルナム。ここ10年以上踊る機会がなく、長い曲(32分くらい)なので練習しなかったので、すっかり忘れてしまいました。実はそんな曲がまだたくさんあります。もったいない。

連休で暇があったせいか、ちょっとやってみようかなと思い古いノートをひっぱりだいました。そうすると習っていたころは解らなかった組み合わせの妙や、間合いが面白いくらいに解るのです。エー、じゃあこの曲を踊っていた頃って、ただ覚えて踊っていただけであんまり理解していなかったってことですね。ごめんなさい・・・。coldsweats01

このヴァルナムをよく踊っていたのは20年くらい前。インドでも日本でもずいぶん踊った記憶があります。あの頃はレパートリーも少なかったしね。すごく難しい曲だと思っていたけれど、今踊ると面白い曲なんだなと新鮮な気分です。先生の声が元気がよくてしっかりリードしてくれています。

一緒に歌を聴きに行ったお友達はエレクトーンの先生だけれど、30年くらい前からコンダクターの勉強をしているそうです。ベートーベンをずーとやっているので楽譜に秘められた作曲家の思いが毎回発見できるそうです。自分がいつも新しい気持ちで向き合えることができるなんて素敵なことですね。同じようにインド舞踊の曲も聴けば聴くほどいろいろ語りかけてくれます。どうやって表現していいかも導いてくれます。向き合う時間を大切にしたいですね。

ちなみにこの友人によると今日の歌姫達は最初の頃よりずいぶん上手くなったと言っています。年齢が上の人もいるけれどきちんと練習すると歌い続けられるということですね。踊りもそうありたいですね。頑張ろう!up

« インドの文様・・・象シリーズ1 | トップページ | 素敵な美術館 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/51605024

この記事へのトラックバック一覧です: ソプラノの会:

« インドの文様・・・象シリーズ1 | トップページ | 素敵な美術館 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓