« 元気の出る映画 | トップページ | 春の息吹 »

歌舞伎座デヴュー

恒例の会津Hさんとの月一散歩。栗橋の書道の先生宅から東京へ出てくると2時頃になります。それから帰りの新幹線に乗るまでの5~6時間。行き当たりばったり、しゃべりながらどんどん予定を変えていくぶらり散歩。

昨日天皇陛下が訪れたリニューアルされた歌舞伎座。天覧公演の様子がTVで流れていました。そうだ新しい歌舞伎座へ行こう・・・。

というわけで今日の待ち合わせは東銀座。Hさんは上野からなので日比谷線で来てもらいました。私は少し早めに行って様子を探りながら並んでみました。

Img2 こけら落とし四月大歌舞伎は朝、昼、夜のなんと三回公演。各回一幕見のチケットは当日のみの販売です。近くを通りかかって見たくなったら気楽に見ようと言うのが本来の姿。でも現在は新しい歌舞伎座が注目されているので一幕見のチケットも並ばないと買えません。

各公演とも二つの出し物。一幕見というのはその中の一つの出し物を見ることができます。ちょうど私が歌舞伎座へ着いたら昼公演の最初の演目「弁天娘女男白波(べんてんむすめおのしらなみ)」の一幕見の最後三人目でした。Hさんはちょうど上野に着いたころで2人そろっていないとチケットは買えません。私の後に4人のグループがみえたので係りの方に一人くらい余計に入れてと言って列を譲りました。後半の玉三郎の「忍夜恋曲者(しのぶよるこいはくせもの)」だとこのまま先頭に並べます。せっかく来たのだからどちらか見て帰りたい。いやどうしても歌舞伎座の中に入りたいと言うのが本音。

チケット売り出しの時間にHさん到着。そのまま後半のプログラムを買うつもりで並んでいたら、前半のプログラムも立ち見だとあと数人入れますがどうしますかと聞かれました。そのあとの予定もあるし、立ち見でもいいから見ましょうということでチケットゲット。

2 こんなに並んでチケットを買ったのは初めて。でも並んでいる時も周りの人や係りの人とおしゃべりしていて面白かった。並ぶって興奮しますね

2 ここが歌舞伎座の入口。おしゃれしていきたいね。rouge

2_2 こちらが一幕見の入口。通になった気分。このまま4階席まで直行エレベーターで行きます。つまり他の階に入れないしくみ。

2_3 まさに天井桟敷。でも大俯瞰で舞台を見ることができます。いろいろな企業がスポンサーになって作られた緞帳の紹介。ちょうど最後のリクシルでした。

弁天娘女男白波はこけら落としにふさわしい歌舞伎らしい華やかで解りやすい演目で楽しみました。前に座っていた外国人の親子。10歳くらいの男の子は大向こうの声がかかると大喜び。私も一緒に大喜び。二場三幕のお芝居。どの幕も見せ場の台詞があっていかにも歌舞伎という感じ。「知らざあ言って聞かせやしょう」は弁天小僧菊之助の名セリフ。菊五郎が演じてます。

二幕目は白波五人男のそろい踏み。花道に並んで口上を述べているけれど、天井桟敷の私達には傘に書かれた「しらなみ」の文字しか見えませんでした。(苦笑)

三幕目は極楽寺の屋根の上での菊之助の大立ち回り。屋根がせりあがって二つに折れて、山門が出てきます。大がかりな装置に皆大喜び。休憩「を挟んで2時40分から4時20分まで楽しみました。

2_4 毎月の出し物が描かれた歌舞伎絵。現在先代から受け継いでこれを描いているのは女性絵師です。男社会の歌舞伎の世界で頑張っている女性です。

2_5 次の幕を見る方達も並んで人が途切れません。活気が合ってワクワクします。heart04 初めて来たのは中学生の時。一階席で鑑賞、幕間に幕の内弁当を食べた記憶があります。子ども心にいつもと違うと興奮した記憶が。学生の頃はもっぱら三階席。歌右衛門の美しさは今でも鮮明。あの頃は学割800円くらいだったような。moneybag 学生でも気楽に行けました。今日は残念ながらロビーや各フロアを楽しめなかったので普通のチケットを手に入れてそちらも楽しみたい。ちなみに新しい建物は隈研吾の設計です。

今日はこの後六本木のミッドタウンにある富士フィルムのギャラリーでHさんの親類の方の写真展に行って来ました。テーマが日本の四季と風景。大・中判カメラ銀塩フイルムにこだわって撮影するカメラマン達の会です。

2_6 北アルプス唐松岳付近の写真です。右奥に広がりを感じさせる雲海と朝日に照らされた山肌の対比が美しい写真。カメラマンの立花さんは元祖山ガール。山と写真を愛する素敵な方。

美しい写真に心も洗われた我々。今日は忙しくてお昼を食べ忘れていました。お茶も飲んでいません。さすがにへとへと。新幹線の時間まで2時間。東京駅まで出ることに。

2_8 大手町から東京駅へ出ました。夕暮れの駅舎が美しい。

2_7 駅舎をバックに写真を撮っていたフィリピンからの旅行者。シャッターを押してあげたらお返しに押してくれました。いい旅を・・・。

2_9 新し物好きなので先月オープンしたKITTEに行ってみました。1階に郵便局が入っていますが広さの割にレイアウトがよくない。無駄な動線が多くて疲れるビルでした。(実はお腹が空いてイライラしてた?)結局入口近くのお店でワインで乾杯。今日もお疲れ様。wine

« 元気の出る映画 | トップページ | 春の息吹 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/51178254

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座デヴュー:

« 元気の出る映画 | トップページ | 春の息吹 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓