« Pallavi Sriram | トップページ | 平和な日常 »

女流書道展

今日は会津のHさんと高島屋で開かれている現代女流書100人展を見てきました。会場が古いので天井が低く狭いですが、さすが選抜された書家の作品。ぎゅうぎゅうに飾ってありますがせせこましく感じさせない。それぞれのびのびした魅力にあふれていました。

061

035 ポジションとタイトルされていました。モダンアートですね。

030 古代のロマン、甲乙丙丁・・・・

037 振

039 すぐに解って嬉しかった。器。おおらかですね。

045 無心です。

051 優しい愛・・・

書いて書いて書き続けて、どんどんいらないものを削ぎ落としていくのでしょうね。いい刺激になりました。ちょうど6階のギャラリーで見たかった作家の個展をやっていたのでそちらへもお邪魔しました。

063 日本画の内田あぐりさんの個展。大きな作品と

065 小さな作品と

067 エスキースが楽しい。

今日は雪と強風で電車が遅れて会津から出てくるのが大変だったHさん。お昼を食べてお茶したら栗橋の先生のお宅に伺う予定。ハードな一日です。up

069_2 ビルとビルの谷間の路地裏にあるサラリーマンの憩いのお店でランチ。美味しそうなお酒が棚にたくさん。夜はまた賑やかなんでしょうね。ご馳走様。

070 東京駅でお見かけした伎芸天。

« Pallavi Sriram | トップページ | 平和な日常 »

美術館・ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196131/49278037

この記事へのトラックバック一覧です: 女流書道展:

« Pallavi Sriram | トップページ | 平和な日常 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓