« 女流書道展 | トップページ | 塀の中のジュリアス・シーザー »

平和な日常

古民家での練習も定着してきました。宝積寺からの道は遠くに山を眺めての快適なドライブ。空が広くて連なる山を望んでいると昔訪れたネパールを思い出します。お迎えに来てくれたSさんは年末からご家族でヒマラヤトレッキングをしてきたばかり。ご主人と中学生の息子さん。そしてシェルパの方も2人の息さん連れの楽しい山歩きだったようです。いいね。

道中、旅の話で盛り上がります。私が訪れたのはもう30年前だけれど、カトマンドゥの様子はそんなに変わっていないような・・・。神々の座、もう一度行ってみたい。もちろん、ヒマラヤは眺めるだけ。パタンやポカラあたりをのんびり、うろうろできたら素敵。

001

004 空気がピーンとしていて、寒いけれど春の気配も感じられる。空が綺麗。

005 練習の後はお楽しみのお茶。古民家のオーナーMさんがいちご狩りに出かけてのお土産。栃木はイチゴが有名ですね。これは栃姫だそうです。大きいのでびっくり。練習の疲れもこれでしっかり落とせます。

« 女流書道展 | トップページ | 塀の中のジュリアス・シーザー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和な日常:

« 女流書道展 | トップページ | 塀の中のジュリアス・シーザー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓