« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

帰国しました。

28日の18時30分、成田到着。airplane 通関したり荷物を送ったりといろいろして、特急(スカイライナーではない)で帰っても21時30分には家でくつろいでいました。早い・・・。japanesetea

駅に着いたら何と小雨が・・・。rain 南国から寒い日本に帰るだけで気が滅入るのに。weep 大した振りではないので日傘として持参していた傘をさしてさっさと歩いてきました。インドでは気楽にオートでどこへでも行っちゃうけれど、日本では気軽にタクシーを使いません。car ルピーを使うのは好きだけれど、円を使うのは嫌い!

インドと違って道だけは舗装されているし、歩道は確保されているので歩きやすい。happy01 でもインドのあの神出鬼没な迷宮のような道がまた楽しいんだけれど。帰って来たばかりなのにもう懐かしい。heart04

29日は朝から晴れわたっていたので旅行中の物をたくさん洗濯。sun 気持がいい。インド到着後に買い物した物をすぐに郵便局で輸送してあったのでその荷物も整理しました。present 到着後なのでテンション高くあれこれ買いこんでいたので、我ながらこんなものも買ったんだと呆れながら楽しく荷ほどき。coldsweats01

025 派手なザリのサリー。金のブラウス。何考えていたんだろう・・・。

2 ファビインディアで買ったカバー。さっそく使っています。リバーシブルです。

Photo レターセット。この後アノーキで買ったセットや匂い袋、キーホルダー等もたくさん出てきました。

Photo_2 ラジニの本。私ははたして読むのだろうか?重そうなものを最初に送ったのでやれやれ。14キロ弱でした。送った時は大きいなと思ったのに、スタジオで開けてみるとなんだこれだけ・・・と思うから恐ろしい。

12日に出発して28日には帰国。2週間でしたがやはり充実して過ごせました。先月アランゲトラムを終えたMちゃんが世界1周新婚旅行のスタートにチェンナイを選んだのでここで再会しました。コンサートやレッスンやご飯を一緒に楽しみ、私の帰国と同じ日に南へ旅立ちました。2人はいろいろなものを吸収して、地元の人たちとも交流を楽しみながら旅を続けるのでしょう。そして大きくなってかえってくるのだろうな~。待っている私達も大きくなっていないとね。up

Photo_3 N・G・S(ナーラーダ・ガーナ・サバ)の階段で待ち合わせをしました。隣のおじさんは全然知らない人。

これからコンサートやレッスンの様子などをお知らせしますね。まずはご報告。

新年を控えているこの時期に、今まであまり雨を体験していなかったのでちょっと裏さみしい。お正月は是非晴れて欲しいです。皆さまにいい年が開けますように。

明日からインドです。

今年もインドへ行く時期になりました。行ったと思ったらもう帰ってきたの!・・・といわれるくらいの短期ですがエネルギーはしっかり充電できると思います。flair

ここ数年、視点が固まってきているので、なるべく新しいことや物を見つけたいと思っています。また秋に第二回のインド祭りを行うつもりなので、いろいろバザーに出せそうな物を探してみたいな。

コンサートも見たことのないダンサーを発掘出来たらいいのですが。happy01 ついあの人もこの人もとお馴染みのダンサーの公演を重視してしまうので難しい。逃がした魚は大きいからね。fish

チェンナイへ行ってから考えましょう。今年はまだスケジュールが出てないのでちょっと心配。どんなコンサートがあるのでしょう?ワクワク、ドキドキです。heart04

今日はスタジオの大掃除と年賀状。そして期日前投票へ行って来ました。後は明日早起きするだけ。帰ったらブログの更新をします。お楽しみに。

グングル・プージャとおさらい会。

12月の第2土曜日は毎年恒例のおさらい会。今年はNさんのグングル・プージャも行います。始まる前の支度中も神聖な儀式に立ち会える気持のよい緊張感があふれていました。

Nさんが始めて立川のクラスに来た時はまだ学生でした。シリアへの留学や卒業、就職などで通えない時期が続きましたが、忘れたころに顔を見せるというゲリラ的生徒(笑)で、かれこれ足かけ6年になります。就職した直後はハードな仕事に追われていた様子でした。もともと踊りが好きで、その踊りを踊ることで日常のストレスを上手く緩和出来る術を見につけたようです。グングル・プージャを目指してからは踊りも顔つきも変わってきたような・・・。happy01

そのNさん。今日はいつもより口数少なく緊張している様子。お母様や先輩達に見守られ、いよいよグングル・プージャの始まりです。★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_15 足首にグングルをつけます。

Photo_16 これからグングルをつけて初めてのお披露目。

Photo_17

Photo_18 踊り始めるとはじめの緊張した面持ちから一転。とても落ち着いて丁寧に踊っています。

Photo_19 本人もグングルをつけていると、いつもより曲がゆっくり感じられたと言っています。

Photo_20 初々しいダンサーの誕生に立ち会えた先輩達から大きな拍手。一緒に踊れるイベントを企画しましょうね。heart

チャイを飲んで一休みした後はいよいよおさらい会。

Photo_21 トップバッターは宇都宮のKさん、来年6月にグングル・プージャを予定しています。大人の魅力たっぷりにカマラ・スロータナを披露。

Photo_22 蕨教室のOさん。ヴィシュヌ神の第2のアバターラ亀の楽しい踊り。明るく元気な踊りを披露。

Photo_23 宇都宮のIさん。ヨガの指導者コースの卒業式にインド舞踊を披露しました。あわてず騒がずマイペース。

Photo_24 高碕のYちゃん。今年高碕はイベント続きで大忙し。忙しい中アロマの資格も収得。来年は踊りもアロマもさらに上を目指すと頼もしい宣言。ガナパティ・カウットワムを披露。

Photo_25 アクティブなイメージの強かったSさん。今回はゆったりした女神のシュローカに挑戦。本人は苦労したと言っていますが、しっとりした雰囲気も新しい魅力につながるかも。

Photo_26 Kさん。インドっぽい雰囲気にますます磨きがかかります。イメージがつかめたらぐんと伸びそう。

Photo_27 優しげな女らしい雰囲気が魅力のKさん

Photo_28 目指せアランゲトラム。難しい曲に挑戦して新しい自分を再発見して欲しいSさん。鬼軍曹になって挑戦を応援します。up

Photo_29 宇都宮のAWさん。HWさんと二人でパラスティラーナに挑戦。波乱万丈な人生を持ち前のバイタリティーで乗り切るパワフルな方。

Photo_30 同じく宇都宮のHWさん。表情豊かで演技力には定評あり。度胸と愛嬌も・・・・。

Photo_31 最後に皆でシュローカ。先日アランゲトラムを行ったMちゃんを中心に。Mちゃんのアランゲトラムを見て感動した方達がたくさんいました。踊りの仲間達も感銘を受け発奮した様子。up Mちゃん効果・・・。

会の終演後は皆でお茶を・・・。

Photo_32 今日も来てくれました。MYちゃんとK君。餅肌親子。

Photo_34 Nさんから記念品を頂きました。present Nさんとハグ。クールな印象のNさん、こんなに泣くなんて・・・。皆ももらい泣き。weepお母様が愛情のこもった素敵なコメントをくださいました。親子っていいな~。

Photo_33 レフ板に使えそうなキラキラした貝で作られたきれいな絵皿と小箱。大事な物をしまっておこう。heart04

今回もおさらい会を終えて思ったことは踊れる環境にいることのありがたさ。自分自身のことだけでなく家族や事情が許されないと踊り続けることが難しい。いろいろな事情で中断を余儀なくされている方もいつでも戻ってこれるような明かりのともった港でありたい。shine

指導しているのは私だけれど、それぞれ個性的でなんて楽しいの。来年も元気で踊れるように頑張りましょう!

撮影会

アランゲトラムの翌日、昨夜の打ち上げの名残り(もちろんおです。でもインディカ米なのでポロポロしていて掃除しやすい。日本のお米だったら足にベタベタくっついて大変ですね~)が残っていたスタジオで今日は撮影会です。先日皆で踊りに行ったヨガのフェスティバル。あの協会の季刊誌にインド舞踊の話を掲載しているWさんの依頼でMちゃんとKさんの2人をモデルに写真を撮ります。

今回のテーマは神様の結婚heart楽しい話をということでミナクシ女神とシヴァ神の結婚までのいきさつをまとめることに。9月に結婚したばかりのMちゃんにぴったりのお話。

Photo_4 撮影出来るようにサリーーを飾って結婚式場を設営。この後レッスンがあるので早めに来てくれたOさんもお手伝い。部屋をなるべく暗くするためにちょうどまいてきたOさんのショールも裏に張ります。利用できるものは何でも利用の精神で。happy01

Photo_2 本来、式場の四隅にバナナの木を飾りますがバナナの葉で代用。たまたま昨日お祝いに頂いた布製の花輪がさっそく大活躍。

2吉祥のバナナの葉。一枚一枚にいろいろな神様が描かれています。

2_3 シヴァ神からミナクシ女神に結婚の花輪をかけるシーン。 シヴァ神役はクールビューティKさん。ミナクシ女神は初々しい新妻Mちゃん。うっとりするくらいきれいな2人。heart04

2_2 MYさんに頂いた花輪。まさにタイムリーなプレゼントでした。

Photo_3 たくさん写真を撮って皆で記念撮影。お疲れ様。いつも年明けに出版される季刊誌が楽しみです。♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓