« 仮設住宅コンサート | トップページ | 秋の散策 »

アランゲトラムまで1週間

まだまだ先だと思っていたMちゃんのアランゲトラムもいよいよ来週。私も20年前の自分のアランゲトラムを思い出しています。1992年の1月でした。チェンナイのマリナビーチの近くにあるパルタサラティスワミ寺院の中にある古いホールでした。ダシャアヴァターラのカルキ神が御本尊の古いお寺です。

Photo

早く終わってほっとしたいという気持ちと、当日が来なければいいという気持ちが入り乱れて落ち着かない日々でしたね。日本から友人が3人来てくれましたが、私が練習に専念できるよう前日までマドライまで旅行していました。

やっとの思いで迎えた当日。ホールで出している招待状にプログラム時間の記載ミスがあったり、当日の午後大規模なデモがあって交通マヒになったりと、まさに泣きっ面に蜂状態。友人と会場に行って化粧をして待っていても誰も現れず、時間だけがどんどん過ぎていく。化粧が崩れるのも構わず、メエメエ泣いていたら貸切バスで先生たちが到着。日本人は泣き虫だと思われたかも。

化粧は友人が、頭は先生がきれいに結ってくださり何とか支度して舞台に。場当たりなどももちろんなし。まったくのぶっつけ本番。泣いたせいか妙に落ち着いてドキドキした記憶がありません。曲が進むにつれてどんどんテンションが高くなって、あっというまに終わったような・・・。舞台の楽しさ、魔力に引き込まれた瞬間ですね

そのころのインドの舞台では照明に凝るなんて考えたこともない。曲が始まったら明るくなって終わったら暗転。舞台の空間を上手く使おうなんて余裕もないので、きっと真ん中でうろちょろ踊っていたと思います。今考えると、もっといろいろスマートにことを運べばいいのにと思う事ばかりだけれど、あれが私の精一杯だったことは確かです。ちっとも洗練されていなかったけれど。あの舞台がなかったら、こんなに踊り続けていられなかったでしょうね。

今、一人でアランゲトラムという大きな目標に向かっているMちゃん。舞台で踊るのは貴女一人だけれど、仲間が皆応援していますよ。

« 仮設住宅コンサート | トップページ | 秋の散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アランゲトラムまで1週間:

« 仮設住宅コンサート | トップページ | 秋の散策 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓