« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

サニーアベニュー コンサート

sun10月最後の週末。お天気もよく、遠出にぴったり。train 今日は横浜市金沢区でのインド舞踊コンサート。お招きくださったのは地元で活動しているサニーアベニューというグループ。去年開園30周年をお祝いしたフレンド幼稚園の榎並理事の御紹介だそうです。happy01

代表の田内さんとはメールや℡で何度もやり取りをしているので始めてお会いしたのに昔からのお友達のような気に・・・。heart04 田内さんのお人柄ですね。

この会の観客は50代以上の落ち着いた世代の方達だそうです。定員以上にお申し込みがあったそうで嬉しいですね。up 前日から会場設置をなさったそうで、私が11時ころ到着した時には会場はきれいにセッティングされていました。私が持参したサリーを舞台の後ろに飾れば完璧。

今日はスタッフの方達にもサリーを着てもらおうということで4枚持ってきました。忙しくなる前に着付けをしました。rouge

Photo アメリカからの留学生。スタッフのお家にホームスティしているそうで今日はお手伝いに来てくれました。背が高いので縞のサリーがよく似合います。ribbon

Photo_2 美味しそうなお弁当。皆さんの手作り。美味しかった・・・。riceball

Photo_3 舞台の後ろにはサリーが飾られて・・・。開演前にゲストのお話。フレンドの榎並理事です。

Photo_4 プログラムの前にインド舞踊に登場する神様方の御紹介。音響担当の方がシヴァ神のポスターを開いています。

Photo_5 アナンタ竜王の上で寝ているヴィシュヌ神。

Photo_6 シヴァ神のカウットワム。

2 クリシュナ神。

Photo_7 シヴァ神。

Photo_8 休憩の時間にお茶とインドのお菓子でリラックス。SOAN PAPTI 甘くてサクサク。初めて体験するインドの味に皆さん大喜び。cafe 一人分ずつ小分けのパックに詰め替えて食べやすくサービスされました。田内さん、ピンクのサリーがお似合い。happy01

Photo_9 SOAN PAPTI 大好評。

Photo_10 私も皆さんとおしゃべりを楽しみました。

Photo_16 和子さんと知子さん。

Photo_14 日本語が上手。

Photo_12 神様のポスターを回しました。

021 後半はクリシュナミナクシの楽しい曲を選びました。お話がよくわかって面白かったと行ってくださる方も。

Photo_11 終演後、皆さまとnotes記念撮影。

042 サニーアベニューのスタッフの方達と。

Photo_15 楽しい会をありがとう!

水上フェスティバルダンサーズ

秋晴れの土曜日。sun 今日は水上でヨガのフェスティバルが開催されました。この日のために編成された舞踊団の晴れ舞台。カリキュラムの間の1時間をインド舞踊のプログラムに割いていただきました。メンバーの中でも協会の先生方は朝から現地入りしているので私と高碕組は午後待ち合わせをしてSさんの車で水上へ。高速も空いていたので思ったより早く会場のホテルに到着。

Photo 車から荷物をおろしていたらゴルフ場で見かけるよなカートでお迎えに。まるでオートリキシャを広くしたような感じで皆大喜び。

今回は予想以上の参加があったそうで、すでに会場は熱気にあふれていました。heart02 控室にはすでに北群馬の先生方がいらしていました。出演時間まで2時間半あるので余裕で支度ができます。おまけに強力な助っ人、ビューティアドバイザーの佐々木さんもいるので安心。happy01

舞台に立つ人間にとってこのメイクしている時間というのは気持をどんどん盛り上げて、役になりきるための大事な時間。皆で天界の踊り子アプサラスになりきりましょう。

Photo_2 開演の御挨拶。

Photo_3 Wさんの司会で神々の紹介。

Photo_4 観客も一緒にシュローカを踊りました。

Photo_5 会場がうねりました。

Photo_6 1曲目はプシュパンジャリ。

Photo_7 ボーシャンボー。

Photo_8 カウットワム。

Photo_9 マトゥラナガリロ。可愛い人妻?

Photo_10 間は飛ばしてお別れの曲。会長を舞台にお呼びして皆でフィナーレ。大盛り上がりです。

039 舞踊団の記念撮影。

2 久しぶりにお目にかかった先生方と。

Photo_11 今回お会いできてとても嬉しかったT先生。相変わらずお美しくてうっとり。

楽しみにしていたプログラムも無事終了。素敵な機会を与えてくださって感謝いたします。特別編成の舞踊団でしたが、また何かあったら御一緒しましょう。楽しかったですね。

044

パリからのお客様

002 今日はスタジオにパリからのお客様を迎えました。heart 真ん中の女性まりほさんはフランス人の御主人と結婚して30年近くフランスに在住。久しぶりの里帰り。隣の方は昔の職場の仲間で昼間合う約束があったのでそのまま一緒に遊びに来ました。この方は40日間の有給休暇を職場で勝ち取ったことがある企業戦士?です。その休暇でヨーロッパへ行ったそうです。

まりほさん夫婦は運転免許をバンコクで買ったという怖い話をしてくれました。car そのまりほさん達にヨーロッパを車で旅しながら実施で運転を教えたという方。もちろんその後、職場復帰。現在もバリバリ。

まりほさんとはメール友達です。そもそも、パリでインド舞踊を始めたまりほさんが御実家のお父様に何かインド舞踊の本を送ってと頼み、お父様が選んで送ったのが私の本でした。book筆者の住所があったので読後感を送ってくれたのが文通の始まり。mail それからメールになってお会いするのは今回が2回目。

前回は中学生のお嬢さんとバイオリンの先生をしている御主人も一緒にスタジオに遊びに来てくれました。今回は一人で帰国したそうです。1週間のお休み。airplane

まりほさんは若いころ前の御主人(この方もフランス人)と世界中バックパッカーで歩いたそうでインドにも3回行ったそうです。最近はインドへ行っていないので行きたいと言っていました。特に私が年末のチェンナイの芸術祭の話をしたらよだれをたらさんばかり。

パリの教室の話や先生のくせ、今習っている曲の話などで盛り上がりました。以前習っていたアルマ先生は伝説のダンサー、ラーム・ゴパールのお弟子さんだったそうで現在80歳代とか。現役で教えていらっしゃそうですごい。アダウよりもダンサーの身体を作る独特のワークをやっていてあまりアダウをやらなかったそうです。現在の先生はバシバシとアダウをやらせるそうです。フランス人、日本人、韓国人、中国人、ベトナム人などが習いに来ているそう。ベトナム人の男性が踊る切れのいいダンスを見たそうです。

ラーム・ゴパールもインドとミャンマーのハーフでしなやかな身体と切れのいい動きだったのではないかしら。余談ですが、まりほさん達の会社に、実は私も就職試験で行ったことがあります。同じ頃にヨガ協会の面接もあって最終的にヨガにひかれてそちらを選びました。それからインド舞踊を始めたので、あの時にNTTにいっていたらまるっきり違う人生だったのでしょうね。sign03

午後の楽しいひとときでした。

秋晴れの朝

Img2 夏から練習に励んでいた水上のフェスティバルもいよいよ明日になりました。お天気もよさそう。水上あたりは、もう紅葉も始まっているかもしれませんね。maple

先日高碕のKさんからのメールに添付してあったインド舞踊のフライヤー原稿。松嶌会長手作りのよう。コメントを読ませていただき、思わず吹き出してしまいました。会長独特のユーモアにあふれた暖かい言葉。happy01

さあ、スペシャルユニットを組んだMinakami Festival Dancers も大いに張り切って、楽しい時間を皆さまと共有できるように。note

準備は出来た?

第二回公演の様子

サリーショーも無事、大好評のうちに終了。正直、企画した私のほうがこんなにモデルさん達がサリーが似合って、しかも堂々としていたのでびっくり。恐るべし群馬の女。heart04

板橋さんからサリーショーが終わっても第二回公演があるので席を立たないでねとアナウンス。板橋さんに言われたら誰も席を立ちません。dog

Photo_26 1曲目はプシュパンジャリC

Photo_27 ガネーシャ神に祈ります。

Photo_28 シヴァのカウットワム。たくさんオーヴが遊びに来ました。

Photo_29

Photo_30 左右対称に踊るジャティシュワラム

Photo_31

Photo_32 ナームカナーヤキ。息もぴったり。

Photo_33

Photo_34 ヴィシュヌ・カウットワム。緊張する瞬間。

Photo_35 パラス・ティラーナ。最近の皆のお気に入り。

Photo_36

Photo_37 弾けてガーナマレィ

Photo_38 芝生に飛び出して・・・。

Photo_39 ンガラム。ありがとうございました。

Photo_44

Photo_40 恒例のダンサー集合写真。

Photo_45 モデルさん達も集合。

Photo_41 スタッフも集合。お疲れ様でした。

朝のうちは空が心配でしたが、嘘のようにすっきりとさわやかなお天気になって、たくさんの方に楽しんでいただけました。happy01 改めてスタッフの皆様。モデルで参加してくれた皆様。大切な品物を預けてくださったお店の皆さま。観音山のスタッフの皆さま。暑い中最後までご覧くださった皆様。ありがとうございます。また一緒に楽しむ機会を作りたいと思いますので、その時もよろしくお願いしますね。note

インド祭り in 観音山

10月7日。目が覚めて窓の外を見たら何と雨。rain予報では明け方にはやむことになっていたのに・・・。晴れ女の栄光も今日までか。weep 家を出る時間になっても、大宮についても雨。

Photo 雨のホームは淋しい・・・。考えてもしょうがないので新幹線の中でひと寝入り。

Photo_2 高碕に着いたらやんでいました。happy01 時々晴れ間も。sun

Photo_3 ビニールがかかっているので舞台は大丈夫。

Photo_4 イベントの前の静けさ・・・。

2 いつもは舞台になる交流室が今日はバザーに。出店の準備中。奥の仕切りの向こうはファッションショーの控室。モデルさん達も三々五々集まってきました。ヘアメイク担当の佐々木さんもう仕事を始めています。着付けは宇都宮からの助っ人Wさんと我らがメンバーCSさん。私達もメイクにかからないと。rouge

Photo 今日は12時からと14時からの2回公演。1回目の公演スタート時にはさわやかな青空が祝福してくれました。プシュパンジャリから始まります。

Photo_3 ディーヴァアンジャリ。日差しがまぶしいけれど、吹き抜ける風が気持ちよい。屋外の醍醐味。

Photo_4 ガナパティ・カウットワム

065 森で遊ぼう・・・。ブリンダーヴァンの森で。

2 ナッタナ・セイユン

Photo_6 お客様も日差しをよけるため帽子や布をかぶって。sun

Photo_7 舞台から見た観客席。ヒンドゥラーム・ティラーナ。視界が広くて踊っていて楽しい。

Photo_8 一部の最後はシヴァシュローカ。和やかに第一部終了。

二回目の公演の前にサリーショーがあるので急いでモデル控室に。皆さん着付けが終わって出番待ち。スタッフの皆さんが腕によりをかけてチャーミングに着つけてくれていました。私は柚里香ちゃん一人着せるだけ。ありがたい。note

インディアンバザールもたくさん人が集まって何やら賑やか。カレー風味の唐揚げやさん早くも売り切れ。カブリナンも人気。委託で出してくれたコラボさんのショールも人気。タロット占いにも人だかりできています。怪しいアジアン雑貨ラクシュミーの店先も品物がだいぶ売れている様子。モデルに応募してくれた猪熊さんが店主の手作りアクセサリーも売れいき上々。美紗子ちゃんがバザールの管理をしてくれるので委託も安心。皆が楽しそうに集まっているのは見ていても気持ちがいい。どうなるかと心配したけれどやってよかった。up

13時30分。取り仕切りの名人、司会の板橋さんがきちんと舞台監督も務めてくれるので進行もスムーズ。いよいよファッションショーの始まりです。

Photo_9 晴れやかな笑顔の千晴さん。2年前にインドで買った素敵な黒いサリーがお似合い。踊る時よりもドキドキしたそうです。今回はスタッフとして大活躍。

Photo_10 いつも優しい長谷川久恵さん。上品なローズピンクのサリーがとても素敵。

Photo_11 アクティブな猪熊さんには黄色と赤の大胆な格子がお似合い。

Photo_12 ミステリアスな深沢さんにはローヤルブルーのサリーがぴったり。

Photo_13 笑顔の素敵な奈緒さんはアイボリーにクラシックなプリントがお似合い。

Photo_14 スポーツウーマンの武正さん。鮮やかなピンクがお似合い。

Photo_15 華やかなマダム金井にはゴージャスなザリ刺繍(金糸刺繍)がぴったり。

Photo_16 いつも楽しい長井さん。髪型もバッチリ決まってサリーを着こなしているのはさすが。

Photo_17 可愛い反町さん。グリーンのサリーが妖精のよう。

Photo_18 しとやかな中曽根さん。タッサーシルクに刺繍のサリーがぴったり。

Photo_19 ムードのある鈴木さん。ミントグリーンの透け感のあるサリーがお似合い。

Photo_20 現役小学生の柚里香ちゃん。白い紗の生地に花の刺繍が可愛いサリーをグジャラートスタイルで着こなしています。

Photo_21 最後に観客の方からモデルさんをお願いしてサリーの着付け実演。サリーの長さも実感してもらいます。

Photo_22 洋服の上から来てもらいましたがなかなかいいでしょう。

Photo_23 エスコートボーイは音響でも大活躍、木暮紀樹君。

Photo_24 もう一人のエスコートボーイは弟の木暮雅樹君。

Photo_25 控室でほっとして。heart

今回サリーを準備する段階で私があったことのないモデルさんもいました。イメージを伺ってサリーを選んでみました。boutique 小学生から御年輩の方まで、小柄な方も大柄な方もそれぞれの方が上手に着こなしていて私のほうがびっくり。ヽ(´▽`)/ 改めてサリーって素敵な民族衣装だなと実感。ヘアメイク担当の佐々木さん、サリーの色にあったアクセサリーをすべてのモデルさん用に作ってくれました。細やかで素敵なセンスのおかげですね。shineなんだかサリーを着て出かけたくなりました。

二部の様子はまた明日。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓