« アランゲトラムのお知らせ | トップページ | 第二回公演の様子 »

インド祭り in 観音山

10月7日。目が覚めて窓の外を見たら何と雨。予報では明け方にはやむことになっていたのに・・・。晴れ女の栄光も今日までか。 家を出る時間になっても、大宮についても雨。

Photo 雨のホームは淋しい・・・。考えてもしょうがないので新幹線の中でひと寝入り。

Photo_2 高碕に着いたらやんでいました。 時々晴れ間も。

Photo_3 ビニールがかかっているので舞台は大丈夫。

Photo_4 イベントの前の静けさ・・・。

2 いつもは舞台になる交流室が今日はバザーに。出店の準備中。奥の仕切りの向こうはファッションショーの控室。モデルさん達も三々五々集まってきました。ヘアメイク担当の佐々木さんもう仕事を始めています。着付けは宇都宮からの助っ人Wさんと我らがメンバーCSさん。私達もメイクにかからないと。

Photo 今日は12時からと14時からの2回公演。1回目の公演スタート時にはさわやかな青空が祝福してくれました。プシュパンジャリから始まります。

Photo_3 ディーヴァアンジャリ。日差しがまぶしいけれど、吹き抜ける風が気持ちよい。屋外の醍醐味。

Photo_4 ガナパティ・カウットワム

065 森で遊ぼう・・・。ブリンダーヴァンの森で。

2 ナッタナ・セイユン

Photo_6 お客様も日差しをよけるため帽子や布をかぶって。

Photo_7 舞台から見た観客席。ヒンドゥラーム・ティラーナ。視界が広くて踊っていて楽しい。

Photo_8 一部の最後はシヴァシュローカ。和やかに第一部終了。

二回目の公演の前にサリーショーがあるので急いでモデル控室に。皆さん着付けが終わって出番待ち。スタッフの皆さんが腕によりをかけてチャーミングに着つけてくれていました。私は柚里香ちゃん一人着せるだけ。ありがたい。

インディアンバザールもたくさん人が集まって何やら賑やか。カレー風味の唐揚げやさん早くも売り切れ。カブリナンも人気。委託で出してくれたコラボさんのショールも人気。タロット占いにも人だかりできています。怪しいアジアン雑貨ラクシュミーの店先も品物がだいぶ売れている様子。モデルに応募してくれた猪熊さんが店主の手作りアクセサリーも売れいき上々。美紗子ちゃんがバザールの管理をしてくれるので委託も安心。皆が楽しそうに集まっているのは見ていても気持ちがいい。どうなるかと心配したけれどやってよかった。

13時30分。取り仕切りの名人、司会の板橋さんがきちんと舞台監督も務めてくれるので進行もスムーズ。いよいよファッションショーの始まりです。

Photo_9 晴れやかな笑顔の千晴さん。2年前にインドで買った素敵な黒いサリーがお似合い。踊る時よりもドキドキしたそうです。今回はスタッフとして大活躍。

Photo_10 いつも優しい長谷川久恵さん。上品なローズピンクのサリーがとても素敵。

Photo_11 アクティブな猪熊さんには黄色と赤の大胆な格子がお似合い。

Photo_12 ミステリアスな深沢さんにはローヤルブルーのサリーがぴったり。

Photo_13 笑顔の素敵な奈緒さんはアイボリーにクラシックなプリントがお似合い。

Photo_14 スポーツウーマンの武正さん。鮮やかなピンクがお似合い。

Photo_15 華やかなマダム金井にはゴージャスなザリ刺繍(金糸刺繍)がぴったり。

Photo_16 いつも楽しい長井さん。髪型もバッチリ決まってサリーを着こなしているのはさすが。

Photo_17 可愛い反町さん。グリーンのサリーが妖精のよう。

Photo_18 しとやかな中曽根さん。タッサーシルクに刺繍のサリーがぴったり。

Photo_19 ムードのある鈴木さん。ミントグリーンの透け感のあるサリーがお似合い。

Photo_20 現役小学生の柚里香ちゃん。白い紗の生地に花の刺繍が可愛いサリーをグジャラートスタイルで着こなしています。

Photo_21 最後に観客の方からモデルさんをお願いしてサリーの着付け実演。サリーの長さも実感してもらいます。

Photo_22 洋服の上から来てもらいましたがなかなかいいでしょう。

Photo_23 エスコートボーイは音響でも大活躍、木暮紀樹君。

Photo_24 もう一人のエスコートボーイは弟の木暮雅樹君。

Photo_25 控室でほっとして。

今回サリーを準備する段階で私があったことのないモデルさんもいました。イメージを伺ってサリーを選んでみました。 小学生から御年輩の方まで、小柄な方も大柄な方もそれぞれの方が上手に着こなしていて私のほうがびっくり。ヽ(´▽`)/ 改めてサリーって素敵な民族衣装だなと実感。ヘアメイク担当の佐々木さん、サリーの色にあったアクセサリーをすべてのモデルさん用に作ってくれました。細やかで素敵なセンスのおかげですね。なんだかサリーを着て出かけたくなりました。

二部の様子はまた明日。

« アランゲトラムのお知らせ | トップページ | 第二回公演の様子 »

コメント

またまた、お邪魔しました。ほんとにサリーの色素敵ですね。
この年になると(還暦人)明るい色が目につきます。
都城市から羨望の目です。

     鈴ちゃんへいつもありがとう!

インドでは御年輩の女性もとてもきれいな色を着ます。肌が明るく見えていいですよね。私も被弾切る服は黒っぽいものを選んでしまうので、せめて衣裳やサリーは普段着ない色で楽しみます。
民族衣装は女性皆、きれいに見せてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インド祭り in 観音山:

« アランゲトラムのお知らせ | トップページ | 第二回公演の様子 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓