« 踊り継がれて行くこと | トップページ | 久しぶに堪能・・・ »

祈りの刻 回廊を巡るように・・・

8月5日、日曜日。今日も朝から太陽が輝いています。今年の6月に久しぶりに再開したインド舞踊の会「一緒にお茶を

早くも再開2回目を迎えます。今回の会場は記念すべき第1回を行った吉祥寺のコミュニティセンター九浦の家(きゅうほのいえ)です。今回一緒に企画したのはクチプディの渡辺桂子。はるか昔、この九浦の家で一緒に練習をしていた仲間でもあります。インドでも御縁を重ね,その流れで今回の楽しい企画に。

踊りを見て、南インドの夕暮れの風に当たりながら、お寺に参拝するような感じを味わって欲しい・・・これが2人の描いたイメージです。

いろいろ制約はあるけれど、九浦の家はなかなか味わいのある会場です。ここを皆の力でイメージの寺院に仕上げていきます。

001 ここが入口です。緑の中で気持のよい空間。

005 ホールへ続く廊下。数時間後には回廊に。

018 お寺に入って最初に私達を迎えてくださるガネーシャ様。

020 会場も綺麗に整えられました。ガムテープを持って、まだ思案している飾りつけ担当の染色家KK.

008 受付も出来て・・・。

029 本日の受付嬢達。

026 開演前。窓からの眺めも素敵。

036 ガネーシャ様へのプージャが始まって回廊巡りも始まります・・・オーヴも集まってきました。

回廊を巡るように・・・お寺の入口で靴を預け、ココナッツと花のお供えを手に寺院の中へ脚を踏み入れた皆さま。これから順に回廊を巡ってまいりましょう。最初に災いを除去してくれる幸運の神様ガネーシャ神に迎えられます。次の祠にいらっしゃるのは死者の魂に寄り添い天国へ伴うシヴァ神。隣の祠には女神が微笑みを浮かべて座っていらっしゃいます。

微笑みに導かれて本堂に赴くと修行者の王、シヴァ神が蓬髪の中から天界の川がんじすを地上に降下させているお姿が・・・。

迷い込んだ森の中ではクリシュナ神と恋人のラーダが愛の歌を踊っています。夢から覚めたように、ふと気がつくと少女達の歓声が。いよいよ御本尊の登場です。皆で灯明を祀って神様をお迎えしましょう・・・。祈りの刻

最初の曲はクチプディのアーナンダ・ナッタナ・ガナパティ.。歓喜の舞を踊る象頭の髪ガネーシャ神に深く心を集中します・・・。

Photo

099 2曲目はバラタナティアムのイーササンディ・カウットワム。カーシー(バラナシ)のシヴァ神を讃えています。

1033曲目はたおやかな女神を讃える曲ランジャニ。

4曲目はクチプディのタランガ。コンサートのメインになる曲でバラタだとヴァルナムに当たります。バギラタ王の苦行により天界のガンジス河が地上に降下する神話が踊られます。そして後半にプレートに乗り複雑なステップを刻むという、クチプディの魅力が満載された素敵な曲です。

Photo_2

300 5曲目はバラタでダナシュリー・ティラーナ。ナガラジャン先生にお願いして振りつけていただいた大好きな曲。冒頭のシュローカが素敵です。

320 ティラーナはクリシュナ神への讃歌。

Photo アーラティ。亀と猪。アバターラのパートです。

最後に2人で踊ったのがアーラティ。灯明をヴィシュヌ神に捧げて礼拝するクチプディの曲。前半に桂子さんが神を讃え踊ります。後半に私がベンカテーシュ神(ヴィシュヌ神)の姿をお借りして登場。そこへ少女たちがランプを捧げて礼拝。2人でヴィシュヌ神のアバターラ(10変化)を交互に見せて短いジャーティで終わります。この曲でクチプディとバラタなティアムを初めて一緒に踊りました。反応はどうでしょうか・・・。アンケートを読ませていただくと好意的なものが多く安心しました。

終演後は皆さまと楽しく語り合い。カレーの伝道師・渡辺玲氏の美味しいチャイを頂きました。

424 今回の企画が出来たきっかけなどをご紹介。

Photo_2 皆で記念写真。懐かしい会場に懐かしい顔もたくさんで楽しい会でした。写真は部屋が横長で1回に入らないので区切ってつなげようという苦肉の策。皆さまお付き合いくださってありがとう。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

003 ここが調理室。

2 私達が写真で盛り上がっている間に調理室ではチャイガールズ達がお茶を温めていました。

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9私がインド舞踊を始めた頃、アメリカ留学から戻って大きな組織を継ぐという重責につかれたM会長。関東と関西、お互いエールを交換するような気持でそれぞれの道を歩いてきました。久しぶりにお目にかかれて嬉しかったです。

今回、初めてクチプディと共演しました。桂子さんという魅力的なダンサーと意見を交わして改めてインド舞踊の奥行きの深さに感嘆。気がつくことが多くいい経験になりました。協力してくれた皆さんありがとう。

Photo_10 宴の後。

« 踊り継がれて行くこと | トップページ | 久しぶに堪能・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの刻 回廊を巡るように・・・:

« 踊り継がれて行くこと | トップページ | 久しぶに堪能・・・ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓