« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

前を向いて

今日は宇都宮のクラス。いつも使っている公民館の天井が震災の影響(?)で剥落したそうで別の公民館へ。大きな施設で使い易いけれど、利用者も多いので競争が激しいそうです。

御主人の突然の死からまだ3週間ちょっと。でもWさんは前を向いて歩き始めました。仕事も少しずつ再開。インド舞踊も今日から思いを新たに参加してくれました。

先日はAさんと前橋まで受付の仕事で駆けつけてくれたSさん。観音山のチャリティーTシャツを着ていました。t-shirt 手伝いに来てくれて協力もしてくれてありがとう。Aさんはエコバッグを買ってくれたそうです。親戚一同お揃いのTシャツを買ってくれたという生徒さんもいましたね。

タッタアダウ、ナッタアダウ、ティルマナアダウ、新人のKさんもひたいに汗して頑張っています。sweat01今日は彼女が覚えたいと言っていたシヴァ神のシュローカをおさらい。

Wさん達はパラス・ティラーナの後半まで進みました。コンサートに参加したSさんはミナクシ・ターィエをまだ覚えていなかったので長い曲に入る前に挑戦。一人ひとりが自分の美しい動きを発見できるといいですね。heart04

途中栃木名物の雷が。thunderひと雨降って涼しくなりました。rain いい汗をかいた後、皆でお茶を。Wさんの御主人の思い出をたくさん聞きました。亡くなった直後は何が何やら混乱して大変だったと思います。喪主としてやらなければいけないことが多すぎてパニックになりそうだったといいます。御主人の服などを見ると思いだすし、亡くなった日が雨だったので雨が切ないとも。たくさん思い出を語って、泣いて、皆で御主人を偲びました。

仕事もインド舞踊ももっと頑張って、第二の人生を輝かせると皆の前で宣言。upしっかり前を向いて歩いて、先に逝ってしまった御主人へのお土産話をたくさん作ってください。いつか笑顔で思い出を話せる時がきます。皆がそれぞれ自分の人生を輝かせられたら素敵ですね。なりたい自分をイメージして。これって踊りと一緒。こう踊りたいという自分の姿をイメージすると新しい自分が発見できる。鏡の前で笑ってみよう!

異文化交流

今日は蕨駅前のくるるで日舞の師匠をしている友人田中ケイ子が主催した会で踊ってきました。2005年に彼女が開催した踊りの会のゲストで踊ってからのお付き合い。ソプラノの今泉えりこと「三人で・・・」と称した会を何回かやって今日につながっています。

日舞、声楽、インド舞踊それぞれの芸能によって表面に現れるものだjけではない文化の違いを垣間見ることが出来てとても興味深いお付きあいをさせてもらっています。師弟関係、お稽古の仕方、発表方法、プログラムの立て方、曲へのアプローチ等々。 

ケイ子さんは若いころ宗家のカバン持ちをしながらしごかれて来たそうで、一筋縄ではいかない強い根性を優しい顔の裏に隠しています。えりこさんは幼稚園児から高校生、ご年配の方々に声楽、ボイストレーニング等を教えているので幅広い世代の生徒さんと付き合っています。

田中さんのびっくりな日舞の裏話や、えりこさんのオペラに挑戦した話。違うジャンルなので遠慮なく聞けるところが面白い。会の時はそれぞれの衣裳や化粧も興味深々。

Photo 着物美人4人衆。右から二番目が田中さん。門弟の方々と。六つのころから習っている方もいるそうです。

Photo_2 ソプラノのえりこさん(オレンジ色のドレス)と伴奏のさやかさん。

Photo_3 司会の北川さんと。彼女は着付けの師範でタスキをかけて皆の着付けをやっていました。りりしい姿でした。

今日私が踊ったのはマトゥラ・ナガリロとダナシュリー・ティラーナ。群馬会館でWさんが踊る予定だったマトゥラ・ナガリロ。いろいろな思いを込めたくて選曲してみました。実は発表するのは初めて。こういうパダムは踊っていて楽しいけれど、燃焼しきれないところがあってやはり難しい。Wさんはいい味出していたなと思います。いい味と言えば、北川さん。ナレーション原稿を恥ずかしくてとても読めないと言っていたのに、いざ本番になると情感たっぷりで板付きで待っていた私のほうがびっくり。上手かった。

Photo_4 爪美人。えりこさんのお嬢さんはネイル・アーティストだそうで昨夜作ってもらったゴージャスな爪。でもコンサートの時だけなので両面テープで装着。綺麗だけれどアルタを塗った赤い指先のほうが素敵と思う私達。

Photo_5 本日の出演者。お疲れ様。

コンサート当日

今朝は9時半集合。キラキラ輝く日の始まり。建物の顔である正面玄関を撮影。sun

Photo 古い建物はいい建材を使っていますね。大理石も素敵。趣があります。

Photo_2 さりげないステンドグラスや照明器具がレトロな雰囲気を出しています。

Photo_3 朝の光の中、受付周りを撮影。シーンと静まり返った空間が余計、これから数時間後の熱気を想像させます。

Photo_4 ベランダへ出る大きな窓がとても素敵です。朝の光を通してサリーが優しいニュアンスを醸し出しています。

Photo_5 階段の踊り場に赤いステンドグラス。

Photo_6 反対側の階段の踊り場は青いステンドグラス。

Photo_17 今回のプログラムの表紙。

Photo_7 終演後のロビー。朝の静寂と反対に活気のある風景。たくさんのお客様がいらしてくださいました。note

Photo_8 プシュパムのメンバーKさんの御家族と。だいご君は幼稚園の時からメンバーとなかよし。

Photo_9 結婚して愛知に住んでいる元メンバーIちゃんがはるばる駆けつけてくれました。もうすぐママになるMちゃんと一緒に。

Photo_10 栃木市から来てくれたY君。彼もダンサーです。繊細な彼はこの素敵な建物をとても気に入った様子。

Photo_11 横浜から来てくれたYさんとみさちゃん。ちょっとした旅行気分。

Photo_12 Sさんの御家族も宇都宮から駆けつけてくれました。

Photo_13 恒例の集合写真です。お客様をお見送り。この写真撮影のあと怒涛のように30分で着替え。撤収をしなければなりません。忙しい。run

Photo_14 撤収も無事終了。今夜のお疲れ様会は近くのローヤルホテルの中華です。中央の方がナレーションのIさん、その左隣が照明を担当してくれたSさん。お二人ともお疲れ様でした。

Photo_15 受付を手伝ってくれたTさんとTちゃん。ありがとうございました。

Photo_16 音響を担当してくれたK君が奥に。頼もしい存在。

この会が10年という節目をを迎えることができたのも、ただ一人の発足メンバーであるKさんの存在が大きい。明るくて、暖かく、公平で、率先して仕事をします。なによりも皆を楽しませてくれます。

Photo_18 メンバーからkさんへの感謝の気持ちをこめて花束が。嬉しいハプニング。もらう人もあげる人達も皆素敵。涙でぐしゃぐしゃになったKさん。写真のせてごめんね。weep

Photo_19 そしてこれは私の宝物になったフォトアルバム。高碕教室の10年の歩みをアルバムにしてプレゼントしてもらいました。

8年前の年輪ピック(この群馬会館で1時間の枠でコンサートを行いました。)の写真から始まって公民館まつりや県民フェスタ。学園祭。子供インド舞踊教室の様子。それぞれのグングル・プージャー。観音山で行った3回のコンサート。川口リリア、内幸町ホール。くるる等のコンサート。改めてたどると懐かしく、その時々で誰もが一生懸命でした。「高碕バラタナティアムの会」という小さなボートに乗っているプシュパム達。その時々でメンバーは変わっても波を乗り越え進んでいく気持ちは同じ。追い風の時も、荒波の時も、凪の時も志を高く持って挑みましょう。そして先人たちから託された心を踊り継いで、後輩に渡して行こうと改めて思いました。

いいコンサートになりましたね。ありがとうございます。note

リハーサル風景

Photo Photo_10 群馬会館の緞帳です。event 5月19日午後6時。これから照明を作っていただいてからリハーサルです。作るまで1時間半くらいかかるとのこと。その間に我々は受付周りを作ることに。

Photo_2 舞姫たちも今夜はガテン系。dogサリーを窓枠に飾ります。釘はもちろんテープも使用禁止。

Photo_3 ベランダを挟んで対になっている窓に色違いのおそろいのサリーを飾ります。正面のベランダにはオリッサのシルクサリーとメンバーのSさんがたまたま今夜持っていたドゥパタを飾りました。明日返すからね。happy01

Photo_4 正面の壁には黒いサリーとピンクのサリー。テーブルはキラキラの付いた黒いコットン。インドのサリー屋さんでありったけ買ってきたもの。

Photo_5 観音山FPが制作した東北支援のTシャツとバッグt-shirt デザインがなかなかしゃれているので売れるといいな。ちなみに1枚ごとに500円寄付出来ます。子供用のTシャツが特に可愛い。

Photo_6 私達の作業が終わったころ、照明の作業も終了。リハーサルの開始。プシュパンジャリから。

Photo_7 多面性の魅力にあふれた女神の曲。

Photo_8 ジャティシュワラム。

Photo_9 リハーサル終了。何やかやで10時になってしまいました。やれるだけのことはやったのだから、今夜はよく寝てまた明日。本番頑張るぞ!

Photo_11 今夜の宿泊はここ。hotel なんと驚きの2980円。リーズナブルで居心地も良い。明日のために早く寝よう。happy01

ありがとうございました。

Photo 2012年5月20日。まさにインド舞踊日和。当日までいろいろなことが重なりましたが本日無事コンサートを行えました。heart04たくさんのお客様にいらしていただき感謝いたします。この気持を伝えたくて取り急ぎご報告いたします。追ってリハーサルの様子などお知らせいたしますね。

Photo_2 皆の晴れやかな顔を見てください。終わりよければすべてよし。苦労したことは忘れて、楽しかったことだけを覚えているメンバーです。御来場くださった皆様。いつも応援してくださる皆様。支えてくださる家族の皆様。ありがとうございます。私達はこれからも心を踊り継いでいきたいと思います。

フォーメーションをいくつか変更

今夜Uさんが高碕出張の帰りにお稽古に来たので早速フォーメーションを変更してみました。明日現場で変更していくと練習時間が少なくなるので今日来てもらえてよかった。K・バジャン、HさんのパートをUさんにやってもらうことにしました。エピソードの場面、大いに芝居を楽しんで!

では皆さん、明日明後日と楽しもうね。

緊急連絡ー2

13日に舞台稽古を行って、それぞれ思うことも多かったと思います。すべてのことに通じるけれど練習は裏切りません。イベントなどのニンジンがなくても走れる馬になりましょう。結局走れる馬は何があってもあわてず走れます。

三日後に本番を迎えるプシュパムにまた残念な話しがあります。Hさんのお母様の眼の具合が悪く、緊急入院しました。皆も知っているけれど今年の春から福岡に移転。Hさんがこちらに来ている時はお母様が福岡に行って息子R君の面倒を見ていました。急なことでHさんも訳が解らない分不安だと思います。御夫婦そろって日本中を飛び回っていたHさん。安心して留守にできたのはお母様の存在が大きいです。すぐに福岡に戻らなければならないので本当に残念ですが公演に参加できなくなりました。

Hさんは発足のメンバーではないけれど、メンバーの中でも長いキャリアがあります。表情がとても豊かで、一緒に踊っているとこちらもワクワクしてきます。細く長くこれからもインド舞踊を続けたいと語っています。でも今までのようにいろいろなイベントに参加できなくなるので今回の10周年記念コンサートは本当に楽しみにしていたのです。心中を思うと切ないです。現在お母様は抗生物質を投与して安静にしているそうです。様子を見て福岡、もしくは群馬で手術ということになるのだと思います。

今回の私達のテーマ「踊り継ぐ心 踊り継がれる愛」 幾世期も踊り継がれてきたその裏には踊れない時に、今踊れる人に心を託すというシーンが沢山あったと思います。HさんもWさんも今までのように踊りたかったと思います。

私達は踊れる状態にいることを感謝して、今回2人から託された心をしっかり受け止めて踊り継いでいきましょう。19日にもう一度舞台稽古が出来るのでその時にフォーメーションのチェンジなど確認します。一人ひとりが責任を持って踊れるように頑張りましょう。up

私が逝くまで隣を空けて待っていてね・・・

Wさんから御会葬御礼が届きました。まず目に飛び込んだこの言葉。中に綴られていたのは御主人に対する思いと感謝にあふれた言葉でした。とても率直に語られていて感動しました。こんな深いきずなで結ばれていた御主人はこれからもずーっと見守ってくれますよ。「いつも前向きだった主人を悲しませないように、私もゆっくりとまた歩き始めます。」と、私信に書いてありました。

私達インド舞踊の仲間もいつもそばにいますからね。大いに泣いて、淋しいと言ってください。何も出来ないけれどそばにいますから。27日の練習に参加出来るそうです。身体を動かしてひとときでも淋しさを和らげて欲しいと思います。Wさんの踊りを楽しみにしている人たちがたくさんいますよ!

ジーフェイスで女子会

Photo 舞台稽古が終わって気持のいい夕方。会館の向かいが県庁。おしゃれなカフェがあるというので打ち合わせに残ったメンバーで行ってみました。

Photo_2 古い建築大好き人間なので期待でワクワク。Gface。群馬の顔・・・?

Photo_3 白い漆喰塗のおしゃれな内装。大きな窓が印象的。ウィーンのコーヒー文化を基に作られたカフェだそうです。ピアノがあってライブができます。

夕方なので私達だけ。広い店内を貸し切り状態。コーヒーと抹茶パフェを注文。

Photo_9 シャーベット状にしたコーヒーにコーヒーを注ぐアイスコーヒー。普通氷が溶けると薄くなるけれど、これだといつまでも美味しい。さすがコーヒー文化。

Photo_10 これが抹茶パフェ。小ぶりで小粋。珈琲もとても美味しい。cafe久しぶりに群馬に帰って来たさん。照明操作を担当してくれるさん。まとめ役のさん。皆ここははじめてだそうです。また来たくなるいい雰囲気。Hさんが現在住んでいる九州の話。ヨガの話。断食の話などで女子会大盛り上がり。heart02閉店時間をとっくに過ぎていたのに気がつかずごめんなさい。punch いやな顔も見せず、最後にちゃんと葉っぱで入れた中国茶をサーブしてくれました。japanesetea久しぶりに皆でゆったりできて疲れも取れました。ご馳走様。happy01

舞台稽古

Photo 本番1週間前の舞台稽古です。群馬会館の周りは県庁や県警などの官庁街。道幅も広くゆったりしています。建物が統一されていて綺麗です。

Photo_2 こちらは事務室側の出入り口。当日お客様は反対側の表玄関からいらっしゃいます。

Photo_3 催し物インフォメーションにチラシが提示されていました。

Photo_4 スポットの大きさを試しているところ。shineやはり舞台で練習すると気合と緊張感がいつもよりまして快感です。

Photo_5 照明担当の方がとても熱心にいろいろ試してくださるのでどんな舞台になるか楽しみになってきました。happy01 昨年の秋に企画して、半年前に会場を押さえ、いろいろ準備してきました。run 途中気持が萎えたり、悲しいことがあったりしましたが、どうにか乗り越えて皆でここまで来ました。力を出し切るとまた新しいエネルギーが生まれます。20日に気持ち良く今持っているエネルギーを燃焼しましょう。up











ひと風呂浴びる?

今日は姉に誘われて映画を見てきました。マンガをあまり読まないので原作は知らなかったけれど先日新聞に何ページも使った宣伝を目にしていたので名前は知っていました「テルマエ・ロマエラテン語でローマのお風呂という意味だそうです。姉はイタリア建築が専攻なので見たかったようです。

Img2古代ローマの風呂建築家が現代日本に何度もワープして日本の銭湯や家庭風呂、温泉や最新式の浴槽展示場等を経験。ローマにもどってそのアイデアを生かして斬新な浴槽を作って名声を得る物語。spa

イタリア人キャストの中に交じっても違和感ない主役の阿部寛。ヌードも彫刻のように綺麗で大したものです。最初に銭湯にワープするのだけれど、お風呂にいるおじさん達が可愛い。happy01 お風呂に入ってあったまってトロンとした表情のおじさん達が突然やってきた古代ローマ人に親切に対応。懐かしい銭湯の風景にほのぼのしました。

久しぶりに映画を見てたくさん笑って気持がよかった。お風呂に入ったような効果があるかも。最近ブルーだったので気分転換になりました。

人に誘われると自分ではいかないような映画も見るのでいいですね。

ご冥福を祈ります。

午後のレッスン途中に高碕のKさんから電話が・・・。先週緊急入院されていたWさんのご主人が亡くなったと大阪の本部から連絡があったそうです。練習していたメンバー達も思わず肩を落としてしまいました。

一緒に踊るのを楽しみにしていた今回のメンバー達。何よりもWさん本人が楽しみにしていた公演。私も群馬の観客の皆さまに表情豊かなWさんのパダムを見てもらいたかった。

夕方Wさんご自身から電話が。先日行った手術はうまくいって、リハビリにかかったところだったそうです。食事も普通食に戻って、看護士さんたちとも会話していたそうです。今朝の5時ころに容体が急変。残念です。

宇都宮教室の10周年コンサートの時に照明係りとしてお手伝いただいた時にお会いしました。物書きという仕事柄、博識で話が面白くて、お友達もたくさんいて、自分の仕事が大好きな方でした。

Wさん達は本当に仲が良くて、なんでも話し合って、お互いの生き方を尊重して、お互いに好きな事をやれるよう協力し合っていたそうです。

今は悲しくて何もやる気になれないと思います。亡くなった御主人はこれからずーっとWさんのそばにいますよ。昔、インド滞在中に親しい友人がなくなりました。その時にN先生がおっしゃってくれた言葉とインド舞踊が私を立ち直らせてくれました。

たくさん泣いて、何もしたくないと思っていたところにN先生が練習しましょうと声をかけてくれました。やっとの思いでクラスに行っても踊りながら涙が出てくるのを止められませんでした。N先生はじっと付き合ってくださって、踊り終わった私に「あなたが亡くなった方のことを思い続ける限り、その方はいつも一番近くにいてくれるのよ」と私を励ましてくれました。先生自身もその前年に大好きなお父様を亡くされたところでした。

時間はかかると思うけれど、Wさんが踊りたい気持ちになった時、一緒にいつまでも付き合いますよ。今はただただ、ご主人のご冥福をお祈りします。合掌。

花が咲く

桜前線も東北に到達。今まで当たり前のように見ていた桜に心が癒されると語る地元の人の声。花は心を癒してくれますね。プシュパムもそういう風になりたいものです。

今年はなかなか暖かくならなかったけれど、ようやく踊るとうっすら汗をかくようになりました。

Photo 毎年玄関先に咲くラナンキュラス。黄色は元気が出る色ですね。

Photo_2 ボタンも負けじと・・・。

Photo_3 菖蒲も負けじと・・・。

Photo_4 どんどん増えるツルムラサキ。

Photo_5 石刻もいつの間にか咲いて。

ある朝気がつくとそこらじゅうに花が咲いていて、自然の営みにほっとします。

Photo これは中国のお茶の花。Uさんが2月に出張先の上海で買ってきたジャスミン茶。小さく丸まっていたお茶の葉がお湯を注ぐと広がって水中かのように綺麗。疲れた時に癒されますね。















« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓