« ポロックを堪能 | トップページ | 5月のチラシができました・ »

綺麗な美術館

今日は楽しみにしていた美術館で踊る日。越後湯沢では吹雪いていたのに浦佐に着いたら晴れていました。改札に館長さん、担当の学芸員Hさん。そしていろいろとお膳立てをしてくださったSさんが迎えに来てくださいました。美術館へ行く道、両側には雪が1.5メートルくらい積もっていました。今年は雪解けが遅い。

Photo_2 打ち合わせ後、吉田明氏の未亡人とお会いしました。右は館長さん。

Photo_4 お隣は小泉八雲氏のひ孫の凡さん。美術館内にラフカディオ・ハーンの資料室があって打ち合わせにいらしたそうです。凡さんは地元島根でいろいろなイベントを仕掛けて活躍しています。怪談ツアーも評判。

Photo 開演前にチャイのサービス付き。窓の外は池。そして八海山が見えます。最高のロケーション。

Photo_5 外の池にさざ波が立っていて綺麗でした。

Photo_6 外が明るいのでシルエットになります。

Photo_7 雄大な景色をバックに踊るなんて贅沢ですね。今日のプログラムはディーヴァンジャリで始まって、ボーシャンボー。シュリンガーララーリ。ナガラジャン先生の15分弱のダナシュリーティラーナ。イントロのシュローかが素敵です。そして陽気にガーナマレィ。ナレーションを入れてちょうど60分。

太陽が輝いていた天候が、ガーナマレィで吹雪いてきました。近くの国際大学に留学しているインド人女性二人が来てくれましたが、ガーナマレィで吹雪いてきた窓の外を見てアメージングと興奮していました。マニプーリから来ていたデヴィさんは子供のころからつらい時、苦しい時にいつもボーシャンボーを聞いて勇気付けられていたそうです。もう一人、チェンナイから来ていたアパルナさん。テレビでしか見たことがなく、ライブのインド舞踊を初めて見たと興奮してくれました。

0222 残ってくれた方達と記念撮影。私の両側がデヴィさんとアパルナさん。

Photo_8 吉田未亡人と記念撮影。陶器ギャラリーのオーナーです。含蓄のある言葉が次々に飛び出して一緒にお酒を飲んだら面白いでしょうね。

Photo_9 これはなんとラフカディオ珈琲。小泉八雲氏は大の珈琲好きで毎朝楽しんでいたそうです。凡氏がブレンド開発したそうで、とても飲みやすくておいし珈琲でした。美術館のカフェで楽しめます。この美術館は地元の方に愛されて皆の憩いの場、そして文化を発祥する場になっていて様々な方が集っている様子。いいですね。

Photo_10 吉田未亡人から記念にいただいた花瓶です。なんともいえない土の暖かさが感じられます。さっそくシヴァ神の祭壇の前に備えてここに庭の花を活けたいです。

« ポロックを堪能 | トップページ | 5月のチラシができました・ »

コメント

わ~~~!!すごくステキなロケーションですね!!
おつかれさまです♪

シルエットだけでもうっとり、美しいです
表情見たいっと想像力をかき立てられます


シュローカではじまるティラーナ・・・
ウズウズ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な美術館:

« ポロックを堪能 | トップページ | 5月のチラシができました・ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓