« 梅もほころんで・・・ | トップページ | 美術館で踊ります。 »

ピナ・・・初めての3D体験

Img2 2009年に亡くなったピナ・バウシュ。ドイツのヴッパタール舞踊団の監督兼振付家です。世界各国で公演を行い熱狂的ファンがいます。私が初めて彼女の姿を見たのはフェリーニ監督の「そして船は行く」という映画です。この映画の中でピナは盲目の王女役で静寂な不思議な魅力をたたえていました。

ヴッパタール舞踊団の公演を見たのは「過去と現在と未来の子どもたちのために」が初めてでした。あまりの楽しさに大興奮。雄弁に語る身体、ジャンルにとらわれない表現、年齢も国籍も体型も様々な魅力に富んだダンサー達。この楽しい世界を作り出しているのが静かに笑みを浮かべているピナです。

この映画はヴィム・ヴェンダース(この監督も大好き。ベルリン天使の歌、パリ・テキサス、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ、アメリカ・家族のいる風景などお勧めです)とピナが以前から企画していたそうです。ピナの突然の死で中断していたそうですが世界中から映画化を願う声が届き監督の背中を押したそうです。押されてよかった。

冒頭に舞台に砂が撒かれ「春の祭典」のシーン。赤い布の上に横たわるいけにえの少女が出てきて一気に引き込まれていきます。背中から腰にかけて震えるように動く身体。私が国立劇場で見た時は席が遠くて、こんなに近くで見ることができなかったのでぞくぞくしました。3Dを初めて見ますが同じ舞台に立っているような感覚がして面白い。水がほとばしる感じもすごい。昔、赤と青のセロファンで出来た眼鏡をかける飛び出す映画なんかを見たことがあるので3D馬鹿にしていました。ごめんなさい。

「春の祭典」「カフェ・ミュラー」「フルムーン」「バンドネオン」など舞台で見た作品がたくさん出てきて改めてすごい舞台を見ていたのだなと感心。、しかももっとまじかで、まるで一緒に踊っている気になります。ピナの舞台を見たことがある方は懐かしくて嬉しくなりますよ。見たことがない人はこの映画を見たらきっと見そこなった舞台を思ってほぞをかむ気持ちになるかも・・・。

私はヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。イトシアの中に入っている映画館で初めて行きました。最近の映画館は全席指定なので何日か先の券も買えるのですね。3月1日の映画の日の券を買っている人がいたのでびっくり。賢いね。

« 梅もほころんで・・・ | トップページ | 美術館で踊ります。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピナ・・・初めての3D体験:

« 梅もほころんで・・・ | トップページ | 美術館で踊ります。 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓