« インドのお店 続き | トップページ | ピナ・・・初めての3D体験 »

梅もほころんで・・・

Photo_2
友人が制作にかかわっている映画「普通に生きる」の上映も終了まじか。前回、間違えた時間に行ってしまったので ちゃんとタイム・スケジュールを確かめて出かけました。東中野のポレポレ座でのモーニングショーなので私にとっては朝早く家を出ました。地味な映画で平日の朝にもかかわらずたくさんの観客がいて嬉しかったですね。 静岡県富士市の重度の障害を持つ子供を持つ親達が、地域と子供たちが自然にかかわれる自分達のニーズにあった施設を作り上げました。 そこからまたさらに自分たちがいなくなった後でも子供達が生活できるための施設づくりに奔走し出来上がるまでのドキュメンタリーです。

撮影・プロデューサーの貞末さんが映画を作るきっかけなどを上映後お話されました。この施設の設立代表者の一人である小沢映子さん(運動するうちに市会議員になり三期目です)から障害者の実態を知らない人々(とくに議員)に解ってもらうための記録を撮って欲しいと依頼があったそうです。施設を訪問しているうちに子供達や父兄の明るい笑顔に魅せられて、カメラを回す時間がどんどん増え、ついに映画として完成させてしまったそうです。

小沢さんは親の会でいろいろな人達とかかわっていくうちに、子供には子供の人生、親には親の人生があるという当たり前のことに気がついたそうです。私がいなくなったらこの子はどうしよう・・・。きっと障害を持つ子供を持った親なら皆悩むことですね。親が親の人生を生きるためにも子供たちが安心して暮らせる施設を作る。 社会がやってくれないなら自分たちから働きかけて、自分たちが担い手になろう。その思いをエネルギーに皆で作った施設。明るい輝きにあふれています。

朝から降っていた雨も映画館を出るときには上がって清々しい気分。

これから目白で染色家の友人Kさんと会います。インドのあちこちを旅して染色、織物を研究してきたKさん。頭の中には面白い旅の話がたくさん詰まっています。コンサート会場のロビーのディスプレイで大活躍。布に関する愛情とセンスがとても素敵。

Photo 2階のお蕎麦屋さんでお昼を食べました。ランチタイムをずらしたのでのんびり。

0012_3 江戸前アナゴと春の野菜天ぷらを楽しんでいたら前の席にカエラちゃんに似た可愛い女性がタブレットを出していろいろ検索していました。アイパットっていう商品(?)一人ではシャイなくせに2人になると強気になる我々の熱い視線を感じたカエラちゃん。よかったら使ってみますと手渡してくれました。

1時間前に買ったばかりなので使い方を研究していたところとか。B5位の大きさでPCや携帯に来たメールも見れるんですって。地図も大きく検索できます。小さくて軽いので持ち運びに便利。なんでもできて面白そう。遠慮のない2人がベタベタ触ったので指紋だらけ。優しいカエラちゃんはガラスだから大丈夫と言ってくれました。

Photo_3 いろいろお話していたらトリヴァンドラムに行ったことがあるそうです。初めてのインド旅行をトリヴァンドラムから始める人って珍しい。 しかもお母様も染色をやっているそうです。Kさんはお母様のお店を知っていました。この後お茶したら行ってみようという話に。カエラちゃんご本人はメイクやヘアのアーティスト。やっぱりおしゃれな感じ。

Photo_4 ここがすぐ近くにあるカエラちゃんのお母様がやっている工房と隣り合わせたお店。すごく素敵な刺繍(ミシンだけどとても綺麗)が施された染めの布を使った服や小物が置いてあります。

Photo_5 服を作って余った端切れが売られています。小さな額に入れて飾ったらきっと素敵。手芸の好きな人ならアイデアいろいろ出そう。

徳川ヴィレッジを横目に少し行くと今日の散歩の目的地目白庭園です。

Photo_6 この先に西武線の踏切があります。もう少し行くと明日館に辿り着きます。ここは豊島区立の閑静な庭園。では中に入りましょう。

Photo_7 奥にみえる建物には茶室が二部屋あります。今日はお茶のお稽古と俳句の会が使用中。こんな素敵な場所でお稽古したらいい気分ですね。

Photo_8 池の中には東屋が。六角浮き見堂。池の周辺は築山や石垣にして高低差を強調した回遊式庭園。

Photo_9 天井です。

Photo_10 滝もあります。敷地は大きくない庭園なのに造園がいいので奥行きや広がりを感じさせます。

Photo_11 梅もほころんでいます。白梅も可愛いつぼみが開いていました。

Photo_12 池の反対側からみた茶室。部屋の中から池を見てみたかった。時々ゲリラ的にワンコインでお茶とお菓子のサービスをするそうです。お庭を一周してお部屋で一服したらいい気持ちでしょうね。何時間もおしゃべりしていかれるグループもあるそうです。目白の駅からも近いし、夏は19時まで開園しているので仕事帰りにも寄れますね。

Photo_13 門構えは江戸で普及した長屋門。漆喰の壁が落ち着いた雰囲気と時代を超えた空間へ誘ってくれます。入園無料。近くの幼稚園の子供たちが東屋でおやつを食べていました。地元の人達に愛されている目白庭園でした。新緑の頃、ここでインド舞踊とチャイの会をやろうと盛り上がりました。もちろんサリーをたくさんディスプレィして・・・。乞うご期待!

« インドのお店 続き | トップページ | ピナ・・・初めての3D体験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅もほころんで・・・:

« インドのお店 続き | トップページ | ピナ・・・初めての3D体験 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓