« 春の香 | トップページ | インドのお友達・・・続き »

インドのお友達・・・

今回のインド行でのお楽しみの一つが久しぶりに友人に会えることでした。シュマティという友人は私の最初の師であるナガラジャン先生のご自宅の近くに住んでいました。歌が好きで先生に習いに来ていて、やがて私のコンサートやレコーディングの時に先生のアシスト・シンガーの役目もおってくれました。ナサに勤務していた科学者のご主人を亡くされて一人息子とインドに戻ってきた直後。アメリカに長く住んでいた時にミチコさんという友人がいたそうで、すぐに私と仲良くなりました。

ヴァサンタ先生に教えていただくようになって、たくさんのコンサートを行いましたがその時にMCなども手伝ってくれた頼もしい友人です。

その息子さんがアメリカの大学を卒業した後就職。その時に一緒にアメリカに行って以来7年ぶりにインドで会いました。なお素敵なことに、昨年の8月にチェンナイ在住の方と再婚。 今幸せまっ盛りです。愛情豊かで料理が大好き。 淋しがり屋なので素敵なパートナーができて私も人ごとながら嬉しい。 自分が幸せなので人にも勧めます。フフンと鼻であしらっていますが・・・。

Photo ともに一人息子がいますが、独立しているので親が幸せになって安心している様子。彼女もお嫁さんとあまりうまくいっていなかったので愛情の対象が変わってよかった。

ご主人がなくなった後に妻が荼毘の炎に身を投げるサティという悲しい風習。つい最近まで行われたというニュースを聞いたことがあるので、再婚が都市部だけでなく田舎でも珍しいことでなくなるといいですね。ご主人はレイキやヨガにも詳しく話の面白いナイスガイです。

素敵な人と巡り合えてよかったねというと、毎日私は神様に祈っていたのよ。今度はあなたのために祈るねと言われてしまいました。ありがとう。

Photo_2 次のお友達はビジャヤクマールとお嬢さん。コンサート会場でお友達になりました。 この日もプリヤのコンサートで会いました。本職は判事ですが、ホメオパシーのドクターでもあります。以前、きつい冷房のせいで喉をやられてひどい咳をしていた時に薬を調合してくれてお陰様ですぐよくなりました。

インド人の例にもれず写真が大好き。 この写真を撮った後日、私のゲストハウスを訪ねてきたそうです。私は留守だったのですが、このスナップを撮ってくれたMさんが応対。留守だというと、しょうがない、写真は来年か・・・と肩を落として帰って行ったそうです。(笑)

Photo_3 いつも私をカモにしているオートドラーバー。ゲストハウスをでたところがオートスタンドなので、待ち構えています。

Photo_4 チケット売り場の素敵なおじさま。

Photo_5 いつもお茶するチャイ屋のスタッフ。 美味しいお茶をありがとう。

Photo_6 お稽古場の管理人さん。名前はムットゥー。いかついけれどやさしい。写真が大好き。

Photo_7 朝のレッスン。シャニムカ先生に取材に来たMさんと、プネからクリスマス休暇できたOさん。

Photo_8 最近生まれた子です。

« 春の香 | トップページ | インドのお友達・・・続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドのお友達・・・:

« 春の香 | トップページ | インドのお友達・・・続き »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓