« 懐かしい方達との再会 | トップページ | 百花繚乱 »

松風村雨

以前から観たいなと思っていたお能を見てきました。国立能楽堂です。「松風」田楽の亀阿弥作曲の汐汲を観阿弥が改作し、それをさらに世阿弥が改作したと伝えられる作品だそうです。原曲名は世阿弥の芸談書「申楽談議」松風村雨とあるそうです。

あらすじは諸国を行脚する旅の僧が須磨の海岸で漁師に浜にある松の由来を尋ねると、この松は在原行平(在原業平の兄)に須磨で寵愛された海士の松風、村雨姉妹の墓標だと言われます。日もくれたので浜にある塩屋で休むことにした旅の僧。夜も更けて秋の月光の下汐を汲みに2人の女が現れます。汐汲車を引きながら己の境遇を嘆き、月を愛で塩屋に戻ってきました。

僧が一夜の宿を乞うと、あまりにみすぼらしい小屋なのでお泊めするするわけにはいかないと断ります。両者のやり取りが続いた後、みすぼらしい小屋だが外の寒さよりはましなのでお泊りくださいといわれます。泊れる場所ができて喜んだ僧が「わくらはに問う人あらば須磨の浦に藻塩たれつつ佗ぶと答えよ」と行平の歌を詠み、同じ心境だと答えます。

それを聞いた女性は耐え忍んでいた思いが呼び起されたと涙にくれます。いぶかった僧が素生を訪ねると、行平が須磨に流された時に愛し合った松風、村雨姉妹だと名乗ります。須磨から都に戻った行平は病で亡くなり、姉妹も後を追うように命を落とし、再び逢うことが叶わなかったと語ります。

行平は須磨で蟄居していた時に、可憐な汐汲みの姉妹と知り合います。、姉妹達は身分が違うので身にも及ばぬ恋だと思いながらも恋情は深くなり、三年ののち都に戻ることになった行平が残していった烏帽子と狩衣を僧に見せながら思いでを語り始めます。

形見を高くさし上げて見つめ「これを見るたびに愛憎が増す」と涙する松風。行平の「立ち別れいなばの山の峯に生ふる松とし聞かば今帰り来ん」の歌は再び会いに来ると約束した歌だといい募り烏帽子と狩衣を身につけた松風は行平の魂と一体化したかのように狂乱の心になり踊り始めます。その姉をいたわるかのように見守る村雨。姉妹の亡霊は夜明けとともに波風の音にまぎれて消え失せていきます。

というお話です。姉妹が登場する時のお囃子は真の一声といって普通の人間の呼び出しには使わないそうです。神がかりになったこの世のものでない男性に使われるそうで、女性に使われるのはこの松風だけだそうです。登場する時からこの世の者でないと解るわけですね。橋掛に登場した姉妹の姿は息を飲む美しさです。綺麗な汐汲車と桶の作り物が出てきますが、白い水衣(作業着)をまとった姉妹が扇を開いて海水を桶に組み入れる所作をし、水面に映る月を愛でる仕草は凛とした美しさが出ていました。

後半、これを見るたびと松風が形見を高く掲げる所作。浜の松を抱く所作などそれぞれ思いを訴え胸を打ちます。私がこの能に興味を持ったのは姉妹が一人の男性と愛し合い、死者となった男を待ち続けるのも、また死者になった女達という執心。

狂乱の激しい松風はヒロインのオーラたっぷりですが、その姉をいたわり、よりそう村雨の複雑な心情がより気になります。行平への思いと姉を気遣う優しいそぶりをさりげなく見せる複雑な役ですね。私の席は脇正面だったので、松風が中ノ舞を舞っている時に後ろに控えた村雨のちょっと陰った面が見えて素敵でした。

女心をぐっとさせるお能です。目元を赤くしている女性達が目につきました。インド舞踊の恋の歌と通じますね。指先や表情の細かな変化でこんな気持ちを表せたら素敵です・・・

« 懐かしい方達との再会 | トップページ | 百花繚乱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松風村雨:

« 懐かしい方達との再会 | トップページ | 百花繚乱 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓