« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 旅の終わり・・・ »

祈りの旅・・・続き

8月16日、五山送り火の日です。ちょうど旅行の日程と重なっていたのでこれだけは見に行こうと決めていました。今朝、偶然訪れた銀閣寺で私達の思いや慰霊をこめて松を献上できたので、送り火に対する思い入れも強くなりました。予備知識が何もなく、どこでどの送り火を見ることができるのか何も知りませんでした。ネットで見つけた京都市の定期観光ツアーにいくつか送り火鑑賞がありました。満席のものも多く、予約できたのが高台寺ライトアップ、大文字送り火鑑賞・京料理付きでした。

私達が献上した松は東山如意ケ嶽で燃やされるので大文字になります。そのほかに金剛寺付近の大北山(大文字山)の左大文字。松ケ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の。西賀茂船山の船形。上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山、曼荼羅山)の鳥居形があり、これらが8月16日の夜、相前後して点火され、これを五山送り火と呼ぶそうです。

迎え火に迎えられて戻ってきた精霊を、盆の翌日再び冥府にお送りするための仏教行事が送り火です。松明の火を空に投げて虚空を行く霊を見送るという習慣があって、これが山に点火されてとどまったのが五山の送り火だそうです。

京都の中でもすべての送り火を見ることができる場所は限られているようです。初めて参加する送り火で自分の思いを託した松が燃やされる大文字を見送れるのですからラッキーでした。

夕方、京都駅を出発したバスはまず東寺へ。境内にある洛南会館ですごーく早い夕食です。東寺の五重の塔がかすかに見えます。新幹線で京都に入ると最初にお目にかかれる塔ですね。空海の思想に基づき大日如来を中心に21体の仏像が曼荼羅を表して安置されています。でも今東京の国立博物館に9月25日まで8体が出張中です。阿修羅が話題になったけれど、今回も帝釈天騎象像が話題になりそうです。

Img2 今回東京にお出ましになった8体の仏像。手前左が帝釈天騎象像。美しいですね。ブラフマー神もいらっしゃいます。お寺で拝見する時は前からだけど、最近の展覧会場は仏像の周りを一周して空間を味わえるからいいですね。

Photo 洛南会館でいただいたお弁当。

食事が終わってバスは高台寺へ向かいます。豊臣秀吉の正妻北の政所(ねね)が秀吉の菩提を弔うための開創した寺です。出家して高台院湖月尼と号したそうです。今高台寺ではこの夏、百鬼夜行展を開催中。ライトアップされた寺にゆかりの幽霊の掛け軸などが展示されていました。河鍋暁斎(蕨に記念館があります。スタジオから10分くらい。是非一度行ってみて)の幽霊もいました.。まだ暗くならないのでライトアップの効果なし。幽霊も少しもこわくないです。

Photo_2 東寺の五重の塔。

Photo_3 高台寺の裏山。庭園は小堀遠州の作です。団体で動くのでゆっくりお庭拝見と行かず。あっという間にバスの中。残念。京都御苑へ向かいます。御苑内の駐車場は満杯。御所の横の広場にはすでにたくさんの人が地面に直接座って待っています。私達もさっそく仲間入り。8時になるのを楽しみに。ちかちか光るものが遠くに見えます。あそこから火が点火されるのでしょうか。ワクワク・・・。

Photo_4 8時になると点火され、あっという間に大の字。

Photo_5 横に丸いものが出てきてフワフワしています。

Photo_6 フワフワしているのはなんと東山から出てきた月でした。ときどき雲に隠れてしまいます。余の美しさに皆感動していました。正直こんなに心が震えるとは思いませんでした。

Photo_7 御苑から出てくる人の波。皆、送り火と月にボーとしているようです。街を歩きたかったので私達はここでバスを降りて夜の京都をお散歩に出かけました。

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 旅の終わり・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの旅・・・続き:

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 旅の終わり・・・ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓