« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 祈りの旅・・・続き »

祈りの旅・・・続き

銀閣寺を後にした私達は次の目的地、知恩院へ。ここは法然上人が初めて布教し、入滅した地に建立された寺だそうで浄土宗の総本山です。大きな山門がひときわ目を引き,心揺さぶられます。

Photo 神宮通りというバス亭から山門までの道はゆったりと幅広く、静かな高級住宅地といった趣。途中、青蓮寺やホテルオークラ別邸、京料理栗田山荘などの奥ゆかしい建物が続きます。梅原猛氏もここらにお住まいかも。

Photo_2 壮大な山門。

Photo_3 Hさんの家も実家も浄土宗だそうで、今回総本山にお参りできてとても喜んでいました。私達の行き当たりばったりの旅行ですが、見えないところで神様に案内されていたのかも・・・。

Img2 この絵は知恩院にある「三方正面真向の猫」と呼ばれる江戸時代の画家加納信政によるもので親猫、子猫の姿が描かれています。実は親猫がどこから見ても人を正面から睨んでいるように見えるという不思議な絵。親が子を思う心、つまり仏様の慈悲を表しているという絵だそうです。ちなみに現在非公開です。

この絵のほかにも同じ加納信政の「抜け雀」。あまりにも上手に描かれていたので雀が数羽生命を得て飛び去ったと言われます。甚五郎の忘れ傘や三好青海入道の大杓子など不思議なものが七つあるそうです。現在、修復工事中です。

このまま清水寺へ出る予定でしたが、時間も押してきたし、疲れたので祇園をぷらぷら、先斗町まで入ってランチを食べることに。祇園はどこもお盆休み。もちろん舞妓さんなんて歩いていません。先斗町の細い道はJRのモニターテレビで見たことがあるかも。細くて楽しい道でPhoto_4  加茂川と並行して走っています。店と店との切れ目から加茂川が眺められます。

Photo_5 周りにぎっしりお店が並んで賑やか。表札が女性名が多く、粋筋の方々の住まいらしい色っぽさも感じられます。 今夜は市バスで京料理付き大文字観光バスに乗るので昼はパスタにしようと決定。振りかえると小粋なイタリアンレストランがありました。予約していないけれど大丈夫でした。賀茂ナスとアンチョビーのパスタ。ランチセットを注文。冷たいスープが美味しかった。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

お腹も心も満腹。これからホテルに戻ってシャワーを浴びて一休み。夜の大文字に備えます。Photo_6

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 祈りの旅・・・続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りの旅・・・続き:

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | 祈りの旅・・・続き »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓