« 祈りの旅・・・続き | トップページ | サマーコンサート in くるる  »

旅の終わり・・・

Img_00012 17日の朝日新聞京都版の一面。一般市民の心情としては陸前高田の松を燃やしてあげたいと思ったでしょう。一転、二転と中止になったことで、より傷つけてしまって申し訳ないという気持が大きいと思います。被災者の鎮魂と被災地の復興を願う気持ちはより強く、皆心を一つに送り火を見送った感があります。合掌。

ホテルのチェックアウトは11時。バスが出発するのは12時30分。荷物を預けてしまえば12時までにホテルに戻れば大丈夫。ということで昨日行けなかった清水へ出かけました。京阪で清水五条駅へ出てそこからバスと考えていたけれど、バスがなかなか来ないので歩いていくことに。バスを降りても清水坂、もしくは茶碗坂を上るのだから途中のお店を楽しみながらぶらぶらと。Hさんの大好きな陶器屋さんが並んでいるので寄り道させずに引っ張っていくのが大変。

Photo バスは来ない・・・。Photo_2 朝早かったので、道はまだすいていました。

Photo_3 朱塗りの仁王門。巨大な仁王が両脇を守っています。そしてちらっと見えるのが三重の塔。

Photo_4 清水の舞台に立って・・・。

Photo_5 清水の名に由来する音羽の滝。飲めば無病息災。不老長寿がかなうとか?必死で柄杓で汲んでいるところ。

Photo_6 隣のおじさまと妙に息の合ったツーショット。

Photo_7 帰りの茶碗坂。この後Hさんは往きに見かけて気になっていたお店に入って・・・・・・・・・。

そんな事とは知らず私はどんどん先に行って素敵な喫茶店を物色中。甘味屋さんばかりで落ち着ける喫茶店がない。結局私も往きに見かけて気になっていた五条駅近くの喫茶店に入ってHさんを待つことに。ご年配のご夫婦が開いている、中庭のある照明や器がセンスのいい静かなお店です。珈琲とチーズトーストをほおばっているとHさんが何やら包みを抱えてやってきました。どうやら自分へのお土産らしいです。 素敵な茶碗が出てきました。 やっぱりね!

七条駅近くのお弁当屋さんでおにぎりを買ってホテルに戻りました。何しろこれからバスで帰ります。ドライブインでも長く休憩できないでしょう。飲み物、食べ物は用意しないと。 バスを待つ間、郡山からいらした一人旅の女性と珈琲 を飲みながらおしゃべり。その方は初日奈良へ出かけ薬師寺で写経をしてきたとのこと。16日は比叡山に登ってそこから三山の送り火をみたそうです。毎年、薬師寺での写経に訪れ、おひとりでどこへでも出かけられるアクティブな方です。原発の影響でお孫さんとお嬢さんが九州に疎開しているそうで、いろいろな思いが交錯しているように思えます。ここにも強い祈りの旅がありました。

旅に出ると普段お会いできない方達と出会うのもいいですね。ほんの少し触れ合うことで、その方のたたずまいを感じることがあります。お寺をめぐっていると、それぞれの祈りをささげる姿が目に入ります。自分のできることを自分なりにやろうと改めて思います。

短い旅でしたが、心が豊かになります。 京都という街の持つ力が大きいですね。街角に立っている神様が巡る道を示唆してくれたのか、私達は導かれて迷うことなく、できうる祈りをささげてきました。また導かれてどこかへ行きたい。

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | サマーコンサート in くるる  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の終わり・・・:

« 祈りの旅・・・続き | トップページ | サマーコンサート in くるる  »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓