« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

伝統の継承

Img2 7月29日までイメージフォーラムで公開されていた映画です。観世流能楽師の関根祥六、祥人、祥丸の三代の活動を記録した映画。2003年に公開された祥六、祥人師の記録映画「能楽師」の続編です。前作ではまだ幼かった祥人師の息子祥丸君。新作では親子三代の活動、稽古風景が描かれています。親から子へ、そして孫へ…。脈々と続く芸能の伝承。

2009年夏「道成寺」と秋の薪能「舎利」。そして2010年春の「松風」と、その後の公演の撮影が続けられるはずだったそうです。それが断ち切られたのは昨年6月の祥人師の突然の死。お弟子さん達の稽古を終えて倒れたそうです。享年50歳。能役者だと油が乗ってこれからという時期だと思います。やり残したことの大きさに、ご本人も周りの方達も悔しい気持ちが大きかったことと推察されます。合掌。

それでも、芸は継承されていくのですね。何しろ観阿弥、世阿弥の時代から伝わっている曲が踊られているのですから・・・。

Img_00022 この三代の舞台を拝見したことがあります。5年前に戸塚のKさんと国立博物館の中で。法隆寺宝物館の前庭で行われたそのタイトルも 「芸 三代の継承」。 仕舞の竹生島をたぶん小学高学年の祥丸君。一調 駒之段を祥人師、羽衣のシテを祥六師。後見を祥人、祥丸君が務めていました。この三代ご一緒の舞台を拝見したのはこれが最初で最後です。元気で可愛い祥丸君と艶なる天女。朗々とした祥人師の謡が気持のいい晩秋の風景と重なって、池の波紋のように広がって思い出されます。

細かいことは忘れているけれど、断片的に美しいものが残ってそれが記憶になるのだったら好いですね。綺麗なものであふれている記憶の箱。

Img_00012 今日、Mさんが持ってきてくれた去年の会津の写真です。古い酒蔵、嘉永蔵の和室で撮った写真。控室に使わせていただいた由緒あるお部屋です。開演前にオーブがたくさん集まって、きっと公演を心待ちにしてくれていたのかも・・・。あれから1年。今の状況をこの時は想像もしませんでした。観光の街、会津も今は淋しいそうです。2週間後のくるるのコンサート。私達にできること。一人ひとり自問してベストを尽くしましょう。up

その時のベストを尽くすこと・・・

ゆっくり台風が行き過ぎてtyphoon、猛暑が少し収まったような。sunいやいや、油断してはいけない、と思うこの頃。heart04コンサートまで3週間を切ってしまいましたね。これからどんどん加速度的に早く過ぎますよ!準備を整えておきましょう。衣装のチェック、化粧品は切れていないか。アクセサリーも壊れていないか・・・などなど。間際になると忙しくなるので、できることは前倒しに。

私もお弁当、打ち上げ会場、受付周り、舞台の飾りなど準備中。今回も宇都宮のさんにプログラムをデザインしてもらいました。原稿の上りが遅かったにもかかわらず、先週末に素敵なプログラムがメールで届きました。今回の祈りのコンサート。heart プシュパンジャリから始まって最後に皆で踊るシュローカ。このシュローカに込められたメッセージをイメージした、心が洗われるようなデザインです。さすがKさん、原稿を読んだだけで洞察力が深い。皆も楽しみにしていてね。☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;

練習したいのに仕事や家事で実際に時間が取れず、気持ちばかりが焦る人もいると思います。これでいいのかといつも自問していることは大切。何かの拍子に答が見つかることもあります。いつもアンテナを張っていればキャッチできます。大切なのは各自が今回のコンサートを何故やるのか、もう一度考えること。チラシをよく読んで自分のテーマは何か自問してください。心の持ちようで踊りは変わる。いつもその時できるベストを尽くすこと。人生、退屈を持てあましている時は長いけれど、何かやりたい時には短いからね。

頑張ろう日本頑張ろう私

一期一会

一期一会、人との出会いによく言われる言葉です。人と出会うのはそれだけ大切なことですね。先日、くるるの打ち合わせでお世話になったU氏。

13日当日も実際に私達の舞台の照明をやってくださるはずでした。細かい打ち合わせをして、当日もリハーサルに時間を掛けましょうねと言ってお別れしました。豪快な印象で一見強面。でも優しくて、細かい照明のプランにドキドキして、当日まで眠れないよと冗談を言っていました。舞台に飾る布などを眺めながら、初めて見るインド舞踊を楽しみにしているようでした。

昨日、くるるの舞台企画の委託会社の方からお電話いただき、先日このU氏が急病で亡くなったと伺いました。U氏が残された企画書をもとにこの会社の方が後を引き受けてくださることになりました。あまりに急なことで、人生ってはかないものだと痛感。U氏のご冥福をお祈りし、私達のコンサートが大きな祈りに包まれるよう、守っていただきたいと思います。合掌。

丁寧に演じること・・・

今日はMさんが一人でレッスンに。chick いい機会なのでじっくりアビナヤの曲を練習。彼女がチャレンジしているミナクシ女神の小品。fish 前回より、とてもよくなっていた。前回のレッスンで私に言われたことを考え、一人でビデオに撮ってみたそうだ。自分でがっかりするくらい子供っぽく、それを払しょくするためにできうる限りゆっくり演じてみることを意識したそうです。自分が何かきっかけをつかむと新しい表現の道が開けてきます。note

たとえば、プシュパンジャリのアビナヤの部分。もっと丁寧細やかにと言う私の声を聞く余裕のない人が多い。聞くことができたら次は自分の手の中に、実際にがみえてくるでしょう。heart04 花が見えたら乱暴に撒くことなどできなくなります。ほんの少しの想像力で周りの世界がガラッと変わります。そこには本当にいたずらな神様や英雄や月のような美女が登場してますます楽しませてくれます。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

今、皆で練習しているシュローカも一人ひとりが理解力をあげて、気持を込められると素晴らしい曲になります。私の後ろでなんとなく皆に合わせて何かやっていればいいなんて考えないで。今日Mさんは少し歌の訴えていることを解りかけてきた様子。皆にもそれを伝播したい。

次のレッスンの時にそれぞれがインド神話の世界に少しでも入り込めているといですね。ほんの少し、丁寧に演じてみよう。

東北支援キャンペーンTシャツ

Photo 観音山FPが制作したTシャツ。t-shirt 色違いもあって1枚1500円で販売。収益を寄付します。観音山のHPにのせる写真を送ってと言われたので早速撮影。camera

Photo_2 だんだんエスカレートしていろいろなポーズを撮り始めました。note明日のほうが人数多くレッスンに来るのでその時撮ったほうがいいということに・・・。

Photo_3 レッスンの前に、今日も遊んでしまった・・・

Photo_4 後ろにもロゴが・・・

Tシャツの素材もいいし、色が綺麗と皆に言われました。先日観音山のスタッフは他の形のTシャツを着ていましたね。色違い、形違いもあるのかしら? たくさん売れて寄付できるといいですね。happy01

今日は新人プシュパムちゃん達が集まったので集中レッスンができてよかった。終わった時は皆汗まみれでした。sweat01 Yさん、いつもよりたくさん練習した気がすると言ってました。確かに、いつもは先輩達が踊っている時間が長いからね。普段はクラスが違うのでなかなか会うことがないメンバー。一緒に汗を流すことで、気持が通い、一つの曲を皆で作り上げることができます。♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:その積み重ねでコンサートのイメージも膨らんでいきます。当日はもちろんだけれど、コンサートに至るまでの頑張る姿が美しいのだよ。up

海洋天堂 天国の海

最近、銀座に出かけることが多くてちょっと嬉しい。今日も用があって出かけてきました。裏道にもいろいろなお店があって、それぞれおしゃれで見て歩くだけで楽しい。どこのお店もセールをやっているけれど、おしゃれな服の上に自分の顔をのせると全然似合わないので買う気にならずにやれやれです。happy01

最近映画づいちゃって、通りがかりにちょうどいい時間だったので1本見てきました。今日観たのはシネ・スイッチでやっていた海洋天堂。久しぶりの中国映画。アクションスターのジェット・リーが脚本に惚れてノーギャラで出演したそうです。up

アクション映画のジェット・リーを知らないけれど、今日の映画では21歳になる自閉症の息子と暮らしている父親の役を演じていい味を出しています。notes 末期がんの父が息子と心中しようと2人の足に重りをつけて海に飛び込むところから始まります。ところが息子は泳ぎの名人で結局死ねない。閻魔さまに突き放されたのだから、自分の余命のある内に息子が生きていける生活を作ってあげようと決心して根気よくいろいろ教え始めます。

父は水族館の技師で毎日息子と一緒に通勤。fish 息子は閉館時間に魚と泳いでいます。penguin 泳ぎが大好き、魚に生まれてきたら幸せだったのにと父に言わしめます。一人になった時のために施設を探したり、日常生活の基本を教えたり。お互いに好きあっている女性がいても、自分は父親だから面倒をみるけれど、相手の女性には強いることができないからと気がつかないふりをしていたり。

日々の細やかな息子への愛情があふれています。自分がいなくなって息子がパニックを起こさないように、父さんはウミガメになってずーと見守っているよと言います。言うだけではなく手作りの甲羅を着て一緒に泳いで息子に父親がウミガメになったと身体で覚えさせる。ぎゅーっと抱きしめて愛された記憶を息子に残してあげる。heart03

父親が亡くなった後、息子は教えられたように卵を茹で、父のジャンパーを着てバスで水族館へ行き、丁寧に清掃の仕事をします。心の触れ合ったピエロの鈴鈴がかけてくれた電話を取り、そしてウミガメと泳ぐ。本当にお父さんはウミガメになって見守っているのだなと実感。

優しい心になれる映画でした。weep

コンサートまで一カ月

今日も暑い一日。sun コンサートまでちょうど一カ月を切りました。東京では7月にお盆のところが多いようです。地方は8月が多いですね。お盆なのでコンサートに来れないという方と、お休みになるので来れるという方も半々。暑い中いらしてくださる方をがっかりさせないように頑張りましょう。up

昨日、毎日書道展のレセプションに出席するために東京に来ていた会津のHさん。遅い時間だけれどお祝いの乾杯をしようということで夜9時に有楽町で待ち合わせ。昼間はとても暑かったけれど夕方から風が出てきて気持がいい。8時半ごろ着いたので丸井の中をぶらぶら。女性客がたくさんいたのでびっくり。世間はこんなににぎやかだったのね。Hさんが前から行きたがっていたバーHへ。なんとお店の中も女性客ばかり。おまけに若い。heart04 二人が入店して一気に平均年齢をあげたよう。私はスイカのカクテル。Hさんはモモのカクテルで乾杯。いいことがあった日なのでお酒も美味しい。bar

若いバーテンダーさん。栃木出身だそうで、なんと宇都宮はカクテルの街だそうです。知っていた?この店のオーナーのYHさん(友人の弟さん)も宇都宮の有名なバーで修業していたそうです。渡辺貞夫の出身地でジャズの街というキャッチコピーは知っていました。あと餃子ですね。♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:

今日は午後から台湾式エステにHさんをご招待。池袋郵便局の裏手にある個人でやっている小さなサロン。台湾出身のCさんが一人で切り盛りしているアットホームなサロンです。午前中はそれぞれの仕事を片づけてから、ここで落ち合おうと昨日地図を渡しておきました。私が先に来てやってもらって後から来るという計画。私も初めての場所なので迷ったけれど、Hさんも西口東口を間違えて大慌て。sweat01 私はエステベッドの上から道順を指示。やっと無事落ち会えました。その間Cさんいやな顔もせず、丁寧に応対してくれていました。coldsweats01

顔の筋肉をへらのようなものでほぐします。顔と身体のそれぞれ同意点があって痛い部分で身体の悪いところが解るそうです。足裏と身体の同意点はよく聞きますね。顔もそうなんですね。眉間が痛いと肺や呼吸器系が弱いそうです。痛かった。そういえば風邪をひくと必ず咳に悩まされます。夜更かししているね、とか甘いもの好きね、とかいろいろばれてしまいました。coldsweats02

顔筋をほぐした後に酵素を混ぜた玄米茶を顔に浸して、かっさという水牛の角でできたやはりへらのようなもので経絡をマッサージすると、白濁した老廃物が出てくるそうです。二人の顔は白濁状態。そのあとローズのアロマオイルを垂らした海藻パックでリラックス。ちょうどHさんが終わった時に次の予約の方が見えたので、気持よくおいとまできました。Cさんお人柄よさそうで、たぶん強引には次の予約とか勧めなかったと思います。お土産に青汁のパックをいただきました。値段表が入っていましたが良心的な値段です。

4時に新国立美術館で屋久島仲間の戸塚のKさんと小田原のSさんと待ち合わせ。ところが駅に着くと事故でJRは止まっていて大騒ぎ。有楽町線と千代田線で行くことに。大体、普段から冷静で計画どうり実行できるKさんとSさん。それに対して行き当たりばったりのHさんと私。お待たせしてごめんなさい。シュン。weep

Dscn29772 Hさんの作品。撮り方が悪いので色がおかしいです。勢いがある素敵な書です。

Dscn29822 壁の色はこちらです。ここは審査員の先生方の展示。

Dscn29872 彼はU23奨励賞を受賞したM君。18歳になって出品資格ができての入賞、受賞です。頼もしいね。100枚くらい書いたそうです。

Dscn29902 会場を歩き疲れてやってきた交通会館。ゆっくり1周するので暮れゆく街並みを眺めながらまた乾杯。月と夕日を楽しみました。またどこかへ行きたいね。*:;;;;;;:**:;;;;;;:*☆*:;;;;;:**:;;;;;:*

女性のための特別講座

Photo 関東地方は昨日梅雨明け宣言を行ったそうで、高碕の空も真夏でした。cloud 今日は観音山FPで女性のための特別講座。「サリーを着て楽しむインド舞踊」の日でした。9時に高碕到着。東京から参加したUさんと2人、Sさんの車でピックアップしてもらう。他のメンバーはすでに会場設置を済ませ、着替え終わっていました。皆仕事が早い

10時開始。早い方は9時半ごろにはもう受付を済ませて待っていらっしゃる。

Photo_2 お好きなサリーを選んでいただき、着付けの練習から始めます。

Photo_3 初めてのサリー体験。皆さんよく似合っています。good

Photo_4 初めてのステップ。まずはタッタ・アダウから

Photo_5ナッタ・アダウ、ティルマナ・アダウと続けるうちにワーッと歓声が漏れてきました。sweat01

Photo_13

Photo_6  1時間たって皆が疲れた頃を見計らってチャイ・サービスcafe甘く冷たいチャイでのどを潤していただきます。今日のカップはMちゃんが冬にインドで買ってきた可愛い模様つきの紙コップ。これをインドから抱えてきたMちゃん、根性あります。

Photo_7 チャイ屋にたむろする人の群れ。インドみたいですね。cafe

Photo_8 休憩の後はデモンストレーションを楽しんでいただきました。皆でプシュパンジャリとヴィシュヌ・カウットワム。そして後半の練習の課題、ラサのためにMちゃんと私でナヴァ・ラサを踊りました。

Photo_9 九つの感情表現を皆で練習。これはヴィーラ、勇気。胸を張ってポーズ。なりきるのが上手い方がいました。note

Photo_10 カルナ・ラサ。小さな鳥をいつくしむ様子。

Photo_11 シャンタ・ラサ。平安な心

Photo_12 レッスン終了後に記念撮影。皆さまお疲れ様でした。happy01

高碕のメンバー達はここから東公民館に移動。マハトマのベジ・カレーをテイクアウトして皆でランチ。bananabanana 夕方までみっちりレッスンです。今日も長い一日でした。

人生のご褒美

七夕の夜、姉の誕生日なので電話したら義兄が出て建築史学会のレセプションがあってでかけているとのこと。そういえば昨年中央公論から出版した本が賞をもらうことになったと言っていたっけ。誕生日に受賞するなんてめでたさも増しますね。happy01

賞と言えばもう一人、会津の書道家Hさんも毎日書道展で佳作を受賞したのでレセプションに出席するため12日に上京します。heart04 屋久島仲間は13日に一緒に見に行く予定。

姉もコツコツ書いたその本で工学博士にもなれたし、受賞もできた。Hさんも3年前から毎日書道展に出品し続けて受賞したし、やり続けることが大切なことですね。

まれに初めて出品して大賞を獲得しちゃう天才肌もいるけれど、やり続けてきた仕事に光が射すことが喜ばしい気がします。ご褒美ですね。present

私達のコンサートもそういう意味では。コツコツ練習してきた自分に与える最大のご褒美かも。ご褒美はおおいに楽しみましょうね。

今日はインド大使館でオリッシーの公演がありました。event インド留学から帰国したEちゃんに誘われて久しぶりに九段に出かけました。大使館手前の松岡ビル。ちょっとレトロな素敵なビルです。以前2階に知人の画廊があってときどきお邪魔していました。中ももちろんレトロで楽器の工房などがあったと記憶しています。このビルの1階におしゃれな喫茶店があってヴィサを申請した帰りにここでお茶するのが習わしでした。Eちゃんともここで待ち合わせ。

6年間のインドでの貴重な体験。今はのんびり心と身体を休めて、動き出すのを楽しみにしています。

Dscn29362 日焼けしてタイ人に間違えられるといっていました。もともとアジアンビューティで、国籍不明だったとおもう。

2人とも新しい大使館に来るのが初めてでワクワク。立派になっていたのでびっくり。

Dscn29382 ランジャナ・ガウハール女史。今日のダンサーです。2人のお弟子さんを伴ってサラスヴァティのマンガラチャラン、パッラヴィ、サンスクリットのシヴァ神の歌と3曲踊ってくださいました。シヴァ神の曲が素敵でしたね。ポージングがとてもきれいでした。後を向いたときのお尻が丸くて可愛い。インド人のダンサーって本当に見ていて気持の好い身体付きをしている人が多くてうらやましい。

Dscn29392 今日一番驚いたのは大使館の中に立派なホールがあったこと。照明も音響も整備されてなんでもできますね。以前のパイプいすのホールをイメージしていたので興奮しました。ホワイエも白くてピカピカ。ITマネーでしょうか?

くるるで打ち合わせ

Dscn29281 月曜日の午後、くるるで打ち合わせ。当時照明を担当してくださるU氏に進行表をお渡しして、全体の流れを説明してきました。先日料金を納入した時に、なんとスポットがないと聞いて大慌て。sweat01 日曜日のレッスンの時に最後のシュローカのそれぞれの立ち位置を確認しました。

スポットがないので集中した明かりが作れません。で、考えたのはボワ~とした明るさ。

Dscn29292 客席から見たらこんな印象。

Dscn29322 舞台に何を飾ろうか思案中。note

Dscn29332 左にあるのが緞帳。右側のカーテンで出入口を目隠しできる。ベルもないのでbell を持参することに。スタッフとして参加してくれるのはU氏だけなので音響も、緞帳も私達でやることになります。緞帳は下手から出るメンバーにお任せします。手作りコンサートぽくって楽しいかもね。仕事があったほうが、舞台であがらないからいいかもしれません。皆で協力してスムーズに進行したいものですね。私がやりたいことをいろいろ注文したので、当日場当たりに時間をかけてくださいと、U氏に言われてしまいました。もちろんしっかり場当たりしましょう。sign03 スタッフで参加してくださる方達もよろしくね。happy01

ぽっかり空いた時間

先日、友人の個展に行く前に所用を片づけようと早めに銀座に出かけたら思ったより早く用が済んで夕方までぽっかり時間があきました。watch どこかでお昼をと思っていたらアショカの看板が目に入り、ランチをしました。昔ヤマハの近くにインド政府観光局があってその2階にインドレストラン・アショカがあったのです。restaurant

広く明るい店内。清潔な白いテーブルクロスがかかっていて、贅沢な時間を過ごせるレストランでした。スポンサーがいるときだけしか行ったことがないけれど、とても美味しくてサービスも細やかでしたね。最後に必ずフィンガーボールがきました。その後、観光局も他のビルに移動。アショカは新宿ヒルトンに入りました。ヒルトンに一度だけ行ったことがありますが、本当に久しぶりのアショカです。

ランチは850円と1000円。店内はちょっとクラシック。壁に扇風機が取り付けられていて、インドのレストランに入ったような錯覚。野菜カレーとナン。デミタス・カップのチャイ。以前のアショカとはずいぶんイメージが変わりました。アショカで食事したのが数少ないバブルの恩恵?

食事の後、見たかった映画の時間に間に合ったので観てきました。ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を取ったブラック・スワン。面白い映画でした。バレリーナーの役で白鳥の湖の主役を踊ることになったヒロインを演じています。スリムな身体と長い手足でバレリーナーの雰囲気をよく出しています。ずいぶん練習したそうですが、女優としての器が大きいのですね。

ヒロインは踊りのテクニックは申し分なく、繊細で臆病。白鳥そのもの。しかし大胆で情熱的、人を誘惑できる黒鳥を演じるには何かが足りない。heart03 そのジレンマからどんどん神経を壊していく様子が怖い。周りのダンサーや演出家や母親との関係もいろいろあぶりだされて、深い闇にはまっていきます。一面、踊りのことしか考えない、狂気のようなその集中力がうらやましい。最後、悲劇的な結末を迎えても完璧と微笑むその気持ちはわかるような気がします。バレーシーンも綺麗でお勧め。notes

暑い日でしたが夕方になって少し風が出てきました。京橋の画廊に着いたらクラスメートのN君も来ていました。1年前の個展の時もN君に会ったのを思い出しました。皆スケジュールの都合で出歩く日が決まっているんですね。

Dscn29142 看板の書体が可愛いなと思っていました。女性オーナーの想いが詰まっている。一度お会いしたいと思っているオーナーですが、お休みの日でバイトの方が詰めていました。去年もそうでした。自分のスケジュールを変えなくてはお会いできませんね。think

Dscn29132 壁の色が柔らかく、威圧感のないいい空間です。友達の作品も生き生きしています。

Dscn29182 作家の遠藤茂子。会津の女です。

Dscn29192 小さな作品も素敵です。去年は会津の蔵で彼女の大作に囲まれて踊りました。ずーっとやりたかった蔵でのコンサート。今年だったら不可能だったでしょう。人間やりたいことがあったら突っ走るべきですね。run

作家の弟さんはなんと銀座で2件もバーを経営しています。バーテンダーの世界チャンピオンにもなった、その道では有名人です。嵐の相葉君にも実技指導したそうです。

さっそく、二人でお店に出かけて大人っぽくカクテルを楽しみました。bar

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓