« 今日もお出かけ日和。 | トップページ | コンサートまで2カ月 »

インドの美味しい朝ごはん

Photo_7Photo_8 Photo_5 Photo_4 旅の楽しみの一つに食べ物がありますね。限られた時間に出会った美味しいインドのごはんを紹介します。南インドの朝ごはんはインドの中でもヘルシーで美味しいと評判。以前カルカッタでシャンティニケタン(カルカッタの郊外にある学園都市)に勤務していた日本人ご夫婦にお会いした時に、南インドの朝ごはんの屋台があると聞きました。カルカッタに出てくるたびにそこで朝ごはんを買うのが楽しみと言っていました。そこでまずはごはんを紹介しましょう。

Photo ポンガルです。南インドのごはんの横綱。スパイスやナッツと一緒にお米を柔らかく炊いてサンバル(普段毎日食べるカレー、具の多いみそ汁のような感覚)やチャツネ(ココナッツやミントやトマトなど彩りも綺麗。ここにあるのはココナッツ)と一緒にいただきます。美味い!

Photo_2 ご存知マサラ・ドーサィ。これも西の横綱。米粉をクレープのように薄く焼いた生地で、カレー味のジャガイモを包んでいます。やはりサンバルやチャツネでいただきます。美味い!このドーサィはいろいろな種類があります。専門店もあるし皆大好きなんですね。

Photo_3 プーリー。これはカルカッタでも食べました。昔は油を使った料理はごちそうという感覚があったそうで、おもてなしの時に油を使ったものが出るかで、お客様のVIP度がうかがえたそうです。ジャガイモのマサラでいただきます。美味い!

Photo_6 これはトマト・ウ-ターパム。オニオン・ウ-ターパムは大体どこでも食べることができます。まれにトマトも焼いてくれるお店もあります。まさにお好み焼き感覚。トマトの酸味がきいて美味い!

Photo_11 Photo_12 イディヤーパン。これも米粉を発酵させてところてんのような器具で押し出して蒸していただきます。ビーフンが似た食感。トマトチャツネでいただくとカレー味に飽きた時に新鮮で食欲がわきます。美味い!

今回イドゥリの写真を忘れてしまいまいた。米粉を発酵させて蒸したインドのパン。九州のお菓子にかるかんってありますね。あれの中身なしを想像してください。インドで風邪をひいたりお腹をこわすとイドゥリかヨーグルトライスを食べさせられます。食堂で見ていると大体初めにこのイドゥリを二つ食べてから他のものをオーダーしています。普通に家庭で毎朝食べているようなのでこれが横綱かな。

Photo_13 ゲストハウスの近くで、よく朝ごはんを食べに行くお店。 何よりも他のお店と違うのはサーブしてくれるのが全員女性スタッフです。インドでは小さなチャイ屋から大きなホテルのレストランまで従業員はほとんど男性。以前オートのドライバーやガソリンスタンドの従業員に女性達が進出してびっくりしましたが、女性の働き場所が増えていくのはいいことですね。明るくて細やかなスタッフのおかげでお店はいつもきれいだし、一人でもごはんを食べに行きやすい、いいお店です。昼はミールスという定食。夜はいろいろなアラカルトも注文できます。赤シャツがオーナー。後ろにいるのは厨房の男の子。また皆に会えるといいな。

ここはベジタリアンのお店です。ノン・ベジのお店でもメニューにはベジタリアン向けのものがあるので選択できます。野菜、魚、卵、肉すべてわかれているので選びやすい。お菓子屋さんでも卵を使わないベジタリアン用のものも用意してあります。自分の食べるものを選択できるところが嬉しい。

« 今日もお出かけ日和。 | トップページ | コンサートまで2カ月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドの美味しい朝ごはん:

« 今日もお出かけ日和。 | トップページ | コンサートまで2カ月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓