« チェンナイ駆け足旅行…コンサート編 | トップページ | コンサート続き »

Img2 14日に出かけたチットラとご主人。来日した時にスタジオを訪ねてくださった懐かしい写真がありました。陽気で人懐っこかったご主人、天国で歌っていることでしょう。

さて、16日もあまり、ワクワクするプログラムはありません。今夜高碕のさんがチェンナイに到着。お迎えに行く約束があるので時間までにゲストハウスに戻っているために選んだのがナーラーダ・ガーナ・サバ(この後、N・G・Sと省略)で行われるカラ・クシェートラ(チェンナイにある芸術大学)のダンスドラマ。この劇場は宿泊先に近い素敵なホールです。最近、Sheejith Krishna という卒業生がワイルドなハンサムで今までにない雰囲気で人気だそう。ひょっとしたら彼も出るかなと期待していたら、普通の優等生だけのダンスでした。でも会場でドイツから来ていたローズと会えたので再会を喜んで楽しいい時間を過ごしました。現在、チェンナイ空港は便が増えたための工事中。初めてここへ降りるSさん。きっと不安になると思う。無事会えることを祈って空港に向かいました・・

昨夜、Sさんも無事到着。朝一番のレッスンも受け、買い物も、食事も楽しんで最初に洗礼を受けたのはLavanya Ananth の素敵なコンサート。N・G・S の2時からのプログラムは若いダンサーを応援するための無料コンサートで、これから伸びていく素敵なダンサーが今日から年末まで毎日出演します。その初日を観ることができてラッキー。顔が小さくて、手足が長くて、アラマンディが深くて、アダウが綺麗。ちなみにシャニムカ先生の先輩にあたります。DVDも出ているので観た人もいるかも。

夜のコンサートはバラティヤ・ヴィジャ・ババン(この後、B・V・Bと省略)で行われたUlmila Ssthyanarayanan です。魅力的なダンサーです。彼女が選ぶパダムが私の好みに合います。今回はマトゥラ・ナガリロ。以前も観たことがあるけれど、ちょっとコケティッシュなこの曲がとても可愛い。今日の圧巻はアラリプでした。いろいろな礼拝の所作が織り込まれた、素敵なアラリプ。ゴージャスなイメージの彼女の中の敬虔で素朴な面をうかがえました。

帰りに近くのシャラバナ・ババンで夕ご飯を食べていたら、アクセサリーと衣装をとったウルミラさんが化粧はそのまま木綿のサリーで、たぶんお嬢さんと一緒にご飯を食べに来ていました。こういうところがインドっぽい。以前もN・G・Sの裏のレストランでコンサートを終えた彼女が衣装のままオーケストラのメンバーと食べに来ていました。もちろん、ハローとごあいさつ。

« チェンナイ駆け足旅行…コンサート編 | トップページ | コンサート続き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« チェンナイ駆け足旅行…コンサート編 | トップページ | コンサート続き »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓