« 祝福の花・写真 | トップページ | イベント日和 »

サリー日和

Dscn16892_5 インドのブティックのマダムに、これならパーティに着ていけるからと勧められても、肝心のパーティがなくて、なかなか着る機会のないままたまってしまったサリー。久しぶりの出番です。甥の結婚式のおかげでサリーでお出かけ。気持もシャッキとします。日舞を教えている友人が気軽に着物を着て出かけるように、私も気軽にサリーで出かけてみたいものです。上からコートを着れば、出かけやすいかも。バブルの真っ盛りのころ、日本各地で行われた大インド祭。吉祥寺の映画館で行われたインド映画祭に毎回サリーで着ていた女性を思い出します。インド舞踊や音楽をやっているわけではなく、ただもうサリーが大好きだそうで、普段着のサリーが身体になじんでとても似合っていました。サリーも着物もなじんでいる方は着こなしが素敵ですね

Dscn17002_2 子供の時とおんなじ顔をしている甥です。叔母さんと呼ばせず名前で呼ぶことを強要していましたが、すっかり叔母さんの顔ですね。

Dscn17592_2 新郎のパパ以外は何のお役もないので、親戚一同、皆適当に酔ってご機嫌です。 久しぶりに結婚式に参列しましたが、やはりいいものですね。いま、銀座で着物というイベントがはやっているけれど、私たちも高崎でサリー。とか宇都宮でサリー。いやいや蕨でもサリーを着て流行らせたいものです。

« 祝福の花・写真 | トップページ | イベント日和 »

コメント

ひゃー!!先生素敵です!
日本だとサリーは派手というイメージがありますが、こういう大人っぽいサリーなら全然違和感も無いですね☆

是非流行らせたいです~♪

サリーも先生も美しいです~~
シックでステキ~~!!
先生もサリーを着慣れていてとっても馴染んでますねっ
高崎でサリーイベントしたいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サリー日和:

« 祝福の花・写真 | トップページ | イベント日和 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プシュパム・メンバーのブログ ↓